blogram投票ボタン

2011年12月31日

足踏み状態レントラー

111226ローレルレントラー.jpg(12月)
レントラーですが、11月に13-13で乗り始めて、4F60秒もコンスタントに追いだしたときは、これがおそらく入厩に向けて舵を切ったサインと踏んでいたのですが、残念なことにその後再び調子を崩してしまい、年明けからリスタートになってしまっています。
おおよそ読みどおりと踏んでいたのが11月だったので、この休養は痛いなァ…と感じているわけですが、年明けからは乗り込んでいく予定のようですし、レントゲンでも異常も特に無し。
筋肉痛なのか、疲れの溜まりやすい弱いところがあるようですが、なんとか今度こそ乗り越えて欲しいものだと思っています。

----------------
2011年12月27日(火)
引き続き場内の丸馬場での軽めの騎乗運動を行なっています。
グランデファーム社長「まだ歩様が本物ではないのでBTCでの調教を見合わせていますが、年明けからは進めて行けると思います」
----------------
2011年12月20日(火)
引き続き場内の丸馬場での軽めの騎乗運動を行なっています。
グランデファーム社長「引き続きケアを行なっています。悪い時に痛み止めなどを使って誤魔化しながら進めると、無理が掛かってますます酷くなってしまうので、今はもう少し待とうと我慢しています」
----------------
2011年12月13日(火)
引き続き場内の丸馬場での軽めの騎乗運動を行なっています。
グランデファーム社長「引き続き軽めの運動を行ないながら、体質が強くなるようにケアしています」
----------------
2011年12月6日(火)
引き続き場内の丸馬場での軽めの騎乗運動を行なっています。
グランデファーム社長「なかなか歩様が良化しないので、色々な箇所のレントゲン検査を行ないましたが、悪い所はありませんでした」
----------------
2011年12月
浦河町のグランデファームで育成中です。社長が「4ハロン60秒の調教を行ないました。速い調教の翌日に出る反動が少なくなっている通り、力が付いてきていますよ」とコメントしたように、坂路1本と屋外ダートコース2400mを15−15の調教を行なっていました。その後、追い切り後に右肩の歩様が悪くなってしまったため、再度鍼治療を行いました。スタッフは「今回は進めていけると思ったけど、急に疲れが出てしまいましたね」とコメントしています。しばらく舎飼いで静養させ、その後はしっかりと疲労を取るための治療を施しつつ、グランデファーム内の丸馬場で軽めの騎乗運動を行なっています。中間の計測では馬体重465kg、体高159cm、胸囲185cm、管囲20cmでした。
----------------
2011年11月
浦河町のグランデファームで育成中です。屋外ダートコース2400mと坂路1本の調教を行なっています。9月の追い切りで出た疲れも癒え、順調に負荷を高めて、坂路でのペースを17−17から16−16、そして13−13へとアップしていきました。社長によると「スタミナが付いて肉体的にひと山を越えてくれたように感じます。これから入厩までスムーズに進んでくれると思いますよ」とのことですが、「速い調教での手応えにまだ余裕がないね。まだ調教を続けましょう」ともコメントしています。管理予定の庄野師も「調教を強めて疲れが出たら休めてを繰り返して、体力をつけて貰いましょう」とコメントしています。中間の計測では馬体重471kgでした。  
----------------
2011年10月
浦河町のグランデファームで育成中です。9月初旬はBTC内の屋外ダートコース1800mと坂路2本を13−13の調教を消化。スタッフによると「この仔は兄姉と違って、普段から大人しくて可愛らしい馬で、馬房内で寝ているところにスタッフが入っていっても起き上がらないし、そのまま添い寝が出来るほど人を信頼してくれています。兄姉は恐ろしい感じの馬なので(笑)、余計に可愛く感じますね。でも走りに関しては闘争心がすごいので、うまく気持ちの切り替えが出来ていると思います」とのことです。中間、追い切りの翌日に馬運車に乗り込む際の歩様が気になったため、大事をとって常歩だけの調教に控え、さらに万全を期して鍼治療を行いました。その後は屋外ダートコース2400mを普通キャンターの調教を行なっています。社長は「追い切りで疲れが出てしまったが、直ぐに疲労が抜けているし、こうやって本物になっていくんでしょう」とコメント。季節の変わり目ということもあって、疲れやすい時期なので、9月中は軽めの運動に控えました。
----------------
2011年9月
浦河町のグランデファームで育成中です。BTC内の屋外ダートコース1800mと坂路2本を15−15の調教を行なっています。庄野師は「グランデファームでの強い調教で一時的に疲れが出てしまったけども、鍼明け後は順調に進んでいる様ですね。これまでの前肢が勝っていた体型や馬の雰囲気からも、夏を越して成長してくるタイプではと思っていたので、これからどんどん良くなってくるでしょう」とコメントしています。徐々に体調が良くなり、跳ねるような歩様が見られるようになってきました。スタッフによると「最近は行く気が出てきたのが良くなった証拠。この前は併せ馬でトキノフウジンの胸を借りたのですが、坂路で少し前に出られた時に、先輩馬に対して怒って噛みつきにいくほど、走りに関しての闘争心が出てきましたね」とのことです。社長は「状態が上がってきましたので、何度か追い切りを掛けて、その後の状態が良ければ、師に移動を打診したいと思います」とコメントしています。中間の計測では馬体重463kg(+3)、体高157cm(+2)、胸囲187cm(+3)、管囲20.5cmでした。
----------------
この記事へのコメント
今年は昨年に引き続きお世話になりました。

来年もより一層、宜しくお願い申し上げます。

2011年12月31日
Posted by ど素人です。 at 2011年12月31日 23:35
あけましておめでとうございます、ど素人です。さん。
正月の間、帰省して元気を養ってきました。時折滞るブログですけれども、今年もよろしくお願いいたします。
Posted by たま at 2012年01月06日 08:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。