blogram投票ボタン

2012年05月01日

今年も順調、名前もついたぞ2歳近況@

ユニオンの2012年のラインナップも発表されましたね。
今年の募集も楽しみな馬が多そうで、迷いそうです。
文字面を見る限り、今年はうちがこれまで贔屓にしてきた牧場さん…上水牧場さん、グランドさん、浦河勢の富菜さん、日進さんあたりの馬が結構多く募集されております。
一場、期待のグラス産がいないのは、まぁ、仕方ないことなのでしょう。
残念ですが、また楽しみな仔を出してくれるに違いないと、心ひそかに応援したいと思います。

他には出口牧場さんところに毎年注目のSoB産駒(出資には至らないものの、常に迷っています)、
相性の良いキンカメ産もちらほら、ムーンザドリームもまたいます。
グランプリボスの下のサムソン産駒、アロープラネットの仔に、ユキノマーメイドの仔、ソリッドプラチナムの仔も2番仔のアドマイヤムーン産駒が出てきました。

さて。それはそれとして。
肝心のマドモアゼルシッシ10のこと。
近況、YoutubeにもUPされていますが、いいですね。
まったくもって順調そうですし、しっかりしていますし、安心してみていられます。
このまま順調に進んでいって欲しいものです。

で、毎年やってて今年抜けてたのが馬名シリーズ。
ちまちま暇を見てあげていかないと気持ちが悪いということで。
今更ですが、”ヴァンダリア”となりました。
聴いた瞬間、「ああ、黒船ネタね」と元ネタは即座に理解しました。
黒船繋がりで素直にきましたね。
個人的にはもう一歩深いところで母とうまく交差させて欲しかったんですが、音感は良いので、気に入っています。
いい名も貰ったことですし、頑張って欲しいものです。

ちなみに敗者の案はこちらです。
----------------

[馬名1]エルツヘルツォーク
[言語]ドイツ語
[意味・由来]母名(オーストリア=ハンガリー二重帝国皇后エリザーベトの相性)+父名(黒船)より連想。
意味は「大公」。
ハプスプルグ家の男子が名乗った称号。オーストリア=ハンガリー二重帝国の軍艦には、「○○大公」と歴代大公名がつけられる。フリードリッヒ大公号(ErzherzogFriedrich)は、日本と日墺国交を開いた際に来日した二隻の黒船のうち一隻。
王者の活躍を期待して。

[馬名2]ベーゼンドルファ
[言語]ドイツ語
[意味・由来]母名(オーストリア=ハンガリー二重帝国皇后エリザーベトの相性)+父名(黒船)より連想。
オーストリア=ハンガリー二重帝国の東洋使節団が二隻の黒船で来日した際、明治天皇にベーゼンドルファ社のピアノが献上されたことから。献上されたピアノはエンペラーという特別モデル。繊細で透明な独特の音色と、フランツ・リストの演奏に耐え抜いた唯一のピアノとして、世界三大ブランドとされる。
頑健に誉れ高い活躍を願って。

[馬名3]カステリグドゥル
[言語]ハンガリー語
[意味・由来]母名(オーストリア=ハンガリー二重帝国皇后エリザーベトの相性)より連想。
オーストリア皇后でもあり、ハンガリー王国の女王でもあったエリザーベトは、皇位継承から遠く自由奔放に育てられた少女が皇帝に見初められた、いわゆる”山出しの姫君”であり”シンデレラ”であった。
彼女の若年時代は映画化もされている有名な逸話だが、母馬名はそうした若かりし美貌をイメージしている。
エリザーベトが最も愛して長期滞在した離宮名のキラーイカステリグドゥル(ゲデレ王宮:KiralyiKasteryGodollo)から。

それぞれ単語の意味は、Kiralyiが王、Kasteryは館・宮、Godolloは地名で、ゲデレとカナ表記されるがハンガリー語での発音に忠実に記入すればグドゥル。
国民に最も愛される王が最も愛した宮殿にちなみ、末永く皆に愛される活躍を願って。


----------------

ベーゼンはヤマハのなので駄目かもしれませんけど、エルツヘルツォークはカッコいいと思ったんですけどねえ…。
誰か使わないかしら?
黒船は黒船でも母がシッシならオーストリアの黒船でなきゃ駄目だろうと。
深読みしすぎました(苦笑)

2011年07月08日

マドモアゼルシッシ10、出資しました

2523p_Aマドモアゼルシッシ10.jpg
今年のユニオンツアーで、まず出資を決めました。
今年クロフネ産駒が多く募集されていますが、なかでもこの仔は秀逸と思っています。

母マドモアゼルシッシは、デヒアの半妹。そのデヒアがDeputy Ministerとの配合。
クロフネをさかのぼればFrench Deputy〜Deputy Ministerですから、馬体・歩様・血統、ともにキャロットなら4000万クラスの馬と遜色ないと思いますし、半額ならむしろ激安ではないかと。
リスク承知でも買いと判断しました。

そんなわけで、芝が駄目とは思っていませんが、狙いは目指せヒヤシンスS〜伏竜S、端午S、そしてユニコーンSです。

ダート路線、それも世代トップクラスでの活躍を期待しています。
レース数が少ないこともあり、5月ごろにダートのOPに駒を進めるのは並大抵のことではないのですが、順調ならば…
単にダート路線で可能性を感じる感じないでなく、端午Sを勝てるくらいの早いタイミングでダートオープンを張って欲しい。
今年の募集馬のなかで、”もしかするとそれも夢ではない”と思える馬が現時点で他にいますか?

馬体的には、特に気に入ったのは後ろの動かし方とクビの動かし方でしょうか。

あえて言わせてもらえば、この出来なら、このくらいの募集価格で出してくれるなら埋めてあげるのが会員の心意気てなもんだろうと。
矢野牧場さんの馬には初めての出資になりますが、グランド牧場さん含め、真歌勢の活躍、期待しています。

※クエルクスはダーレーの馬なので矢野馬だけど生産は矢野馬でないため別カウント
タグ:ユニオン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。