blogram投票ボタン

2010年05月07日

プラン…堕つ

100502プランソレイユ.jpg
衝撃のニュースが…。
復帰戦を叩いて、次こそ勝負と意気込んでいたプランソレイユが登録抹消になりました。
公式発表では、レース後の診断で再び古傷の左後膝の骨折が判明。全治6ヶ月の診断とのこと。

着順だけみれば、足りないと思われるかもしれません。
でも、もう一皮剥ければ必ず走ってきてくれると思わせるだけの「速さ」は持っていると思ってみていました。実際、テンに置かれてしまったり、追走に一杯になるというわけではなかったですし…走り続けていればチャンスは来る、私はそう思って、競馬っぷりに可能性も感じていたんです。
それに…勝浦騎手が乗ったときは0.8差で、小林淳騎手と西村騎手が乗って2〜3秒差くらいで入ってきてるわけですし。
勝たしてやりたいという贔屓目なのかもしれませんが…。

ほんとうの復帰戦は「次だ」と、そう思っていたのに。

こうなってしまったら、入厩のタイミングも急いだ感はありますし、西村騎手の起用すら、改めて恨めしいと感じてしまいます。言ってはいけないことですが…。
他の騎手ならどうだったかと、どうしても前回のレースを思い出すと考えてしまいます。

残念です。
がっくりです。

2010年5月6日(木)
------------------------
5月2日(日)新潟2R・3歳未勝利(混)芝1200m・16頭立5枠9番に▲西村太一51.0s・馬体重402s(-12)で出走し、タイム1分12秒1で2.5秒差の16着。
西村騎手「道中で内枠の馬に寄られてしまい2回バランスを崩してしまいました。すいませんでした」
和田(道)師「短距離のレースでの不利は厳しいからね。
体は減っていましたが、体高のある馬ではないから、こんなもので良いと思います」

レース後に左ヒザに2度目の剥離骨折発症が判明しました。
全治6ヶ月と診断され、残念ながら競走馬登録を抹消する事を決定しました。
------------------------
いくらゴールデンウイークだったとはいえ、これだけではあまりに酷い。
和田先生のコメントも当然出て然るべきだと思うし、西村騎手もフリーならいざしらず、厩舎付きなんだから、なんかコメントくれても良いのじゃないかと思う。
この更新で抹消で終わりって、本気ですか?ローレルさん。
酷いです。
連休でも、怪我の連絡くらいしてもバチはあたらないんじゃないですかね。

2010年05月02日

若輩男と激ヤセ女

新潟2R芝1200mに挑戦したプランソレイユ。
屋根の西村騎手とともに未勝利脱出を目指しましたが、残念ながらビリでした。

ビリでした。

ビリ連発でした。

とはいえ、ビリ3頭のなかでは最も見所のある競馬にはなり、一応次への期待は持てる内容で、休み明けを考えれば、まあ、そこそこよく走ったと思います。
例によって応援馬券を捻出するための軸は3着のオモイデサクラ。
そこから適当に相手に流して10点。3連複1690円をいただいて、プランの単複ぶんを捻出に成功。
ほとんどオカルトですが、能力上位で内からの競馬が見込めた点。
さらに父サクラバクシンオ−、父キングヘイロー、父サクラバクシンオーとみせかけて、おっと隠れ桜で母サクラソレイユじゃねぇかと、WINSにたむろするオッサンが、ハズレたあとにうそ臭い台詞を吐くのも「いつもの競馬の風景」だってことで、もしプランソレイユが絡んでくるなら必ず表のサクラバクシンオーが絡んだセットで、サクラ−サクラを狙いにいっての裏桜か、サクラ−サクラときてサクラ−サクラ−サクラとみせかけての裏桜しかありえないだろうと。
プランソレイユの応援馬券を買うためには、オモイデサクラからの馬券しか手筋としては買えませんよね(苦笑)

