blogram投票ボタン

2012年06月11日

ローレルナガバナシのこと

えーと。
グランデの話はマヌエルでしたので、こちらはナガバナシのこと。
実は、出資理由の中核を、後からクラブの更新のなかで結構核心をつかれてしまいました。

ベースにはグランデさんの「次に出すときは凄いの」という話があり、出てきたときにロングストーリー10の配合を見た瞬間から、「凄いの」は間違いなくコッチだ!と思ったのは確かです。
1108ローレルナガバナシ.jpg(8月)
1203ローレルナガバナシ.jpg(3月)
120509ローレルナガバナシ.jpg(5月)

DVDの印象では「アレ…固い…というかこの感じは幼い。もしかして産まれ遅いんじゃ…」という感じ。
確認するとやっぱり5月産まれ。

横見の印象は切れる脚は無いが、芝のステイヤー、イメージは血統は違えどもマイネルキッツ。
切れずバテズでいい脚を長く使ってきてシブトい、一昔前のノーザンダンサーのような競馬をするタイプ。
他馬より先に仕掛けて最後まで落ちてこない末脚が武器の芝長距離!

ここまでは瞬時でした。

ストーミングホームは血統的にはミスプロ系なんですが、これだけノーザンダンサー的ならおそらくそれっぽいクロスか何か、痕跡があると思うと思って血統表を確認。
あ、やっぱりND繋ぐ側だよね、そうだよね…と。

で、これ。
--------------
4月
育成牧場の代表として優れた馬を育ててきたグランデファームの衣斐代表は、近隣の生産者からは「配合の達人」として、生産のアドバイスも行っている。ロングストーリー10 は、その衣斐代表が配合を考えたグランデファームの生産馬。産駒はスプリントからマイルでの活躍が目立つストーミングホーム産駒ではあるが、種牡馬としての本質は、豊富なスタミナを持った芝の中長距離馬であると衣斐代表は分析する。「Natalma やNorthern Dancer のクロスを意識して作りましたが、これはハービンジャー(キングジョージ6 世&クイーンエリザベスS 勝利)とも一緒。そのハービンジャーの活躍のように、ロングストーリー10 も古馬となって、芝の長い条件で真価を発揮してくると見ています。最近では腰に力も付いて、より見栄えのする走りに変わってきました」長距離馬を彷彿とさせる首の長さ、そして速い調教でも余裕があるのではと思わせる緩さにも、クラシックディスタンスでの適正の高さを感じさせるロングストーリー10。国際的名馬と同じ血統背景を武器に、大器晩成となるような活躍を目指していく。
--------------
これが出たときには当の昔に出資していましたが、あっさり種明かしされたような気分でした。
狙いどおりの馬体に出ているからこそ、私のイメージにピンときたのがマイネルキッツだったというわけで。
ハービンジャーなら、Shareef Dancerが共通ですし、確かにより近いのかもしれません。
そこは血統は全然違いますけど、ファーストインプレッションですから。
Natalmaだけでなく、Sickle+Pharamond+Hyperionてんこ盛りで、ハービンジャーのようなすっきりとした形でないですが、今時の馬とは思えない濃ゆ〜いseleneの香りがする珍しい配合です。

とにかく最初っから、「時間かかるかもな…」という印象。
一方では確かにうまく嵌れば面白い気がするなー…と思わせてくれる一頭だったって感じです。
じっくり力をつけて、タフな競馬を期待したいと思います。

ちなみに、当初密かにショックだったのが馬名。
こんなこと言ったら命名者の方に悪いんですが、「むー…真面目に考えてナガバナシに負けるとは…」と決定当初は愕然としました。

[応募案1]
-----------------
応募名 ローレルテンペスト
綴り/言語 Laurel-tempest 英語
意味由来
母名+父名より連想。
ロングストーリー(長編)、ストーミング(嵐)。
シェイクスピア長編戯曲名「テンペスト」より。
ロマンス劇の傑作、邦題は「あらし」。
悪弟にミラノ公国を奪われた主人公が、復讐の思いで魔術を学び、
嵐を呼んで悪弟一行を難破させ、自らの住む孤島につれてくる。
愛娘と一行の思わぬ恋を経て、復讐を捨て、魔法を捨て、妖精エアリエルとも別れて、帰国の途につく。
長く愛される活躍を祈って、会員の愛に応える活躍を期待して。
-----------------


[応募案2]
-----------------
応募名 ローレルジャベール
綴り/言語 Laurel-Javert フランス語
意味由来
母名+父名から連想。
ロングストーリー(長編)、ストーミングホーム(強奪の家、嵐の家)。
フランス文学の傑作、舞台でも御馴染みのレ・ミゼラブルの登場人物、
「警部ジャベール」より。
主人公ジャン・バルジャンに不審に感じ過去の犯罪を追求しはじめる敵役。
一度は正体を暴き、告発。捕らえるもののバルジャンは脱獄。
舞台をパリに変えたが、パリ警察に協力を依頼されたジャベールは、
さらに執拗にバルジャンを追い詰める。
好敵を捕らえるために追いかけ、どこまでも脚を伸ばすレースを期待して。
-----------------

[応募案3]
-----------------
応募名 ローレルノリツネ
綴り/言語 Laurel-Noritsune 日本語
意味由来
母名ロングストーリー(長編)から連想。
2012年のNHK大河ドラマ平清盛の原作、平家物語より。
平家方最強の切り札的武将「平教経」の名。
平教経は数々の戦で一度も遅れをとったことがない猛将。
壇ノ浦では、義経に一騎打ちを希望するが、
危険とみた義経は船を八艘も飛びさがったために、実現しなかった。
平清盛の異母弟、経盛の次男。
後世にまで音に聞こえる勇猛果敢な活躍を願って。
-----------------

ノリツネとか、大河コケましたし、選ばれなくてよかったね、と今なら言えますね。
ジャベール警部なんて、最後自殺しちゃうしさ、駄目じゃん。
でもまあ、ロングストーリーっていうから、色々考えたんですよ。

まあ決まってみれば、グランデさんらしいといえばらしい名前ですし、いいかげん慣れてきました。
とりあえず一回聞けば忘れない、噛めばアジが出る良い名前かと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。