blogram投票ボタン

2010年09月16日

ベルヴィ、正式に引退

82053_00051829.jpg
先週4着に敗れたことで行き場のなくなったベルヴィクトワール。
本日正式に引退が発表されました。
とりあえず馬体にも異常は無いようですし、状態は良好なよう。
どこかが痛い、あそこが痛いというわけでないのは幸いでした。良かったです。
未勝利とはいえ、無事に競争生活を終えることができたのですから、やはり頑張ったと思います。
--------------------
2010/9/15 栗東TC
前走レース後は、脚元に変わりはないものの、全体的にレースの疲れが残っており、歩様も硬くなっています。
残念ながら最後の限定未勝利戦で勝利を挙げられなかったことから、馬の現状を踏まえて改めて調教師・牧場サイドと協議したところ、このまま現役を続けたとしても会員の皆様のご負担が大きくなるばかりであるとの結論に達し、本馬をここで引退させることにいたしました。
会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。
なお詳細につきましては後日書面をもってお知らせいたします。
--------------------
82053_00042670.jpg
可愛い顔してますね。

2010年09月11日

ベルヴィクトワール意地の4着

今週の一番手は阪神競馬は2Rダート1200mに挑戦するベルヴィクトワール。
前回は8/31の金沢で6着に敗戦、急遽メンバーを見ての参戦となりました。
敗れていたとはいえ、前々走、前走と馬の気持ちが競馬に向いてきている印象があり、このメンバーで、近走を見る限りでは、馬体重さえ絞れてこれば、そう酷い競馬にはなるまいと思っていました。
今回-10kgと、かなり絞れていたので一安心でしたが、1頭強いのはいるし勝ちきるまでは…と、まあ、競馬新聞の評価どおりといったイメージでした。

これで最後の挑戦だけに、なんとかいい結果をと思いましたが、スタート直後に躓き、大きくポジションを落としての追走。
それでも最後まで一生懸命走りきり、直線では内からスルスルと他馬を交わして押し上げてきました。
そしてなんと、レース前に強いのがいると感じたレディナデシコすらも交わして、最後は4着の入線。
敗れはしましたが、トレードマークの派手な栗毛に真紅のメンコが、輝かしく見えたゴールの瞬間でした。
以前の直線向いてイヤイヤと横を向くベルヴィから比べれば、格段に良くなっていたのだなぁと、最後の最後で思わせてもらいました。

ようやく、競馬が出来るようになったところで、すでに時間は残されておらず…なんとも痛々しいレースになりました。
中尾秀先生、もう少し早くから使ってくだされば…と、少し恨みも出ますが、最後までベルヴィが頑張ったのは疑いなく、それ以上に、今日はよく頑張ったね、と褒めてあげたい気持ちです。
繁殖にあがれるか、地方へいくか…。
まだ決定が出ていませんが、今日の競馬ができるなら、待望の勝利をあげることもそう難しくないかもしれません。
どの道に進むにせよ、幸あらんことをと願います。