まあ、あとで9Rで身をもって血統オカルトの威力を思い知ることになるんですが…。
終わってみればパラクリはこの条件得意だよな、と。

レースのほうですが、テンは非常に良かったと思います。
ここまでスタートで後手を踏んで着順を下げるプランソレイユが、今日はポンと出ましたし、1F目に馬群から置かれてしまうこともありませんでした。
残念なことに、2F〜3F目にかけて、進路が危うくなったことで騎手がバランスを崩し、さらに抑えにかかったことで、スピードに乗るべきところでブレーキを強いられることになり、その時点で競馬は終わりでしたが、スピード面では互角にやれると改めて思われました。
----------------
16着
西村騎手「道中で内枠の馬に寄られてしまい2回バランスを崩してしまいました。すいませんでした。」
和田正道師「短距離のレースでの不利は厳しいからね。
体は減っていましたが、体高の有る馬ではないから、こんなもので良いと思います。」
----------------
[LAP]
----------------
12.1-10.8-11.3-11.2-11.8-12.4
34.2-35.4
----------------
和田先生のコメントに尽きますね。
数字で見ると、いかにマズイところで西村騎手がブレーキを踏んだかよくわかります。
(赤いあたり(笑))
スピードに乗せていくところでブレーキふまされちゃあ、1200は終わりですよ。よっぽど出遅れたほうがマシってもんです。
前プレシャスジェムズのレースで中舘騎手に文句つけましたが、あの時と同じような感じで、しかも中舘騎手は意図を持ってやりましたが、意図を持たずにやってるところがどうにもこうにもなんともいやはや。
確かに外がちょっと寄って来てますが、あれくらいは自然にうまく裁けと一言いいたいところです。
まあ、新人なので、そういうリスク込みでの減量ってことで、ドヘタクソと責めても仕方ないでしょう。
和田厩舎付である以上、これから西村騎手とプランは切っても切れない関係になる可能性が高く、今回は貸しひとつ。
調子の悪いときに更に悪いことがあってもTOにならずに帰って来たのですから、十分役目は果たしています。
まずは今回の騎乗を通して、次はプランソレイユの勝利のために、借りを返してあげてください。
同じ失敗はしないようにしてくれれば、今度は前進必至でしょう。

2010年04月30日

冷静男と熱血女

今週はうちの出資馬たちは5走を数える大量出走。
嬉しいことに、同士討ちはないと思われます。
-----------------
5月1日
 /新潟3R・芝1600ベルヴィクトワール(芹沢)

5月2日
 /新潟2R・芝1200プランソレイユ(▲西村)
 /府中1R・未勝利D1600 スペースニードル(後藤)
 /京都8R舞鶴特別D1800 ピースエンブレム(岩田)
 /新潟9R・芝1000マンゴプディング(柴原)
-----------------
ベルヴィクの参戦は予定外で、初の愛馬対決かと身構えましたが、微妙〜にニアミスで事なきをえました。
さて。それはそれとして。
注目は、2日のしょっぱなを飾るプランソレイユです。
正直、和田厩舎は休み明けは馬柱から真っ先に消してよい厩舎ですし、今回は骨折明けでもあり、乗り込み量も多くないなかの急仕上げ。
なにしろ、まともにキャンターを乗り始めたのが3月末。
まだ一ヶ月経ったか経たないかといったところで、一気に仕上げてきました。
勿論調教時計も今までよりむしろ時計は落としてきていますし、なんら好条件は揃っていません。
まともに走れるのかどうか?正直、期待できない状態です。
さらに輪をかけて、今回の屋根は3月から乗り始めたばかりの新人、西村騎手。

前向きに捉えれば、今回は元々全く期待できないわけですから、一条の光はこの西村騎手(和田厩舎所属)の起用と言えないこともないのかな?と思います。

正直、どんな騎乗をするのか、実際乗ってるところを見たことがない方ですし、まあ、あんちゃんが上手いわけがないので、神様のような騎乗を期待しているわけではありませんが…。
しかし厳然として▲のメリットはあるわけですし、新人騎手の場合、多頭数の馬込みを捌く競馬ができるほど上手くないがゆえに、おのず思い切りよく前々の競馬を狙ってこそという点はプランにとってプラスに働く可能性があります。
そして何より、この西村騎手。いまだ未勝利。

26期生では関西の高倉騎手が乗り鞍数も多く、はやくも5勝。もとより卒業レースでの優勝に、伝統のアイルランド大使特別賞(25期國分優・24期三浦・23期田中健…)受賞の実績に加え、スタートセンスよく、西の▲不足の傾向も見方にして、成績が抜けています。
同じく同期の川須騎手も勝利をあげていますが西所属のぶん初期のチャンスが多いわりには、すぐに結果が伴わなかったことで、じょじょに厳しい情勢。
東は例年のごとく減量騎手に対して積極的な起用を行わないこともあり、平野騎手(二ノ宮厩舎所属)が、ポンと1勝をあげて流石に持っている星が違うと思わせたものの、乗り鞍が増えているわけでもなく、菅原騎手、西村騎手が2着まで。
どの新人も今のところ30鞍〜20鞍の間程度の騎乗数で、なかなか苦戦が続いているといったところですが、一応模範賞も貰っている西村騎手。
そろそろ1勝があってもよい頃でしょう。

しかし!
注目すべきは、新人騎手の初勝利。
乗り馬の確保に苦労する新人騎手がクラブの馬とコンビになるのは珍しくないのですが、プランソレイユ&西村騎手の場合は…

人馬ともに未勝利戦!

