blogram投票ボタン

2011年06月04日

ファンタビュラス、出資しました

随分長く迷いましたが、エフィシエントフロンティア09もといファンタビュラスにギリギリで駆け込みました。
んー…結局、ここまで見てきましたが、以前DVD検討で書きましたが、ド本命って感じがするくらい走ってきても不思議ない厩舎に血統、身のこなしや歩様、募集当初から注目と人気があり、まさに本命、常に気になる存在でした。
ただ、やっぱりウインにいる活躍馬の下がローレルにくると、ほぼ走らないという思いは否めないですし、さらに厩舎とて、父の厩舎からの移籍組もいてどう見てもオーバーフロー気味で、安心というには程遠い池江寿厩舎。
状況証拠としては、むしろ避けるべきな気がする要素が満載。
チーズチャンピオンというか、危険な◎の感覚もまた同時にかなり強い一頭でした。
不安をあげればキリがないわけで、見送ってほぼ同じ予算のユニオンのオマイタ09のほうへ…と一時は考えていたのも確かです。
それをピコーンとひっくり返したのが、ひとつは馬体重462kg 体高164cm 胸囲185cm 管囲20cmの測尺。サイズ面での不安は無いことです。
サイズといえば、ユニオンのP18ガイヤール09(リブストロング)もサイズが気になっていて、実は5月最終更新の2日前に、サイズを私はクラブに聞いています。
豊洋牧場さんに体重計が無い(らしい)ので、ノーザンファームに移動になった直後なら、必ず測るハズと踏んで、そのときに体高が自分の推量より高くなっていれば、出資する気で問い合わせたのですが…残念ながらまだ測っていないとのこと。
そこで20日の更新では必ずガイヤールの測尺が情報に含まれるハズだと踏んでいたのですが、結局更新に入ってきませんでした。
解ったら連絡しますといっていただきましたし、再度問い合わせても良かったのですが、せっかくの最後の拡販チャンスに、これまで2歳になって一回も測尺を測っていない仔の尺を出さないまま締め切られては…。
馬自身は魅力的に見えますし、缶コーの縁がある仔です。できれば出資したかったのですが、「これでは出資できない…」と見送ることにしたんですが、逆にきちんと最終更新で寸法が出たのが、吉澤Sにいたファンタビュラスでした。

それともう一つ、こちらが大きいのですが、最初第二回産地馬体検査を受検するとなった時には、出資はしない方向で気持ちが動きました。
ただでさえ競争の激しい厩舎です、関西に連れて行っても貰えない仔では怖くて出資できません。
それだけに逆に出資に大きくかたむいたのは、検疫の都合で受検はするものの栗東TC近郊グリーンウッドへの移動が、その後続いて師のコメントにあったから。
北海道でBTCの吉澤S、近郊で宇治田原かグリーンウッドなら、日高の馬なら考えられる限り絶好の育成環境でしょう。
ここまで状況が整うならば、自分の感覚に忠実に、今年のラインナップでこの仔にいかない手はないんじゃないか?
といった感じで、駆け込み出資とあいなった次第。

血筋的には母父のBlushing Groom〜Red Godのイメージは、力は出すんですが好調時に一世一代の走りをするタイプで、ぐっと上がってどーんと下がる、みたいなところがある怖さもあるんですが、形はスピードのある形に出ていると思いますし、父アグネスタキオンの遺児として、よいレースを繰り広げて競馬を盛り上げてくれることを期待します。

