blogram投票ボタン

2012年08月02日

で、同じレースを3着のジャブラニ側から

それで、と。
同じレースに出走したローレルジャブラニ。
結果は3着。
中間、坂路で今までになく好タイムを出してきて、しかも特筆すべきは終い2F目で馬なりで12.0と、もともと調教は走る馬だとはいえ、好調っぷりをアピール。
ただ、末脚の切れる馬でないので、この条件は微妙も、内回りを活かしての早めに前を潰しに行く競馬ができれば…
といった感じの期待値でした。

[LAP]
13.0 - 11.5 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 12.6 - 12.6 - 11.4 - 11.6
                                                  1.2  
36.8-61.6-35.6

ラップも同じなので、省きますが、有利不利を一言でいえば「全体的にややスローのなか、先手優位の差して届かず」の競馬。
もっとスローだと危ないと思っていましたが、内回りということもあり、これくらいで流れてくれるなら全体的には阪神などよりは、ジャブラニにも十分対応可能な範囲で収まったと思えますし、意外とこの条件ならやれそうです。
位置もしっかり好位をキープして、じんわり脚を伸ばしていくイメージどおりの競馬になっていますが、問題は、仕掛けが遅い点。
勝負どころ!と屋根の石橋(脩)騎手が、バシバシたたき出したコーナー手前で、すっと鼻面を併せていける馬なら、ジャブラニはとうに2勝目をあげれています。
この仔が勝ち味に遅いのは、結局、追ってからグンと伸びるまでにやたら時間がかかる点で、反応よく切れる馬でないので、あそこから気合つけても思うように動いてくれないわけで。
そのぶん直線向いてからはグイグイ伸びてくるので、堅実ではあるんですけど、そこをカバーする騎乗をしてほしいところではありますが、師の指示が直線向いて追ってくれでは、仕方なしでしょうか。
勝ち馬と能力としては遜色ないところを見せながらも、唯一劣るのは積年の課題の反応面。
直線は迫力のある追いっぷりで頼もしい限りですが、あれじゃ勝てないのが「やっぱりジャブラニらしい…」といったところです。
そこで鈍いから、立ち上がりで他の馬に進路をとられて、結果的に石橋(脩)騎手が腕っ節で抜け出してきましたが、狭くなって苦しくなってしまいましたし。

勝ち馬が奇麗に抜け出しているので、一つ着順あがるかどうか?といったところですが、確かに騎手のコメントどおり、もう少しくらい付いていければ、2着のエイダイポイントなら競り落とせる感じはします。


---------------------
2012年7月30日(月)
7月29日(日)新潟7R・3歳以上500万下・芝2400m・18頭立8枠17番に石橋脩57.0kg・馬体重512kg(+6)で出走し、タイム2分26秒8で0.6秒差の3着。
石橋(脩)騎手「先生から『5番手位に付けて、直線だけ追ってくれ』と云われていました。乗り易い馬ですね。勝ち馬は別にしても、2着には来ないといけなかったですね」
---------------------
2012年7月26日(木)
7月29日(日)新潟7R(発走13:30)3歳以上500万下・芝2400m・18頭立に石橋脩57.0kgで出走します。
助手・7月22日(日)栗坂稍1回4F53.3-38.5-24.8-12.4(一杯に追う)
助手・7月25日(水)栗坂良1回・4F53.1-38.1-24.6-12.6(馬なり余力)
エーシンリボルバー(古500万)一杯を0.6秒先行1.0秒先着
中山助手「攻め馬は相変わらず動いているし、馬体には薄っすらと銭型模様も浮き出ている。体調も良さそうで、最近にないデキとちゃうかな。500万クラスにいる馬やないと思っているし、この状態で動けんかったら、ちょっとおかしいわ」
---------------------
2012年7月25日(水)
7月29日(日)新潟7R・3歳以上500万下・芝2400m(フルゲート18頭・想定16頭中10番手・出走可)に石橋脩で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
助手・7月25日(水)栗坂良1回・4F53.1-38.1-24.6-12.6(馬なり余力)
エーシンリボルバー(古500万)一杯を0.6秒先行1.0秒先着
---------------------
2012年7月20日(金)
7月29日(日)新潟7R・3歳以上500万下・芝2400mに出走を予定しています。
7月18日(水)の検疫を経て、栗東トレセン・松永(昌)厩舎へ帰厩しました。
中山助手「週末から強めの処を乗って、来週の追い切り次第で新潟へ行くかどうか決めます。上のクラスでも走れるように変身させたいので、口向きやハミ受けをもう一度正して、溜める競馬を覚えさせたいと思っています」  
---------------------
2012年7月13日(金)
引き続き屋外ダートコース4000mを18秒ペース・ラスト4Fを15-15のキャンター調教を行なっています。
信楽牧場場長「変わらず元気一杯です。ウチで預っていた最後の未勝利馬2頭が松永昌博先生の所へ今週帰厩しましたので、ジャブラニにもそろそろ順番が回って来ると思います」
---------------------

次も内回りの2200mに照準を合わせたようですし、調子が維持できれば、今度こそ立ち回り次第で待望の「2つ目」といきたいところです。

それはそうと、次走といえば、5着のレッドオブガバナー…。
後方でゆったり運んで、終いイイ脚を使って差し込んできましたが、展開次第では長いところでズバッと穴をあけそうな馬ですね。
久々の芝なのと、最近は後方で脚を溜める競馬が板についているので、あの位置取りでしたが、あの流れでは今回は仕方なしでしょう。

この記事へのコメント
ジャブラニらしいレースで
ジャブラニらしい着順でしたね^^;

次走も石橋脩Jが乗ってくれるそうなので
次回はもう少し早めに仕掛けてくれるのでは?
と、期待をしているんですが…

そうそう、一口馬主DBで
やっとこの馬が回収率100%になりましたね。
そういう意味では馬主孝行なんですよね^^
Posted by まあく at 2012年08月03日 00:25
おはようございます、まあくさん。
先週唯一の馬券圏内に絡んでくれたジャブラニですが、仰るとおり、なんともジャブラニらしい競馬でしたね。
コンスタントに走ってくれて500万下としては十分過ぎるほど賞金くわえて来てくれて、馬主孝行なよい馬です。
そろそろ2つめの勲章がジャブラニ自身のためにも欲しいですね。相手なりに走れるだけに、上でも堅実に走ってくれそうですから、来週は何とか!の気持ちです。
Posted by たま at 2012年08月03日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。