---------------
2010/9/11 栗東TC
9/11(土)阪神2R・ダート1200m戦に出走、馬体重は472kg(-10)でした。
スタートは五分に出たもののすぐに躓いてしまい、後方2〜3番手のインを追走する形となりました。
3〜4コーナーの手応えは悪くなく、直線はコースロスを避けてインを突くとジワジワと脚を伸ばしました。
それでも勝ち負けの争いに加わるには至らず、勝ち馬から1秒離された4着まででした。
騎乗した北村友騎手からは「ゲートは出たのですが、2〜3完歩目に躓いて、態勢を立て直すロスがあったのであの位置からの競馬となりました。
道中の手応えは悪くなく、直線もよく差を詰めてくれたのですが、あそこまでが精いっぱいでした」とのコメントがありました。
最後の3歳未勝利戦で勝ち上がることができなかったため、今後については調教師と協議いたします。
---------------
2010/9/9 栗東TC
9/11(土)阪神2R・ダート1200m戦に北村友騎手で出走が確定しています。
このレースは13頭立てになりました。
9/9(木)は坂路コースで馬ナリで追い切りを行い、58.6-43.9-29.7-15.6秒の時計をマークしています。
前走から間隔があいてないことから、軽めの追い切りでしたが動きも良好でした。
またこのレースは前走5着以内の馬が2頭しかおらず、頭数も13頭と少なかったことから、このレースへの出走を決めました。
ここは未勝利脱出の最後のチャンスになりますので、何とか初勝利をものにしたいところです。
---------------
2010/9/9 栗東TC
順調に調教を消化しており、出走間隔の関係から微妙ではありますが、9/11(土)阪神・ダート1200m戦に出馬投票をおこなうかもしれません。
なお現時点での騎手は未定ですので、出走馬確定までお待ちください。
---------------
2010/9/8 栗東TC
この中間も坂路コースでキャンター調教を進めており、暑さに負けず状態は問題ありません。
追い切りを行いながら、4回阪神開催での限定未勝利戦への出走レースを検討していきます。
ここは1走しか出来ませんので、相手関係を考慮しながら慎重に決めていきます。
---------------
2010/9/1 栗東TC
レース後変わりありません。
今後は4回阪神開催の限定未勝利戦(前走5着以内もしくは通算5走以内の馬が1回だけ出走できる未勝利戦)へ向かう予定で、ラストチャンスに賭けることとなります。
---------------

2010年09月01日

ベルヴィクトワール、残念6着

火曜の午後、北陸は金沢競馬場の加賀白山賞に挑戦したベルヴィクでしたが、直線失速して6着まででした。
レースのほうは、中央での実績bP未勝利で2着3着でここに挑んできたクラウソラスが逃げて縦長の展開。
鞍上は地元の星、吉原寛人。
飛ばす1人気を外から追いかけていくだけの先行力を見せてくれましたが、直線では余力なく好位追走組みに為すすべもなく抜かれての6着入線となりました。
外枠引いた時点で厳しいかなぁ…とは思わされましたが、今回はとりあえず悪い競馬ではなく、ようやく競馬を覚えてきたような気配も感じられました。
馬体重が示すとおり、デビュー以来増え続けて体が大きくなっているとはいえ、さらに+7Kgでついに480Kgを突破して482Kgと、もう一絞り欲しい腹回りといった印象は否めませんでしたし、直線の失速は仕方がないと思われます。
関係ないですが、勝ち馬の馬体はアジュディケーティング産駒らしい体つきでしたね。相変わらず舐められない種牡馬です。
一瞬、ユニオンのフリーアズアバードを思い出しました。あれは父ロックですが、あの仔のシルエットもまた父アジュディで通用するほどアジュディチックなカッコよさで、ダートの快速をイメージできるものでした。
どうも認定2着続きで場末で腐っているようですが、金沢でなくともイイ競馬が出来そうな気もします。
しかし、キャロットのボッカデラヴェリタ、クラウソラス、そして社台ベルヴィクトワールと、クラブ馬が3頭がかりで地元金沢勢にワンツーを決められてしまうとは…
なんとも情けない限り。縦縞が泣くぞ、オイ。

ただ宇治田原から戻って、実質軽め1本に本追切り1本の2本のみと、中間もう一本あれば仕舞いの踏ん張りは変わってくる余地もあるでしょう。
残るところ、おそらく最終週の一戦に出られるかどうか…というところでしょうが、中尾秀師は出走させる気マンマンのようです。
きっと、なにか秘策でもあるのでしょう。
どうもよくわからん調教師さんです(苦笑)

レースにはぜんぜん使わないでド放置厩舎かと思えば、遅まきながら使い出したらなんとか勝たせようとはしてくださっているようですし…。
だいたい、「直線向いて一瞬勝つと思った」とかコメントされてますが、いくら関西人でも適当もたいがいにしとけと。