万が一勝てば、彼が現役でいる間は、「初勝利・2010年5月2日・1回新潟2Rプランソレイユ」とまあ、記録に残り続けるわけで、これはプランにとってもビッグチャンスと言ってよいでしょう。

たとえば、ユニオンの先輩、ゴッドヘイロー。
中央復帰後の中京・4歳500万下で勝利に導いたのは北村友。
これが彼の初勝利でもあり、永遠に、「ゴッドヘイローの初勝利は、北村友の初勝利」なのです。
これは正直、一口さんとしては相当に栄誉です。
今回はプランソレイユにそのチャンスが巡ってきました。
若者らしい積極的な競馬を見せてください。

私からは一言だけ。

勝てなくてもいいので、TOだけは避けるように!

お願いします。
-----------------
2010年4月28日(水)
-----------------
5月2日(日)新潟2R・3歳未勝利(混)芝1200mに▲西村太一で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
25日・美南坂良・単走・西村・4F-…-…-…-…(馬ナリ余力)
28日・美南坂稍1本・西村・4F55.7-40.2-25.7-12.6(強目追)
(3歳未勝利・トミケンクロワール・馬ナリの0.2秒遅)
和田(道)師「休み明けの影響もあってか、落ち着きが欲しい感じですが、一度使えば変わって来るでしょう」
-----------------
2010年4月22日(木)
----------------- 
21日・美南坂稍1本・西村・4F54.2-…-…-12.7(一杯追)
(3歳未勝利・トミケンクロワール・一杯の0.4秒先行同入)
西村騎手「今日はイレ込みも少なく良い感じでした。
良い物は持っている馬なので、普段からの落ち着きが出てくれば良い方向に変わって来ると思います」
-----------------
2010年4月21日(水)
-----------------
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
21日・美南坂稍1本・4F54.2-…-…-12.7
-----------------
2010年4月14日(水)
----------------- 
帰厩後ここまで変わりなく調整されており、新潟競馬1日目または2日目・3歳才未勝利戦に出走を予定しています。
-----------------
2010年4月9日(水)
----------------- 
明日10日(土)の検疫を経て美浦トレセン・和田正道厩舎へ帰厩を予定しています。
-----------------

2010年04月04日

3月のプランソレイユ、戻って来い!

100126plan.jpg
2010年4月2日(金)
-----------------
引き続きWM・ダク〜キャンター3000mの調教を行っています。
-----------------
2010年3月26日(金)
----------------- 
この中間はWM・ダク〜キャンター3000mの調教を行っています。
担当スタッフ「もう脚元も問題ないので、普通キャンターを順調に乗っています」
-----------------
2010年3月19日(金)
----------------- 
WM40分・常歩〜ダク2000mを順調に消化しています。
-----------------
2010年3月12日(金)
----------------- 
引き続きWM・ロンギの軽目の運動を行っています。
-----------------
2010年3月5日(金)
----------------- 
この中間はWM・ロンギの軽目の運動を行っています。
-----------------
2010年2月26日(金)
-----------------
引き続きWMでの軽目の運動を行っています。
-----------------
2010年2月19日(金)
----------------- 
この中間も変わりなくWMでの軽目の運動を行っています。
-----------------
2010年2月12日(金)
----------------- 
引き続きWMでの軽目の運動を行っています。
担当スタッフ「しばらく舎飼いが続いていたので、相当ストレスが溜まっていたのか厩の外に出した時は飛んで歩いていますが、元気な証拠なのでもう大丈夫でしょう」
-----------------
2010年2月5日(金)
----------------- 
この中間も変わりなくWMでの軽目の運動を行っています。馬体重440s。
担当スタッフ「まだウォーカーでの運動のみ行っていますが、そろそろ騎乗に移っても大丈夫な状態です」
-----------------
プランソレイユが、ようやく普通キャンターまで回復してきました。
未勝利脱出に向けて、しっかり乗り込んで欲しいところです。
早く帰ってこないかなぁ〜。

