blogram投票ボタン

2012年07月30日

エンデバー、電撃出走も実らず13着

今週は急に参戦を表明した仔ら5頭が出走しましたが、ローレルエンデバーもそんな一頭。
久方ぶりの芝でしたが、1200mの流れについていけずに終始最後方。
ただ、いつぞやのアリエスよりは追走で離されていないので、まだまあ見れる競馬ではありましたが…まあ、レースに参加できていたとも言いがたく。
屋根の上野翔は、コーナーワークでするするっとバテた馬を交わして内に進路を稼いで、そのぶん止まってしまっていた馬を3頭ほど交わしましたが、そこまで。
一瞬フッと伸び掛けたものの、すぐに一杯になり、結局同厩のフレンチローズ横山和に▲のぶん先着を許しての13着。
なんとか変わってくれないかとは思いつつ、なんともなー…な結果ではありました。

----------------------
12/07/28 13:40  13着
上野(翔)騎手「やはり喉ですね。残り200までは内から伸びてきて、掲示板もある!と思ったほどでした。最後はゴフッっていう感じに息が止まってしまい、伸びも止まってしまいました。道中も周りが速かったのでじっくり進めましたが、それでも喉が鳴っていましたね。未勝利、500万以上まで勝てる走りの雰囲気があるだけに勿体ないですが、体重増も調教で喉がなって攻め切れないのがある様です」
----------------------

体重は確かに+18kg。もちろんコメントどおり、攻めきれないのもあるのでしょうが、これはむしろ意図的なものを感じます。
今週がおそらく掲示板に載らない馬が、期間中にもう一戦できる可能性をいうならラストチャンスでしょう。
9月1週の未勝利最終週まで、中4週(5節)あれば、条件と状況によっては嵌ってくるでしょうが、中3週(4節)だと、ほぼ除外と思っていいと思います。
そうすると、直前の厩舎の慌しい動きにも納得がいくというか…。
実質坂路一本で輸送してで、攻めきれていないでのプラス体重とはいえ、太めは当然予期されます。
手筋を考えれば、もう少しまっての出走も選択肢にはあったでしょうが、あえてここで出走に踏み切っているのは、「先生の狙った範囲内」と考えるほうが自然でしょう。
やはり結構この小野先生は策士だと思います。

ハナっから調教代わりに絞り込む意味合いを含めて今週急な出走で4走目。
ここから最終週に使って5走目。
でスーパーにギリギリで「掲示板を取らなくても6戦目」の出走権利を確保と、出走機会の最大化が諮られていたと考えます。

ただまあ、一向に咽喉の問題は解決しませんし、馬が応えてくれているわけではないですし、上野騎手のコメントを読む限りでは、ギリギリまで走らせるよりも、もっと早くになぜ手術を進言してくれなかったか…という気もします。

しかしそれは途中で引き継いだ小野先生でなく、むしろぶんなげた昆先生のほうに言いたいところで…。


2012年7月26日(木)
7月28日(土)札幌6R(発走12:35)3歳未勝利・芝1200m・16頭立に上野翔56.0kgで出走します。
小野(次)師「今朝、函館で上野を乗せてウッドコースでキャンターを消化しました。輸送の疲れもないし、週末の札幌の馬房も確保出来たので、今週の未勝利を予定します。当初は来週の1500mを考えていましたが、ノドが鳴るので1200mの方が良いと思います」
----------------------
2012年7月25日(水)
8月4日(土)札幌3R・3歳未勝利・芝1500mに出走を予定しています。
函館競馬場内の小野(次)厩舎出張馬房へ本日移動しました。
小野(次)師「週末に坂路で併せているので、体は出来ています。今週は調整程度で、来週に備えます」
----------------------
2012年7月19日(木)
鈴来・7月15日(日)美南坂良1回・4F58.7-44.0-29.7-15.0(馬なり余力)
鈴来・7月19日(木)美南坂良1回・4F54.3-39.5-25.4-12.5(強目に追う)
ベルウッドローツェ(古1600万)馬なりを0.1秒追走同入
小野(次)師「札幌の方が使い易いかと思うので、来週の火曜日に函館の出張厩舎へ移動させようと思います」
----------------------
2012年7月18日(水)
この中間の帰厩後ここまで変わりなく調整されており、明日追い切られる予定です。
----------------------
2012年7月13日(金)
この中間は屋外ダートコース4200mを17秒ペースのキャンター調教を行なっています。
加藤ステーブルスタッフ「併せ馬の時に隣で乗っていても、喉の音は全く気になりませんし、普通キャンターレベルでは何ともないのでしょうね」
----------------------
2012年7月6日(金)
この中間は屋外ダートコース3500mを17秒ペースのキャンター調教を行なっています。
小野(次)師「本当に喉だけだよね。他に身体の心配は要らない馬だからね。芝を使える所まで、十分に節を取ってから戻しましょう」
----------------------
2012年6月29日(金)
引き続き屋外ダートコースでキャンター2400mの調教を行なっています。
加藤ステーブルスタッフ「こちらでやっている分にはノドの具合は気になりませんし、おそらく17秒位のペースまでは大丈夫だと思いますので、長い距離を乗って、体力強化を図りたいですね」
----------------------
2012年6月22日(金)
茨城県の加藤ステーブル分場へ到着後は屋外ダートコースでキャンター2400mの調教を行なっています。
加藤ステーブルスタッフ「先週は競馬上がりだったので角馬場だけでしたが、今週からコースで乗っています。馬体的には問題ないので、インターバルで5000mくらい乗れるところまで進めて行く予定です」
----------------------
2012年6月13日(水)
レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、茨城県の加藤ステーブル分場へ放牧に出ました。
小野(次)師「次は芝を使いたいので、放牧先で調整を進めてもらい、節を計算しながら帰厩させる予定です」
----------------------
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。