それに勝つと思うのは、レースに出す前にしっかり調整した時に思っていただかないと…。
今回もまた和田竜乗せましたけど、地方遠征で勝ちにいくなら、地元トップジョッキー手配して欲しいですよ。
JRA勢は上位3本〜5本の指に入るクラスでないと、地方のトップより地元では信頼度が低いですし。
今回吉原寛人騎手(本年の連対率5割は、渡辺壮元騎手バリ!…あの方の全盛期は6割連対5割勝率くらいだった気がするが…)をキャロットの馬に押さえられてるってのが、まずダメ。
和田竜をつれていくのが間違えてますって、勝つと思うのが遅すぎるってばさ、と、一くさり。
そういえば、金沢の騎手はちょっと面白いプロレスばりの紹介がありまして…
http://www.kanazawakeiba.com/deta/kisyu_all.html
なぜか出てこないので、こっそり(苦笑)
売上低迷に悩むJRAも、こーいうのやればいいのにね。

とにかく、こちらは「絞れて一変」を期待して最後まで応援したいと思います。

-------------------
2010/8/31 栗東TC
8/31(火)金沢・加賀白山賞(地方競馬指定交流競走)に和田騎手で出走、馬体重は7kg増の482kgでした。
好スタートから少し行き脚をつけて、道中は2番手につけました。
逃げ馬をぴったりマークするように追走し、直線手前で逃げ馬の脚が鈍ったところではいったん先頭に並びかけました。
そこからの抜け出しが期待されましたが、直線を向いてからの手応えがなく、逆に後退してしまいました。
結局、勝ち馬から1秒5差の6着に終わっています。騎乗した和田騎手は「前走より状態はよさそうに思えました。
スタートしてスッといい位置につけられたし、勝負所での手応えもよかったのですが、直線を向いてからは一杯になってしまいました。
今日は勝ちに行く競馬をしましたが、だからといって道中のペースは決して速いわけではなかったのですが」
とのこと、中尾秀調教師は「スタートの出もよかったですし、あの位置につけられましたから、一瞬勝てるかもしれないと思ったのですが……。
この後は阪神の限定未勝利戦への出走を目指していきます」とコメントしています。
-------------------
2010/8/30 栗東TC
8/31(火)金沢8R(14時55分発走)・加賀白山賞(地方競馬指定交流競走)に和田騎手で出走が確定しています。
枠順は10頭立て8枠9番です。なお、このレースの実況は0180-997-553でお聞きいただけます。
金沢競馬場公式サイト(http://www.kanazawakeiba.com/)では、レース映像が配信されます。
また、本馬が勝った場合、会員ご本人様に限り、口取り記念撮影にご参加できます。撮影場所は馬場内となります。
本馬が1着でゴールしましたら、スタンド1階のゴール前付近にお集まりください。クラブ社員がご案内いたします。
時間の都合上、勝ちましたらすぐにお集まりいただきますようお願いいたします。
-------------------
2010/8/27 栗東TC
8/27(金)は坂路コースで追い切られ、53.5-38.4-24.9-12.3秒の時計をマークしています。
-------------------
2010/8/26 栗東TC
この中間も順調で、すでに選出されている8/31(火)金沢・加賀白山賞(地方競馬指定交流競走)への出走を予定しており、和田騎手に騎乗依頼しました。
なおレースに向けての追い切りは、明日8/27(金)におこないます。
-------------------
2010/8/23 栗東TC
来週8/31(火)金沢・加賀白山賞(地方競馬指定交流競走・ダート1500m)に登録して、選出されました。
このレースにはJRAから本馬を含めて6頭が選出されています。
-------------------
2010/8/20 栗東TC
8/20(金)栗東TCに入厩しました。次走に関しては、地方競馬指定交流競走への登録も検討しています。
-------------------
2010/8/19 外厩
京都府の外厩・宇治田原優駿ステーブルに在厩。
この中間も周回コースと坂路コースで順調に乗り込まれており、明日8/20(金)の栗東TC入厩が決まりました。
-------------------
2010/8/9 外厩
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。到着後は3日間ほどウォーキングマシン運動でレースの疲れを癒した後に、騎乗調教を再開しています。
現在は周回コース2400mをハロン23秒ペースで乗った後、坂路コース1本、ハロン17秒のキャンターを消化しています。
暑さも厳しくなっていますが動きは悪くありませんので、さらにピッチを上げて入厩態勢を整えていきます。
現在の馬体重は475kgと、入厩へ向けてもう少しフックラさせておきたいところです。
-------------------
2010/7/29 外厩
昨日レース後は無事に栗東TCへ帰厩しており、予定どおり7/29(木)に外厩・宇治田原優駿Sへ放牧に出ています。こちらでレースの疲れを癒し、出走間隔をあけながら次走に備えていきます。
-------------------