2010年01月30日

プランソレイユ、復帰に向けて

2010年1月29日(金)
---------------------
この中間にWMでの軽目の運動を再開しています。
担当スタッフ「マシーンでの運動を再開しました。少しずつ運動時間を増やしているところです。経過は変わりなく順調です」
---------------------
2010年1月22日(金)
---------------------
この中間も変わりなくパドック放牧での休養を続けています。
---------------------
2010年1月15日(金)
--------------------- 
引き続き、パドック放牧で休養しています。
---------------------
2010年1月8日(金)
--------------------- 
引き続きパドック放牧で休養しています。
和田(道)師「経過も順調で変わりなく来ています。今月一杯は放牧のみで楽をさせてやろうと思っています」
---------------------
骨折休養中のプランソレイユ。
今月末からマシン運動が始まり、復帰へ向けての一歩が始まりました。
早期始動のメリットというか、トラブル明けでもまだまだ時間はあります。
元気な姿をまた見せてくれることを信じて応援したいとおもいます。
すっかりローレルの更新も妹さんのほうに興味が移ったか、先月は「08は馬格もあるし…」なるコメントが出る有様。
ばけやろー、まだプランは終わってネェぞ!

2009年12月29日

12月のプラン、2ヶ月目

舎飼で1ヶ月。パドックで1ヶ月が過ぎました。
ひとつ、ふたつ、指折り数えて待ってます。
片手の指が埋まるころには帰ってきてくれるハズ。
がんばれ、プラン。

--------------------
2009年12月25日(金)
--------------------
この中間も変わりなくパドック放牧で休養しています。
--------------------
2009年12月18日(金)
--------------------
引き続きパドック放牧で休養しています。
2009年12月11日(金)
--------------------
この中間も変わりなくパドック放牧で休養しています。
2009年12月4日(金)
--------------------
この中間にパドック放牧を開始しています。
--------------------

2009年11月30日

11月のプランソレイユ、休養中

残念ながら、レースっぷりもじりじりと良くなってきたところで骨折発症のプランですが、その後、しばらくはハラハラさせましたが、なんとか無事に回復基調に乗っているようで、安心のコピペ更新が続いています。

コピペ更新、ヘンな更新より安心は安心です(苦笑)
何があるかわかんないすからねェ。
とくにこの仔はこの気性ですし、舎飼の間、カリカリしそうですし。
関節部というのは心配ですが、10月後半なら、6月頃には計算上は戻ってこれるはず。
ならばあと2、3戦はできてもおかしくありません。
リップサービスはアテにならんとはいえ、師もあと2、3戦で勝てるんじゃないかと言ってくれているわけですし、夏のローカルに強い血だけに、諦めませんよ、勝つまでは!
がんばれプラン!

-----------------
2009年11月27日(金)
-----------------
引き続き舎飼いで患部の様子を見ながら休養させています。
-----------------
2009年11月20日(金)
-----------------
この中間も変わりなく舎飼いで患部の様子を見ながら休養させています。
-----------------
2009年11月13日(金)
-----------------
引き続き舎飼いで患部の様子を見ながら静養させています。
-----------------
2009年11月6日(金)
-----------------
和田牧場へ到着後は舎飼いで患部の様子を見ながら静養させています。
-----------------
2009年10月28日(水)
-----------------
10月24日(土)に左ヒザ関節の骨片摘出手術を無事に終え、全治6ヶ月の診断を受けました。
現在は再び和田牧場へ放牧に出ています。
和田師「無事に手術は終わりました。
麻酔が切れて馬が自分で立ち上がるまでは注意が必要なので診療所で様子を見ていましたが、その後は特に入院の必要もないので、牧場へ放牧に出しました」
-----------------

2009年10月23日

悲しみがとまらない。プラン骨折

2009年10月20日(火)
------------------------------
レース後の検査で左ヒザ関節の骨折が判明しました。
今週末にトレセン診療所で骨片除去手術を受ける予定です。
和田(道)師「前走の内容から、あと2戦くらいで勝てるのではと思っていただけに残念です。
全治6ヶ月程度ではないかとのレントゲン所見でしたが、内視鏡を入れてみない事にはハッキリしないので、今後については術後の診断次第になりますね」
------------------------------
あああ、久しぶりにレース中骨折でしたか…。

最後止まってたのはそのためだったのでしょうか…。
相変わらずの骨折魔っぷり…全頭無事にいく世代ってのがホント夢です…||||orz

昨日、かなり凹みました。
がくがくがっくりでした。
しょぼーんでした。

せっかくここ2戦、レースっぷりが良くなってきたのに…。
全治6ヶ月という診断が出てはいるものの、左膝、関節内部の骨折ということは、下手すると関節炎から競争能力への影響も出そう。
なんとも嫌な気配が…。

関節内で内視鏡に骨片という言葉からは、剥離骨折かなーとは思うんですが?
全治6ヶ月の所見ではあるので、重大ではないのかもしれませんが、少なくとも8ヶ月〜9ヶ月みなければならない覚悟は必要そうです。前の膝骨折ではそのくらいのケースが多いと思います。
10月中旬から9ヶ月かかったら…怖くて足し算ができません、私。
いくつですか?

