blogram投票ボタン

2011年07月01日

ファンタビュラス、二つ名は”お嬢”?

1106ファンタビュラス.jpg

今週、ギャロップに取り上げられたり、話題にことかかないファンタビュラス。
写真も更新になりました。
なんかパツンパツンになってきました。
産地馬体検査浦河会場では取材陣の視線を釘付けですか?

秋始動との話でしたが、最初のチャンスは意外に早いかもしれませんね。
いや〜ポンポン進めてくれるなら、いきなり村山先生んとこにでも転厩してくださっても、あたしゃ全くかまいませんが。
厩舎事情が事情だけにちょぴっとだけですが、期待しておきます。

あと、なんかスタッフさんらのコメントで、やたらお嬢さんお嬢さんアピールしているのがこそばゆいので、二つ名お嬢とか、田舎センス丸出しタイトルにしてみましたが、ついでに謎の「中二病二つ名メーカー」とかで、遊んでみました。
うちはツイッター仕様でないですけど。

------------------
●ファンタビュラスの中二病的二つ名は、『狂乱の末裔』です。 http://shindanmaker.com/48322 
------------------

 却下だ却下 


--------------
22011年6月28日(火)
この中間はBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本をラスト1ハロン13秒の調教を行なっています。馬体重484kg
--------------
2011年6月21日(火)
引き続きBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。また本馬は本日、第2回産地馬体検査を受検いたしました。
吉澤ステーブルスタッフ「検査会場でも堂々とふるまっていたし、度胸も良くなって来ましたね。体調に不安はありませんし、移動に備えて身体をふっくらとさせる様にしています」
--------------
2011年6月14日(火)
引き続きBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。
吉澤ステーブルスタッフ「普段からワガママとか悪いことはしませんが、お嬢様っぽいプライドの高い面を持っています」
--------------
2011年6月7日(火)
引き続きBTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。
吉澤ステーブルスタッフ「他頭数で歩かせていても、1頭だけ、すごく滑らかで、『気品のある常歩』を見せるので良く目立ちます。キャンターを出すと、左右にブレない、しっかりしたフォームで走れています」
--------------
2011年6月
浦河町の吉澤ステーブルで育成中です。BTCの屋内ダートコース1800mと坂路1本を15−15の調教を行なっています。骨の成育も順調で化骨が無事終了している事が確認されました。また、調教を強めた当初は少しカリカリしてカイバを残す事もありましたが、体力が付くにつれてカイバが落ちなくなり、精神的な落ち着きも出てきました。
スタッフによると「ここ最近は坂路を15‐15でも楽々と上がってくる様に、身体付きが大きく変わってしっかりとして来ました。今のところ何も注文することがないですね。芝向きのピッと切れそうな感じです」とのことです。
池江師の「基本的には秋から始動する予定でいますが、順調に調教が進んでいますし、トレセンでの検疫などを考慮して、スムーズに入厩出来る態勢を作っておくために、北海道で馬体検査を受けておきましょう。そして環境の変化に馴らしておくためにも、早めにトレセンの近くに移動させておきたいと思います」との意向で、第2回産地馬体検査を受検する事となったため、 6月3日(金)の予約受付をもちまして募集締切とさせていただきました。また、産地馬体検査の受検後は滋賀県のグリーンウッドへの移動を予定しています。
中間の計測では馬体重462kg、体高164cm、胸囲185cm、管囲20cmでした。
--------------

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。