2010年07月29日

ベルヴィクトワール、名古屋で3着

82053_00049274.jpg
82053_00048512.jpg
名古屋の交流戦に出陣したベルヴィクトワールでしたが、健闘及ばず3着の入線でした。
1着馬のシルキーフェスタは強い勝ちっぷりで、離されてしまいましたが、コース取り、騎手の腕、3ヶ月の休み明けで1馬身づつ詰めれば互角じゃないかと、ちょっとだけ心強い結果でありました。
おおッ?VTRで見てみると、名古屋のファンファーレ、なかなか味があります。

レースのほうですが、ベルヴィクは7枠から。スタートもいまひとつで、先手はすんなりと内の1・2で。
この時点でヤバイなー…という感じ。
道中、外が寄せてくる等、地方らしい駆け引きのある競馬になり、ベルヴィクトワールは1コーナーからずっと挟まれて苦しそう。
しかし、3、4コーナーでグイグイ押し上げて、外からコースロスを無視して最も早く仕掛けて鞭が飛び、コーナーが曲がり終わる前から果敢に先頭を捉えにいきます。
きちんと内で曲がって脚を残していたシルキーフェスタがまっすぐ向いてから、鞭とともにグイと伸びて、一気に突き放されました。
あれじゃ直線は離されて仕方ないでしょう。

和田騎手は先行できたとコメントくれていますが、あれは先行と言わない。
きちんと先行できるほどテンに馬が動いていません。だって、ねぇ。
先生は「使いつつ馬の状態は徐々に良くなってきています。」
とか仰っていただいていますが、世の中では競馬新聞には間2ヶ月半あけば、「休み明け」と表記されます。

この先生の使いつつが3月に1走が標準なら、次は10月になってしまうんですが……。
いや、それでも、これから使いつついってくれるに違いなー…はずが、宇治田原に一秒たりとも迷わず即座に放牧?
いくらなんでも8月中には使うでしょうから、2週で戻るとは思いますが、また投票地獄。
小倉未勝利使う気が全く無いのはどういうこっちゃい。

騎手は騎手で、4コーナ膨れたのは馬のせいですか。
勝てる競馬を覚えてない馬が悪いのは確かですけどねぇ。
まぁレース見てもらえばわかりますわ。
コレでそう言っちゃうんですか。ふーん。へー、ほー。
和田は嫌かん。

しかし、名古屋リーディングの岡部誠。
理屈な競馬しとるやんか。カワイクナイわー!
今度ゼヒうちの出資馬に乗って欲しい(笑)
饅頭コワイ。ああコワイ。岡部もコワイ、ああコワイ。