頼むから、頑張ってくれ…プラン。
いい知らせを待ってるよ、よ、よ。

2009年10月20日

プラン、マイルに挑戦も12着

先週府中2Rに登場したプランソレイユですが、12着に敗れました。
勝ち馬とは2秒4差。
ちょっと厳しい結果です。

とはいえ、競馬っぷりはここ2戦良くなっていますし、今回は3F目から積極策に出れたことで、競馬の方向性が固まってきたのかな?と思わせてくれます。
ぜひ、この路線を突き詰めてほしいものです。

[LAP]
12.5 - 10.9 - 11.5 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.7

ただ、みての通り。2F-3Fで押し上げていくのはあまり流れ的にはヨロシイとは言い難いところでしたね。
外枠からより前に押し上げて、テンから飛ばした16カシノアラベスクは、最後完全に止まりましたし、プランも残り2Fあたりではもうあっぷあっぷになっていました。
それでもコーナーの回り脚もよく、プランらしい走りも見せてくれましたし、一瞬「あわや」と思わせるところもありで、悪い競馬ではなかったかな、と思います。
4F目においついて、5F目で一応ペースを落としたときには、きちんと対応できていますし、緩急を多少つけられるのも心強いですし、枠番もありますから、条件とメンバー次第で一発…という気持ちにさせてくれる競馬ではあったと思います。
それと、直線は平坦がよりいいでしょうし、あまり長くないほうがよさそうな気もしますね。
中距離は微妙ですが、なだれ込み競馬が見込めるマイルは意外と今後もいけそうな気がします。
まあ…止まり方をみてるとやはり1400ベストでしょうか。
ペース的なものもあるので、この一戦でマイルはダメ、とまでは言い切れないので、今後も視野にはいれておいていいのかな?って印象です。
この後は放牧とのことですが、一息いれて、また頑張る姿を見せてほしいですね。

2009年09月27日

プランソレイユ、ちょっと前進

2歳未勝利に出走したプランソレイユ。
右回りが良かったのか、今日はポンと出てくれました。
デビュー以来、ゲートの出が悪かったので、心配していましたが、やっと学習してくれたみたいです。
そのまま2F目は流して中団から。
道中もすんなり回って、いい感じで追い出しましたが、末脚及ばず11着での入線でした。
しかし、これまでの競馬と異なり、しっかり最後まで走っていましたし、なにより、プラン独特の高くあがる前脚をたたきつけるような走りが初めて競馬場で出ていたと思います。
着順こそ二桁ですが、先頭で入線したマンダリンレイとは、わずか0.8差。
前走のように3秒も離されたわけでなく、差はぐっと詰まったように思えます。
枠番はけして良いとはいえない12/14の7枠オレンジ帽でしたから、スタートが良かったこともあり、内枠であれば、もう少し前で楽に競馬できていたと思います。
力差はほとんど無いであろうアイアイレインボーが最内を引いて、0.3差の5着に頑張っていました。
4着から8着は0.2のなかにひしめいていますから、枠番次第で、このへんと同体には持ち込めた可能性は十分でしょう。

一方で、プランが抜くことができたのは、ちょっと力量に疑問譜がつく2頭のみというのも現実です。
進捗があったことは喜ばしいことですが、今回の競馬でこの結果は、けして楽観できるものでもありません。