110517ファンタビュラス.jpg(5月)
1102ファンタビュラス.jpg(2月)
1006ファンタビュラス.jpg(10月)
-----------------
2011年5月31日(火)
本馬は第2回産地馬体検査を受検する事となりましたので、6月3日(金)の予約受付をもちまして募集締切とさせて戴きます。また、産地馬体受験後は滋賀県のグリーンウッドへの移動を予定しています。
引き続きBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。馬体重462kg 体高164cm 胸囲185cm 管囲20cm
吉澤ステーブルスタッフ「ここ最近は坂路を15-15でも楽々と上がってくる様に、身体付きが大きく変わってしっかりとして来ました。今のところ何も注文することがないですね。芝向きのピッと切れそうな感じです」
-----------------
2011年5月24日(火)
引き続きBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。尚、本馬は第2回産地馬体検査を受検する事となりましたので、6月3日(金)の予約受付をもちまして募集締切とさせて戴きます。また、産地馬体受験後は滋賀県のグリーンウッドへの移動を予定しています。
池江師「基本的には秋から始動する予定でいますが、順調に調教が進んでいますし、トレセンでの検疫などを考慮して、スムーズに入厩出来る態勢を作っておくために、北海道で馬体検査を受けておきましょう。そして環境の変化に馴らしておくためにも、早めにトレセンの近くに移動させておきたいと思います」
-----------------
2011年5月17日(火)
引き続きBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。
吉澤ステーブルスタッフ「馬体全体のバランス良く成長が進んでいます。筋肉量も増加が進み、随分と逞しさが出てきました。今後は実践を意識した調教メニューを実施していきます」
-----------------
2011年5月10日(火)
この中間はBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。
吉澤ステーブルスタッフ「調教を強めた当初は、調教後に少しカリカリと落ち着きのない行動をして飼葉を残す事がありましたが、今は体力が付いて来た事で飼葉食いも落ちなくなっていますし、落ち着きも出て来ました」
-----------------
2011年5月2日(月)
引き続きBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を16秒ペースの調教を行なっています。
吉澤ステーブルスタッフ「骨の成育は順調に進んでおり、化骨が無事終了している事を確認しています」
-----------------
2011年5月(血統+α)
数多くのSS後継種牡馬のなかで、アグネスタキオンがクラシック部門の代表選手であるのは、改めて語るまでもないでしょう。
ダート戦に限れば7戦で準オープンまで登り詰めた半兄ウインブシドウ(父More Than Ready)とは異なり、本馬は一完歩が大きく、柔軟かつ美しいフォームが出色。父アグネスタキオンの血を受けて、良馬場の軽い芝コースが主戦場になりそうです。
預託予定の池江厩舎には現在著名な競走馬がズラリと居並んでいることで知られていますが、気品溢れる立ち居振る舞いや、何よりその迫力満点の走りっぷりを見ると、本馬も先輩たちに負けぬスターホース候補であることが伝わってきます。2009年に父が急逝したため、本馬はラストクロップの一世代前。光速のスピードを伝える血が希少価値となりつつある事をお忘れなきよう。  
-----------------
2011年5月
浦河町の吉澤ステーブルで育成中です。BTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を16秒ペースの調教を行なっています。
スタッフが「あと2世代しかいませんが、他の育成馬の感じでも、今年のタキオン産駒は当たりかも知れませんよ」とコメントするほど、本馬を含め、2009年産の父の産駒の出来は上々。本馬も、ここまで目立った疲れが出る事もなく、育成が進んでいます。
スタッフによると「とても跳びの綺麗なフォームで走りますので、芝向きの様に感じます。それと乗っている感覚よりも時計が出ている事が多いですね」とのことです。本馬を預託予定の池江厩舎は本年の皐月賞をオルフェーヴルで制覇。ますます勢いに乗っているのも頼もしいですね。中間の計測では馬体重465kgでした。  
-----------------
2011年4月10日(日)
浦河町の吉澤ステーブルで育成中です。BTCにて屋内直線ウッドコース又は坂路1本を18秒ペースの調教を行なっています。これまでの調教内容が馬体の成長にも結びついている印象です。更なる馬体と体力の強化を目標にじっくりと調教を進めています。
騎乗スタッフは「乗り味なんかは僕好みなんですよね。思いっきり気に入って調教を付けさせて貰ってます。ロンギ場や馬房とかではうるさい面を出す事もありますが、跨るとすごく従順な馬ですよ」と、本馬に惚れ込んで調教をつけています。乗り込みが進むにつれて、さらに肉付きが良くなりつつあり、順調に馬体が成長しています。今後の調教内容を工夫して、更なる筋力強化に努めていきます。中間の計測では馬体重455kgでした。
-----------------
2011年3月
先行力と確実に伸びる末脚を武器に、ダート戦に限ればわずか7戦で準オープンまで登り詰めたウインブシドウの半妹。その半兄は、ダート7戦の間に3勝2着1回3着1回。掲示板を外したのは1回だけという堅実派で、格上げ初戦の準オープン特別も3着。現級でも能力的には十分に通用することを示している。父は2008年の総合チャンピオンサイアーのアグネスタキオン。ディープインパクトが話題を独占する中で、明け3歳世代最強牝馬レーヴディソールを筆頭に、シンザン記念で抜群の瞬発力を披露したレッドデイヴィスなどを出して存在感を示しており、亡き父の産駒はあと2世代のみとなるのは心惜しい。
兄妹共に育成を請け負っている吉澤ステーブルが「坂路での動きは兄と互角以上です」と語る口調は滑らかだ。そして、管理する池江泰寿調教師は、08年最多勝利調教師、10年最高勝率調教師などJRA賞を3度受賞した名トレーナー。その手腕にも期待したい。  
-----------------
2011年3月10日(木)
浦河町の吉澤ステーブルで育成中です。BTCにて屋内ダートコース又は坂路1本を18秒ペースの調教を行なっています。
