blogram投票ボタン

2012年07月14日

ユニオン春の出資馬:アロープラネット11

あっついですね〜…。
馬も夏負けもしますわ…こりゃ。
そのためともいえませんが、うちの古馬勢がここのところ停滞気味。
今月は出走のない週が出てきていて、のんびりムードです。
なんとか先週は2歳ががんばってくれましたが、
2歳はアテにはしにくいですし、なんとか古馬が調子をあげてきてほしいものです。

それはそうと、春の出資馬。
色々考えた結果、今は少し「堅い線」を出資しとこうという打算的な部分も含めて、この仔にいきました。
2616pアロープラネット.jpg
アロープラネット11です。
ユニオンでブログをやったり、かけもったりしている方らは、矢野牧場さんところを堅実に拾いにいくかたも多いのですが、うちはここまで、かなりその線は軽視してきました。
ソルレヴァンテなんて、矢野牧場産でなく、人気がなければ絶対出資と思いましたけどね。
クエルクスは「ダーレーの馬」だから買いましたが…。
実質ヴァンダリアに続いて、2頭目の矢野産。

そして始めての「矢野―池上」ラインの馬になります。
フリートアドミラルの活躍があり、ユニオンの牧場―厩舎のラインで最も信頼度が高いライン。
ほっといても埋まりますし、それだけで私が出資するラインじゃないと、出資しないようにと努めてきたのですが、今年はそう人気もなく、余りそうな気配なら、話はかわってきます。
馬券でいえば、「人気が落ちてちょうど買い時」てなもんでしょう。

毎年、馬の評価は高いのですけども、そこは穴党の意地というか。
心のどっかで嫌いなんですよね、本命買い。

たとえば、私がユニオンで、毎年全頭にコメント書くのは、武岡牧場さんとこのタケノベルベットにやられた時の影響です。
あのとき、心の底から「馬柱は全部みなきゃダメだ…」と痛感しました。
後で見返せば、前走は強い競馬、陣営超強気、買える一頭。
なのに、レース前に存在すら知らなかったとか、突っ込んできたときに何の馬かわからなかったとか。
そんなことでは当てる資格は最初っから無いと思い知らされました。

ましてロングスパンの一口で、全ての基本は募集馬全てをくまなく見ることからスタートするのが最低条件だと思っています。
そうしてやっていることは「穴馬探し」なのに対して、矢野さんのところの馬は常に「人気筋」。
私には非常に買いにくい牧場さんだったりします。

このアロープラネットの血統、桜花賞馬アローキャリーのラインでは、ワシリーサが以前募集されていましたが、あの時も迷いました。
ただあのときは確か秋のDVDで動いていなかった(馬見的にでなく、怪我で本当に止め絵しか出なかった)ので出資できませんでしたけど。

矢野産にしては日高色の強い配合で、ミンシオやアローエクスプレスの名が血統表にちらほらと。
そしてブライアンズタイムでまとめて、ここにきてダイワメジャー。
SS×ブライアンズタイムのかたちで、父母、母母方にアローキャリー、スカーレットブーケの名が並ぶことに。

スカーレットブーケの桜花賞、覚えてますか?
オカジュンのノーザンドライバーとか、タニノクリスタルとかいましたねえ。
後にタニノギムレットのおかあちゃんですよ。

アローキャリーの年は、オースミコスモっていう、ちっこい馬がいましたが…なんかすっ飛んでいたような…。
結構その後も、頑張って走っていた記憶があります。

いずれにせよワクワクする血統には違いありませんし、ブラックタイプ見ても、そこそこ頑張ってくれそうで期待しています。
posted by たま at 15:20| Comment(4) | アロープラネット11|UOSC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。