blogram投票ボタン

2011年07月01日

6月のレントラー、見切り発車か?!

1105ローレルレントラー.jpg
なんだか見切り発車で強めにいくとかなんとか、次の更新が怖いレントラー。
奥のある血統ですので、今急ぐ必要もなさそうな気がします。
個人的には締め切りコール前後の早期デビューは疑ってきたので、そういう点では、あまり早期からの活躍は期待していません。
実際、身体もそう大きくありませんし、まだ身体に厚みも足りてない感じです。
これで札幌からバリバリ走ってきた日には怪物候補。
ひと夏越える頃、好調子になってきてくれるといいんですが…じっくり強くなってくれればと願います。

--------------
2011年6月28日(火)
引き続きBTC内の坂路2本と屋外ダートコース2400mを18秒ペースの調教を行なっています。
グランデファーム社長「近頃は調教を継続しても余り雰囲気が変わって来ないね。一度速い処を攻めて見ようかと思う。それで疲れが出てしまったら、鍼をして一回休ませましょう。ダラダラと調教をやるよりは、刺激を与えるのも手でしょう」
--------------
2011年6月21日(火)
この中間はBTC内の坂路2本と屋外ダートコース2400mを18秒ペースの調教を行なっています。
グランデファーム社長「引き続きしっかり乗込んで体力を付けていますが、まだ早い処をやれるまでパンとして来ていないので、暫くこのまま調教を続けて見ます」
--------------
2011年6月14日(火)
引き続きBTC内の坂路1本16-16・屋外ダートコース3000mを18秒ペースの調教を行なっています。
グランデファームスタッフ「何頭かこの仔の兄姉に跨ってきましたが、これまでの産駒とは全然タイプが違いますね。父アサクサデンエンの良さが出ているのですかね」
--------------
2011年6月7日(火)
引き続きBTC内の坂路1本16-16・屋外ダートコース3000mを18秒ペースの調教を行なっています。
グランデファーム社長「びゅうびゅう調教をやると、疲れが溜まって身体が硬くなる事があるので、じっくり長めに乗ってスタミナを付けている。札幌あたりでのデビューを目標に調教を進めています」
--------------
2011年6月
浦河町のグランデファームで育成中です。
社長が「良い走りが出来ているよ。身のこなしを見ていると、やはり走らない馬じゃない」と褒める本馬。
徐々に調教量を増やすにつれ、時折、脚元に疲れが出る事もあるので、調教メニューを加減しながら進め、この中間はBTC内の坂路1本16−16・屋外ダートコース3000mを18秒ペースの調教を行なっています。
社長は「お兄さんよりも走って来る手応えがある。尻が一回り大きくなって、トモにも力が付いて来ました」とコメントし、スタッフは「順調にペースを上げて来れています。兄弟はうるさ過ぎるタイプだったのですが、この仔は性格が良いですね。調教でも落ち着きがあって、いつも頭を低くして一生懸命走ってくれます」とコメント。
生まれ故郷では仲間たちを追いまわしていたガキ大将でしたが、精神的にもずいぶん成長してきました。中間の計測では馬体重435kgでした。
--------------
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。