【LAP】
--------------------------
11.8-10.7-11.3-11.2-11.8-12.3
--------------------------
ラップを見ると、テン2F22.7、3F34.0と、結構なスピードを見せています。
今週の中山は、500万や1000万で1分7秒台がボコボコ出ていたように、非常に良い馬場でしたし、テンにスピードに乗ってどこまで坂を踏ん張れるかという競馬がピタリと嵌る馬場でした。
このレースは勝ち馬こそ差しですが、2着〜7着のうち1頭を除き、先手からスピードを見せて先行した馬が残っています。
例外が勝ったマンダリンレイと、5着のアイアイレインボーですが、これらの馬とプランの位置取りはほとんど変わっておらず、終い3Fの差がほぼそのまま着差になったと言えます。
マンダリンレイの終い3Fが34.0、アイアイレインボーが34.6、プランソレイユが35.0です。
外からのロスがあったにせよ、勝浦騎手のいう、「末脚が案外伸びなかった」というのは、納得のいく談話です。
このペースなら、もっと末を見せて欲しいところです…が。

ただ、私自身はこの仔に鋭い差脚をあの走り方から全く感じてませんから、最初っから中団からの差し切り勝ちなんて期待してないんですよね(苦笑)

愚直に前に行き粘りぬいてナンボの馬だと思ってますから、末で劣ろうと痛くも痒くもないところです。
ですから、勝ち上がるためには、前にいって粘る競馬ができるだけの筋力がつくまで、いましばらく待つ必要がありそうです。
--------------------------
9/09/27 11着
勝浦騎手「スタート良く出たなりで追走して、道中の手応えも良かったのに、追って伸びそうで伸びなかったですね。
それでも悪い感じはないし、これからだと思います。距離はもう少し長くても良いかな。」
和田正道師「競馬の内容は良くなって来たと思う。厩舎に置いて東京を予定になるかな。」
--------------------------
和田道師、次は在厩での調整とのこと。
それだけ出来がよいのと、少しは見所を見せたということでしょう。
「競馬の内容は良くなってきたと思う」→「前走が悪すぎた」と捉えていいですよね?これ(苦笑)

府中を予定ということは、1400に戻すイメージでしょうか?
芝1400なら、もう少し前にもいけるかもしれませんし、ペースとスタート次第で、さらなる前進も期待してよさそうです。
まァ…実際、府中向きとも思えないんですけどね〜。
中京いきません?中京?
それか当初の目論見どおり福島。
414Kgしかない仔ですし、ダートってのも苦しいでしょう。
小回り平坦芝での先行競馬で軽いスピードを活かして粘りこみが活路だと思うんですが。

よーし、今日から腹筋やれ、プラン!腹筋!

プランソレイユ、3度目の挑戦

今日の中山1R、プランソレイユが3度目の正直を目指します。
今回は牝馬限定戦で、多少メンバーが緩むのと、屋根に勝浦騎手を迎えての挑戦になります。
ここはなんとか新味を見せて欲しいところです。
前走、前々走と、スタートで後手を踏み、最後もいまひとつ集中して走っていないように見受けられる競馬が続いており、そのへんも考えると、手が変わることで、少しはきっかけになるのではないでしょうか?
ここらで一つ、イイトコを見せてくんないかしら…。

2009年9月24日(木)
--------------------------
27日(日)中山1R(発走10:10)2歳未勝利(牝)芝1200m・14頭立に勝浦正樹54.0sで出走します。
20日・美南坂良2本・単走・助手・4F67.1-49.7-31.1-14.1(馬ナリ)
21日・美南P良・助手・4F55.5-39.5-12.6(5分所・仕掛)
(2歳新馬・グリッタラーティ・一杯の外同入)
24日・美南坂良2本・助手・4F53.4-38.3-25.3-12.9(一杯)
(古馬500万・ワンダーフルーツ・馬ナリの同入)

和田師「戻って間もないけど、順調に来ているし、この馬なりに良くなっている感じはありますよ」
--------------------------
手元の新聞では、△ひとつ貰いました。
また同厩の期待馬が同時に出走しており、トロンプルイユが人気を集めていますが…。

2009年08月21日

プランソレイユ、あれ〜?…あれ?あれれ?

土曜の新潟1Rにプランソレイユが出走します。
デビュー戦はいくぶん急仕上げ、外枠で出負け、距離もベストより200m長いであろう1400mと、いかに父得意の新潟とはいえ、不利な条件が重なっていましたが、今回は枠も4枠7番と大幅に良いところを引き、単純に内外の差だけでも前進は間違いないところですし、距離もきっちり1200m、コースも父得意の新潟は変わらず、調教時計も前走時から2秒3と大幅につめてきており、調整も順調と、全てにおいて期待できる方向でしかデータがありません。
しかも、新聞での師のコメントはクラブコメント同様に強気で、「馬体減りなく上積み○、発馬互角なら前進できる」とのことです。
穴馬ってのは後で指摘されれば、なんらかの走る痕跡を残してるものです。
枠の有利不利で、1人気の10より外枠が全部飛ぶ前提で、おそらく人気の一角となるプロポーズは、スタートの悪い馬の再内枠なら、出遅れて揉まれてしまえばそれでOK。
軸はタカラハーバーだろうが、次にあてにできそうなベルアーム、ツナミストーム、センスオブワンダーくらいなら、十分勝ち負けできる。
ならばポンと出て先手を取れば、まず掲示板。ヘタして連穴といったところが妥当な評価。
複勝&1人気への馬連でいざ尋常に勝負!勝負!