---------------
2010/7/28 栗東TC
7/28(水)名古屋10R・グレープ賞(地方競馬指定交流競走)に出走、馬体重は475kg(+5)でした。
まずまずのスタートを切ると4番手くらいを追走しましたが、内と外に挟まれる苦しいポジションとなりました。
3コーナーから気合をつけて上がっていきましたが、4コーナーで少し外に膨れ気味となってしまい、直線も差を詰めたものの前には届かず、勝ち馬と4馬身+クビ差の3着でした。
騎乗した和田騎手からは「ゲートはまずまず出てくれたし、地方競馬のペースなら置かれることなく先行できました。
道中は少し窮屈なところに入ってしまいましたし、こういう競馬をするのが初めてだったせいか、4コーナーでは馬が苦しがって外へ膨れてしまいました。
それでも直線は最後までジリジリと伸びてはいました」とのコメントがありました。
また、中尾秀調教師は「使いつつ馬の状態は徐々に良くなってきています。
明日7/29(木)に京都府の外厩・宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出して、レース間隔を空けてから再度地方交流競走への出走を狙いたいと思います」
と話してくれました。
---------------
2010/7/26 栗東TC
今週7/28(水)名古屋・グレープ賞(地方競馬指定交流競走・ダート1400m)に出走が確定しました。
15時15分発走の第10R、10頭立ての7枠7番、54kg和田騎手騎乗です。
なお、このレースの実況は0180-995-711、レース結果は0570-088800でお聞きいただけます。
また、名古屋競馬場公式サイト(http://www.nagoyakeiba.com/)ではレース映像が配信されます。
また、本馬が勝った場合、会員の方に限り口取りの記念撮影にご参加いただけます。
1着入線後すぐに、東スタンドとパドックの間にあるフェンスぎわにお集まりください。
そこからクラブ社員が撮影場所までご案内いたします。
時間の都合上、勝ちましたらすぐにお集まり頂きますようお願いいたします。
昨日7/25(日)は坂路コースで追い切られ、半マイル53.9-39.1-24.7-12.3秒のタイムをマークしました。
---------------
2010/7/21 栗東TC
この中間は順調に調教ピッチを上げており、7/21(水)は坂路コースで併せて追い切り、55.5-39.9-25.0-12.2秒の時計をマークしています。
相手が組みやすい、地方指定交流戦・7/28(水)名古屋・グレープ賞(ダート1400m)への出走を予定しています。
鞍上は和田騎手に騎乗依頼しており、今週末に再度追い切って出走態勢を整えます。
---------------
2010/7/19 栗東TC
7/28(水)名古屋・グレープ賞(地方競馬指定交流競走・ダート1400m)に登録して選出されました。
JRAからは、6頭が出走予定です。
---------------

2010年07月17日

ベルヴィクトワール、ドコいけばいいのさぁ

5月頭に走ってから、なかなか次のチャンスが来ないベルヴィクトワール。
今週も地方交流狙いで弾かれてしまい、6月末の帰厩だったのですが、どうも7月4週か7末か…
といった気配になってきました。
「まずはレース慣れ」と言われた馬が、結局全くレースを使えないのはもどかしい限りです。
先生の使い方も、あまりに期待の感じられない扱いで、実に面白くありません。
ここまで交流にこだわられると、小倉回ってもやれると思われてない気がしますし…。
2歳8月からいけると言われた馬が、デビューが1月、2戦目が5月。
怪我らしい怪我のない健康優良児が、ようやく休み明けでない形で走れるかと思ったら、なんだかんだと気が付けばほぼ3ケ月の休み明け。
アホな話しじゃないですか、まったく。

