blogram投票ボタン

2012年01月06日

グランマルシェ、8着入線

今年初のレースになったのが、1/5、京都遠征のグランマルシェ。
今回は条件を大きく変えてD1200へ矛先をむけましたが、後方からじりじり追い上げるものの、およばず8着まで。
とはいえ、近走のグダグダっぷりを考えれば復調を感じる内容でしたので、よいスタートを切れたのではないかと思っています。

・久々、太い。密かに今回も休み明け。3走連続で休み明け

・典型的な短距離噛ませて末を教えるのパターンで

・勝負度外視&遠征馬で、よく四位騎手に乗ってもらえたなぁ…

ま、このまま続戦でしょうね。普通。
劇薬かませて少しやる気出してくれるといいんですが。

それはそうとキャロットさん、年末予定が、うまくいけば年始になった馬を22日から3日まで更新無し。
気がつけば京都って、あまりにも更新が雑なんですけど。

--------------
1/5  小島茂厩舎
5日の京都競馬ではゆっくりとしたスタートから後方をじっくり追走。勝負どころから徐々に進出し、直線は馬場の外めをよく伸びたが8着まで。「先生から、後ろからの競馬を教えてほしいと言われていたので、じっくり進めました。まだこういうレースに慣れていないせいか道中力みがあって、終いは伸びを欠く形になってしまいました。きちんと覚えていけばリラックスして走れるだろうし、終いも伸びるはずです。そういう意味でも中途半端にせず徹底的に脚を溜める競馬を教えた方がいいと思います」(四位騎手)初めての後方からの競馬に戸惑ったのか、今日はやや力んだ走りになったとのことでしたが、直線はしっかり脚を使えていましたし、次につながる内容だったと思います。まだキャリアも浅いですし、この経験が活きれば今後が楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
--------------
1/3  小島茂厩舎
3日は美浦坂路で追い切りました(53秒3−38秒5−24秒7−11秒8)。「引き続きメンタル面をより意識しながら調整を行っています。変化を見る必要があるためこの馬のことを理解してくれている皇成にも調教を手伝ってもらっています。今の調教は最初に出したあとにグーッと控えて最後にまた頑張らせるような形を取っているのですが、動きはいいんです。やはり気持ちによるところが大きくて、血統などを見ていると距離はもしかしたら短めなのかもしれないですね。2100mで勝っている馬だし、本質的には中距離タイプなのかもしれませんが、集中力が切れやすいところがあるので、レースでもいかに気持ちを維持させた競馬ができるかがポイントになるでしょう。年末に試していたブリンカーに関しては効果がゼロではなさそうだったものの、着けたとき、着けなかったときの差を皇成も我々スタッフでも感じ取ってみたところ、絶対必要という感じはしませんでした。今朝の追い切りなどがそうだったのですが、着けなくても上手く気持ちを維持してあげられればほぼ馬なりでもグーンと来るんです。総合的に考えて今回は着けずに臨んでみようと思います。年末より良化しているように感じますので今週の競馬を考えていたのですが、当初考えていた中山は出られそうになかったので急遽ではありますが京都へ矛先を向けることにしました。レースの仕方は極端な話、スタートは遅れてもいいので前半はふわっと乗って、後半勝負が理想的かなと思っています。そういったイメージに合いそうですし、お母さんにも乗ったことがある四位ジョッキーにお願いすることにしました。今回は結果が出ればもちろんいいですが、内容をより重視して今後につながる競馬ができればと思っています」(小島茂師)5日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1200m)に四位騎手で出走いたします。
--------------

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。