…あれ?あれれ?


どこみとんじゃ!
取材班!!!w←全くの無印

2009年8月20日(木)
------------------------
22日(土)新潟1R(発走10:00)2歳未勝利(混)芝1200m・17頭立に小林淳一54.0sで出走します。
16日・美南坂良1本・助手・4F15.8-14.3-12.8-…(馬ナリ)
(2歳新馬・ユキノマドンナ・馬ナリの0.1秒先着)
19日・美南坂良2本・南田・4F51.6-…-…-…(一杯)
(2歳新馬・ユキノマドンナ・馬ナリの0.4秒先着)
新開助手「自動計測がエラーになってしまったので、全体の時計しか出なかったけど、時計は詰めて来たね。
普段も落ち着きを見せるようになったし、使いながら良くなって行くと思います」
------------------------
2009年8月19日(水)  
------------------------
22日(土)新潟1R・2歳未勝利(混)芝1200mに小林淳一で出走を予定しています。
この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
19日・美南坂良2本・単走・南田・4F51.6-…-…-…(一杯)
------------------------
 2009年8月13日(木)
------------------------ 
9日・美南坂良1本・見習・4F15.5-14.5-14.0-…(馬ナリ)
(3歳未勝利・ダブルヘリックス・馬ナリの同入)
12日・美南坂良2本・単走・助手・4F52.8-38.6-26.1-13.4(馬ナリ)
和田師「牧場でもシッカリ乗っていたし、順調に来ています。
これなら良い調子で来週の新潟を予定できるでしょう」
------------------------
2009年8月12日(水)
------------------------ 
22日(土)新潟1R・2歳未勝利(混)芝1200mに出走を予定しています。
週末の帰厩後ここまで変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
12日・美南坂良2本・単走・助手・4F52.8-38.6-26.1-13.4(馬ナリ)
------------------------
 2009年8月7日(金)
------------------------ 
この中間も変わりなくWM・ダク〜キャンター3200mの調教メニューを順調に消化しています。
和田(道)師「今週末か来週の早い内には帰厩させて、22日の新潟の未勝利戦を予定したいと思っています」
------------------------
2009年7月31日(金)
------------------------
和田牧場へ到着後も体を緩めることなくWM・ダク〜キャンター3200mの調教メニューを順調に消化しています。
------------------------
2009年7月22日(水)
------------------------ 
レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、昨日和田牧場へ放牧に出ました。
現在のところ次走については未定となっています。
------------------------

2009年07月18日

プランソレイユ、ありゃりゃ、気が付けば14着

スタート、ちょっとタイミング合わず。外枠もあり、後方5番手からになりました。
しかし、スタート後、2Fでは置かれることなくポジションはキープ。
スピードのあるところは見せてくれました。
コーナーも外外から進出して差をつめてきておりましたが、レース的に既に決着しており、結果的に言えば、枠順とスタートでほぼ勝ち目なし状態ですね。
最後は止まってますが、コーナーでポジションをあげれるのは武器でしょう。
だいたい強い安馬は例外なくココが早いので、心強い限りです。

直線、VTRにほとんど写っていないのでなんともわかりませんが、コーナーから立ち上がりで一瞬伸びましたが、すぐ伸びがとまりましたね。
終始外外回っていましたので距離ロスも考えられますが、最後まで一杯一杯という雰囲気で走ってはいないので、力を出し切った感じがしません。
まっすぐ走ることはできていますから、こちらも及第でしょうが、前の青帽キタノサイレンスが垂れたときに少し寄ったのが影響したか、屋根が無理しなかったのかはわかりませんが、なにかしら気分が走りから外れるきっかけがあったみたいな直線でした。

和田厩舎の本命、デートマスターとは0.8差。上積みはプランのほうもありそうですし、屋根、枠の差を考えれば、十分肉薄したといってよいでしょう。
着順はともかく、フットワークを見てもスピード的には問題なく、レース慣れしてこればがらっと変わってきそうですよ。そのうち大穴あける気がします。
大物とはいいませんが、これからもそれなりに好レースを期待できそうです。