スタッフは「馬体は順調な増量が進んでおり、引き締まりが進むと共に馬体の張りが増してきた印象です」とコメントしており、理想的な成長を見せています。調教が進むにつれ、馬房内で少しイライラするようなことも出てきたそうですが、騎乗時に悪いことをするようなところはないとのこと。きちんとオン・オフの切り替えができるタイプです。
スタッフによると「兄は少し硬めの馬でしたが、この仔には身体の柔らかみがあって、足捌きがとても綺麗ですね。タキオン産駒の弱点と思われる緩すぎる感じがないのが良いです」とのことです。中間の計測では馬体重462kg(+4)、体高158cm、胸囲181cm、管囲19.6cmでした。
-----------------
2011年2月10日(木)
浦河町の吉澤ステーブルで育成中です。BTCの屋内ダートコース又は坂路1本を20秒ペースの調教を行なっています。これまでは少し臆病な面が見られることもありましたが、その後、調教をこなすことで、精神的にも成長しています。
スタッフによると「体質面もしっかりしている印象で、疲れた様子を見せる事なく、毎日の調教を消化しています。気性面に於いても現状では特に心配な点は見受けられず、各調教コースでの様々な調教メニューにも落ち着いて対応できています」とのことです。中間の計測では馬体重458kg(+9)でした。なお、本馬の競走馬名がファンタビュラス【Fantabulous 英語 信じられないほど素晴らしい】に決定しました。
-----------------
2011年1月13日(木)
浦河町の吉澤ステーブルで育成中です。12月に入り、BTC内での調教を開始。屋内ダートコースや屋内直線ウッドコース、又は坂路1本20‐20での乗り込みを行なっています。約20頭で隊列を組んだり、坂路で3頭での併せ馬を行なって馬群に馴れさせたりと、馬の闘争心を煽るような調教を行なっています。
担当スタッフによると「まずは徐々に運動量を増やして、基礎体力と馬体の強化を目標に日々乗込んでいます。馬体が適度に引き締まり、胴伸びも出てきましたが、全体的にまだまだ成長の余地があるので、成長促進も見据えて調教を進めていきます」とのことです。半兄のウインブシドウ(父More Than Ready) は重心が低く、パワータイプですが、本馬は背が高く、幅もあるので、スピードと力を兼ね備えていそうです。中間の計測では馬体重449kg(-8)でした。  
-----------------
2010年12月10日(金)
浦河町の吉澤ステーブルで育成中です。吉澤ステーブル場内のロンギ場や屋内ウッドチップコースでダク・ハッキングキャンターの調教を行っています。今後は、週に2、3日ほど、BTC内の馬場に連れて行って本格的な調教を行う予定です。
担当スタッフによると「ブレーキングを行なっていた頃は、初めて経験することに対して強い警戒心を持ち、ちょっとビクビクするようなところもありましたが、日を追うごとに、徐々に対応できるようになってきました。今は馬房の中では少しソワソワするようなこともありますが、馬房からの出し入れも落ち着いてますし、ウォーキングマシンの中では、ボーッとしているぐらい。マイペースな性格が出てきました」とのことです。中間の計測では馬体重457kg、体高157cm、胸囲182cm、管囲19.5cmでした。  
-----------------
2010年11月10日(水)
新冠町の松浦牧場では10月初めまで放牧され、10月初旬に浦河町の吉澤ステーブルに移動しました。元々、仲間の馬達にはキツイけれど、人には素直という理想的な性格から、ブレーキングもごくスムーズに完了。その後は騎乗運動を行っています。
スタッフによると「来た当初は、馬房内でちょっと暴れたりと、ウルサイ事もありましたが、徐々に新しい環境に慣れてきています」とのことです。  
-----------------
2010年10月10日(日)
新冠町の松浦牧場で放牧中に行われた募集馬視察ツアーの際、松浦社長は「父、母の両方から良いところをとっていて、男勝りの大きくてシッカリした馬体はタキオンの影響が大きいかな。でも、足元は柔らかい。放牧地で走っていてスピードに乗ると、グンッと身体が沈んで、すごく伸びやかなフォームになります。いや〜、本当にスゴイですよ」と、本馬の出来に対して自信溢れるコメントをしています。その後、9月下旬に浦河町の吉澤ステーブルに移動。同ステーブルでブレーキングと育成を行います。なお、半兄ウインブシドウ(父More Than Ready) が9月20日のオホーツク特別で3勝目を挙げました。同時期のウインブシドウよりずっと良いと松浦社長が評価する本馬ならば、きっと重賞戦線を賑わせてくれることでしょう。
-----------------
2010年9月10日(金)
新冠町の松浦牧場で放牧中です。松浦牧場のスタッフがつけた本馬のニックネームは「チリチリ」。そのココロは、前髪のウェーブがけっこう大きくなるまで残っていたからだそうです(笑)。
教えてくれたスタッフによると本馬の性格は「タキオン産駒らしくキツイです。人には全然悪さしないけど、馬には好き嫌いがハッキリ。嫌いな相手だと容赦なく襲いかかります」とのこと! 競馬に行っても、並みいるライバルたちに襲いかかってゴボウ抜きしてくれるに違いありません。今後は、浦河町の吉澤ステーブルで育成を行う予定です。
-----------------
2010年8月10日(火)
松浦社長が「管理予定の池江泰寿先生が池江泰郎先生と一緒に来場された時、泰郎先生が『これは良い! 桜花賞に連れて行きたいね』と(笑)。
泰寿先生も『ほかの同年代の仔とはオーラが違うね』と、おふたりとも気に入ってくださって……」と教えてくれましたが、スーパー父子調教師おふたりのこの評価、本馬を見れば納得です。「男勝りの馬体と頼もしいほどキツイ気性の持ち主ですが、何より雰囲気があります。同じ時期のウインブシドウ(父More Than Ready) と比べても、このコの方が良いぐらいです」と松浦社長。
特に、放牧地を疾走しているときの瞬発力と良く延びるストライドは特筆モノ。桜花賞も「夢」ではなく「目標」になってくれるに違いありません。  
-----------------
2010年7月
「アグネスタキオンの産駒らしい馬だと思いますよ」と松浦さんの表情が緩む。
新緑の放牧地を心地よさそうに走る同馬を眺めながら「悍性が強く、瞬発力を感じます」と期待に胸を膨らませている。ご覧のように狂いのない骨格。弾力があって、それでいて力強い筋肉は俊敏な動きを繰り出す事ができる。母は米国でステークスを含む5勝馬。「アグネスタキオンを配合したのは期待しているから」という。「自信のない馬は提供しない」というスタンスで信頼の厚い牧場から堂々とラインナップだ。
-----------------
この記事へのコメント
たまさん、こんにちは。