こんなんでレース経験、どこで詰めばいいんでしょうか…。

2010/7/15
---------------
栗東TC 7/15(木)坂路コースで追い切り、55.5-40.5-26.1-12.8の時計をマークしました。
---------------
2010/7/14
---------------
栗東TC
先週締め切りの地方競馬指定交流競走にも登録しましたが、残念ながら抽選で選出されませんでした。
再度、今週末締め切りの7/27(火)園田・甲山特別(ダート1400m)、もしくは7/28(水)名古屋・グレープ賞(ダート1400m)への登録を予定しています。
今週も入らないようであれば、来週以降の小倉戦への出走を目指します。
---------------
2010/7/7
---------------
栗東TC
この中間も順調で、本日7/7(水)は坂路コースで半マイル57.1-42.2-***-13.5のタイムをマークしました。
今週7/11(日)申込み締切りの地方競馬指定交流、7/19(月)佐賀・サマーC(ダート1400m)か、7/20(火)金沢・能登見附島賞(ダート1500m)のいずれかへの登録を行います。
---------------
2010/7/5
---------------
栗東TC
昨日7/4(日)登録締め切りの、7/14(水)名古屋・マスカット賞(地方競馬指定交流競走・ダート1400m)に登録をおこないましたが、残念ながら抽選で除外となり選出されませんでした。
そのため、再度今週末締め切りの地方指定交流戦へ登録することを検討しています。
---------------
2010/6/30
---------------
栗東TC
本日6/30(水)に栗東TCへ入厩しました。
今週7/4(日)申込み締切の地方競馬指定交流競走、7/14(水)名古屋・マスカット賞(ダート1400m)に登録を行う予定です。
---------------
2010/6/28
---------------
外厩
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。
この中間もしっかり乗り込みを進めており、厩舎の都合がついたことから、6/30(水)に栗東TCへ入厩を予定しています。
---------------
2010/6/21
---------------
外厩
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。
この中間も順調で、週2回の速め調教もハロン14〜15秒に上げています。
ピッチを上げていることで、馬体も引き締まってきており、馬体重は482kgです。
厩舎の馬の入替えの都合で、入厩は今週末もしくは来週中となりそうですが、入厩後にすぐ競馬へ向かえるよう、こちらでさらに乗り込み仕上げていきます。
---------------
2010/6/14
---------------
外厩
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。
引き続き周回コースをハロン23秒ペースで2400m、坂路コースをハロン18秒ペースで1本上がっており、また週2回はハロン15秒の速めキャンターも継続しています。
順調に乗り込みが進められており、早ければ今週中に栗東TCへ入厩する予定です。
現在の馬体重はは486kgと乗り込みながら成長も感じます。
---------------
2010/5/31
---------------
外厩
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。この中間も順調に調教を進めており、引き続き周回コースで2400mの距離をハロン23秒ペースで乗った後に、坂路コースを1本、ハロン18秒ペースで駆け上がっています。
加えて週2回はハロン15秒ペースの速め調教も取り入れています。
乗りながら馬体重も476kgまで増やしており、体調も良好です。このままさらにピッチを上げて、入厩態勢を整えていきます。
---------------
2010/5/15
---------------
外厩
京都府の外厩・宇治田原優駿ステーブルに在厩。
到着後はひと息入れてから騎乗調教を開始しており、現在は周回コース2400mをハロン23秒ペースで乗った後、坂路コース1本、ハロン18秒のキャンターを消化しています。
疲れもみられませんので、このまましっかりと乗り込んで入厩を目指していきます。
現在の馬体重は468kです。
---------------
2010/5/5
---------------
外厩
レース後変わりありません。本日5/5(水)に京都府の外厩・宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ました。
現状では芝・ダートの適性以前に、レース慣れする必要がありそうです。馬体を緩めず調整して、次走に備えます。
---------------

2010年05月01日

ベルやベル、何がそんなに嫌なんだ?

うーーーーーーーん……。
スタートやる気なし。
前半、後方待機組みがペースをあげるなか、押しても引いてもウンともスンとも動かず。
3コーナーから腕ももげよと追う芹沢騎手の気合注入もどこ吹く風。
あげく直線では横むいて「いや〜、ばか〜、あ、小栗旬?きゃ〜!」てなもんや。

…まったく、LAP見る気もおきんぞ。

新潟の長い直線、まともにまっすぐ走らずによく2.1秒差できたよ、ホント。
そういう意味では全然力が無いとは思わないけれど、どーにも競馬に向かない気性としか言いようが…。
次はたぶんダートに替えるとかしてまた負けて、次にブリンカーをつけたらブリンカーに泥が詰まって負けて、その次くらい使えば少しは競馬する気がするのかなぁ(苦笑)


心のソコから。

芹沢先生、おつかーさまっした!