2009年07月16日

がんばれプランソレイユ、まずは抽選だ

--------------------
2009年7月15日(水)
--------------------
18日(土)新潟5R・2歳新馬・芝1400mに小林淳一で出走を予定しています。
この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
15日・美南坂良1本・高野(和)4F53.9-39.0-25.8-13.0(馬ナリ)
(2歳新馬・トロンプルイユ・一杯の同入)
--------------------
2009年7月9日(木)
-------------------- 
8日・美南坂重1本・小林(淳)4F53.9-39.3-26.1-13.3(馬ナリ)
(2歳新馬・デートマスター・馬ナリの同入)
小林(淳)騎手「火曜日から乗っていますが、元気な馬ですね。
全くの馬なりでしたが、少しでも手綱を緩めたら楽に12秒台は出たでしょう。
良いスピードを持っています。ただ2歳の牝馬ですし、この時期だから仕方ないですけど、もう少し落ち着いてくれたらと思います」
090708plan.jpg
--------------------
2009年7月8日(水)
-------------------- 
18日(土)新潟5R・2歳新馬・芝1400mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
--------------------
ここんとこ美浦坂路の時計はインフレ気味なので、もう少し詰めてほしいところですが、馬なりで余裕残しの時計であれば十分。
相手が一杯なので、調教を壊さなかったのはそれだけ押さえもきくってことでしょう。
輸送もありますし、ガサのない牝馬ですから、やりすぎてもアレでしょうし、期待を持って応援したいと思います。

想定では屋根は人気がないのでいつも飛んでくると大穴男の小林淳一。
今期2勝ではありますが、プランソレイユにはなんか似合ってる気がします(苦笑)
なんだか人馬ともに穴っぽい。

ただし、問題はレース想定。
フルゲート必死の登録24頭。
ホントに出れるのか…まずは抽選で強運発揮からお願いします。

新潟土曜5R芝1400m(24頭)
--------------------
アイアイレインボー(西田)
ウエスタンディオ(田中勝)
オメガブルーライン(北村宏)
オルレアンノオトメ(戸崎圭)
キタサンアイドル(村田)
キタノサイレンス(後藤)
クラリン(青木)
ゴールドジャパン(木幡)
サンデージョウ(川田)
サーラウェイ(吉田隼)
シーマーク(吉田豊)
スコアズビー(蛯名)
デートマスター(内田博)
トーセンクラッチ(江田照)
トーセンゴルゴ(西田)
ビッグメッセージ(大野)
プランソレイユ(小林淳)
ブレイクチャンス(松岡)
マイネコティヨン(石橋脩)
マルタカルーキー(★)
ラブキンバリー(吉田隼)
ランバレーノ(★)
レイディオドリーム(大庭)
レチタティーヴォ(勝浦)
--------------------
騎手のいないようなのはアテにならんにしても、22頭ですか…。

2009年07月01日

プランソレイユ、すんなりゲート合格

2009年7月1日(水)
----------------------------
18日(土)新潟5R・2歳新馬・芝1400mに出走を予定しています。
入厩後ここまで変わりなく順調に調整されており、本日のゲート試験に合格しています。
----------------------------
和田師…おっと、和田道師ですか?今年から。
予定遅れてどーすんのだろ?と思っていましたが、いいトコロ狙ってきますね。
新潟とはいえ、内回りの1400、しかも2歳新馬なら、先手とってマイペースで走ったモン勝ち。
1000mと違い圧倒的なスピードもいらず、1600や1800ほどのギアチェンジからの瞬発力勝負にもならず。血統的に想定できるラップ的にもいい条件だと思います。
問題は…1400m走ることができるかだけですね(苦笑)
条件的にもいいですし、相手次第ではイイトコいけそうです。
少なくとも、プレシャスジェムズより期待してるのは確かです。

出資者自らこんなこといっちゃナンですが、1歳の早々からすぱっと出資したわけで、それなりに自信のあるカタチの馬ではありましたが、まさかこの時期に「もしかしたらもしかするかも」とか言えるとは思っても見ませんでした。
ゲートも一発合格ですし、もしかしたらこの仔、思ったより走る仔なのかもしれませんね?←今更w

どうやら新潟初日は、生き残りをかけてゲッターが、うちの騎馬隊初の新馬勝ちを狙ってプランソレイユが…どうやら熱い一日になりそうです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。