そして・・・いらっしゃいませw

夏競馬でのデビューの考えは更々無い様ですね。デビューは是非、秋の女王道(芝マイル)を歩む事を切に願っております。

観桜会、府中の2400mのウイナーズサークルでお会い出来ればと思いますw


Posted by ど素人です。 at 2011年06月04日 12:15
たまさん、こんにちは!
駆け込みご出資ですね。うちも同じく駆け込みをしたクチですが、この時期まで様子見出来るのは有り難いですよね。
タキオン産駒、最終年度の10年産は厳しそう(出来も価格も)な予感がしているので、09年産でのセレクト正解と思いました。
活躍してくれると良いですね
Posted by みいめい at 2011年06月04日 17:51
こんばんは、ど素人です。さん。
毎度書き込みありがとうございます。
やっぱり芝マイル近辺ですよね^^
2000くらいまではこなして欲しいですが、1600に期待しています。
たぶん一定のスピードは見込んでいいと思っているのですが、まずは一歩づつ目標に向かって欲しいですね。
Posted by たま at 2011年06月05日 00:02
こんばんは、みいめいさん。あちゃーバレてしまいましたか。
タキオン産駒、ラストクロップは手が出ないどころか、ユニオンやローレルでは「まわってこない」可能性がね〜。
ゴールドアリュール、クロフネ、ブラックホークなんかもそうでしたが、種付け料が安く手ごろな種牡馬は、結果が出ると牧場系にはこないんすよね〜。
しかも今年は、図式としては「ディープ仔は十分はしったが、ステゴとタキオンに大物は阻まれた」てな図式ですからねえ。結局。
そんなわけでSSは今年は意識してタキオン中心で並べてみました^^
Posted by たま at 2011年06月05日 01:31
たまさん、おはようございます。

今週のギャロップ誌

第2回産地馬体検査詳細
いるぞ、近未来の重賞ウイナー

13頁に、この仔の写真とコメントが・・・

いやぁ〜特集頁のトップに愛馬が掲載とは昨晩は抱いて寝ていましたよw
Posted by ど素人です。 at 2011年06月29日 07:29
おはようございます、ど素人です。さん。
ファンタビュラス、のってましたね〜!思っていたより注目馬みたいです。
普段ギャロップは買っていませんが、今週号は思わず買ってしまいました。

調子も良さそうですし、このまま移動も無事にこなして、デビューまで行って欲しいものです。
Posted by たま at 2011年06月29日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。