-----------------
2010/5/1 栗東TC
-----------------
5/1(土)新潟2R・芝1600m(牝)戦に出走、馬体重は470kg(+6)でした。
スタートで出遅れてしまい、後方2番手からの競馬となりました。
道中は追走に手一杯で、直線に向いてからも伸びを欠いてしまい、勝ち馬と2.1秒差の14着と完敗でした。
騎乗した芹沢騎手からは「ずっと追いっぱなしで、追走に一杯一杯でした。
芝・ダートどちらかという段階ではなくレースに慣れる必要があり、使いながら良くなってくるのを期待します」とのコメントがありました。
-----------------
えぇ〜?ホントにまた乗ってくれる気があんですかぁ?
2Rぶんくらい体力のいるあんなシンドイ馬。

ベルヴィクトワール、今度こそ!

1月のレースでは、全く良いところのなかったベルヴィクトワール。
久々の復帰に選んだのは新潟の芝マイル牝馬戦。
いや〜、帰厩後いきなりつつじ特別(笠松)の選択にきたときは、いくら選ばれたとはいえ、なんだそれは?と思いましたが…。
回避しても強め2本。
そのワリには社台さんからは強気のコメント?
いや、これは弱気と読むべきなんですかね(苦笑)
公式自ら勝てませんとのたまってます。
屋根はそれなりにいい屋根を用意してもらってベテラン芹沢騎手。
とはいえ、同じ社台のベッラフィーリアがいるのと、ユニオンのアインファルケも出てきますし、タガノインセンスも強そうです。
混戦ムードとはいえ、なかなかベルヴィクまで順番が回ってくるような気がしないのは確かですが、なんとかとっかかりを期待したいところ。
新聞の先生のコメントでは前走は砂を被ってやる気なしらしいので、芝ならとりあえず力は出してくれる可能性もありますし、△6ついただきましたし、まずはお手並み拝見です。

-----------------
2010/4/29 栗東TC
-----------------
5/1(土)新潟3R・芝1600m(牝馬限定)戦に芹沢騎手で出走が確定しています。
このレースは16頭立てになりました。
-----------------
2010/4/28 栗東TC
-----------------
選出されていた4/28(水)笠松・つつじ特別への出走は見送りましたが、馬は順調に仕上がっています。
5/1(土)新潟・芝1600m(牝馬限定)戦に芹沢騎手で出走を予定しており、出走間隔の関係から確実に出走できます。
4/28(水)は坂路コース併せ馬、半マイル55.4-***-26.3-***のタイムをマークしました。
まだ追い切りの動きは少し重いと感じましたが、気性面は休養前より成長しています。
相手関係次第となりますが、上位入線を期待しましょう。
-----------------
2010/4/21 栗東TC
-----------------
この中間は順調に調教を進め、4/21(水)は坂路コースで追い切り、55.5-40.6-26.8-13.7秒の時計をマークしています。
まだ動きは重く良化途上で、登録したいた4/28(水)笠松・つつじ特別(ダート1400m)への出走は無理せず見送る公算です。
さらに乗り込みもう少し動きが良化してから、出走レースを検討していきます。
-----------------
2010/4/20 栗東TC
-----------------
4/28(水)笠松・つつじ特別(地方競馬指定交流競走・ダート1400m)に登録して、選出されました。
JRAからは本馬を含めて5頭が選出されています。
-----------------
2010/4/17 栗東TC
-----------------
4/17(土)に栗東TCへ入厩しました。
状態をみながら出走レースを検討していきます。
-----------------

2010年04月20日

戻ってきたベルヴィクトワール

82053_00045628.jpg(2月25日)
寝相の悪さが原因で(笑)しばらく戦列を離れていたベルヴィクですが、先週の土曜に栗東に戻ってきました。
更新の写真を見ると、だいぶ体つきもオトナになってきたようです。
しっかり乗り込みも出来ているようです。
初戦は案外な結果になってしまいましたが、今度はフレッシュな状態での再挑戦になります。
まずは続けて使っていけることを期待します。
既に475kgということであれば、身体はだいぶできている感じもしますし、意外と復帰は早いかもしれません。
果たして先生がどのあたりを狙ってくるのか?
登録が楽しみです。
--------------
2010/4/17 栗東TC
--------------
4/17(土)に栗東TCへ入厩しました。
状態をみながら出走レースを検討していきます。
--------------
2010/4/14 外厩
--------------
宇治田原優駿Sに在厩。
引き続きハロン15秒のキャンターも順調に消化しています。4/17(土)栗東TCに入厩する予定です。
--------------
2010/4/5 外厩
--------------
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。
引き続き、周回コース2400mでハロン23秒ペースで乗った後に、坂路コースを1本、ハロン17秒ペースで駆け上がっています。
また週2回はハロン15秒ペースの速め調教も継続しています。
まだ精神面で幼いところは見られますが、脚元は問題ありません。
もう少し乗り込み、今月中の入厩を目指して進めていきます。現在の馬体重は475kgです。
--------------
2010/3/20 外厩
--------------
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。
引き続き周回コースで2400mの距離をハロン23秒ペースで乗り、その後に坂路コース1本、ハロン17秒ペースで駆け上がっています。
蹄も完治しており、予定どおり週2回、ハロン15秒ペースの速め調教を取り入れています。
乗り込みながら動きも良化していますので、このまましっかり鍛えて入厩態勢を作っていきます。
現在の馬体重は472kgです。
--------------
2010/3/8 外厩
--------------
京都府の外厩・宇治田原優駿Sに在厩。
この中間も順調で、周回コース2400mをハロン23秒ペースで乗ったのち、坂路コース1本、ハロン17秒のキャンターを消化しています。
蹄の状態は問題ありませんし、体調面も安定しています。
これから徐々に速め調教を取り入れて、入厩態勢を作っていきます。
現在の馬体重は470kgです。
--------------
2010/2/22 外厩
--------------
外厩・宇治田原優駿Sに在厩。
騎乗運動再開後は徐々に調教負荷を高めており、現在は周回コースを毎日2400mの距離をハロン23秒ペースで消化した後に、坂路コースを1本、ハロン20秒ペースで駆け上がっています。
まだ硬さは残っているものの、脚元の状態は問題ありませんので、気温の上昇とともに調教ピッチを上げていきます。
現在の馬体重は475kgまで回復しています。
--------------

2010年02月22日

なんとなく弱ったちゃん

82053_00044144.jpg
1/11(月)京都3R新馬ダ1400m(牝)戦の11着以来、なかなかすっきりしないベルヴィクトワール。
大事ではないのですが、中間トラブルもあり、目下宇治田原でタテ直し中です。
時間もありますし、いいリフレッシュにもなりそうで、別に弱ることではないのですが、blogに近況をメモっていくタイミングが難しく、ズルズル時間が過ぎる弱ったちゃんです。
重篤な症状なら症状で「ゲゲッ…がーん」って感じですし、順調ならそろそろ次の予定うんぬんで盛り上がってくるんですが、なんかズルズルだらだらくると、ドコで応援しようかタイミングが難しく。
「寝違いをして、左前脚の蹄冠部に外傷」なんていう不思議現象どうコメントしていいやら?
いろいろ考えても、寝相が悪いとしか言いようが…。
どうすりゃ寝違えて蹄冠部ぶっつけるのか、馬に聞いてみたい気もしますが、なんとなくイメージしてしまうのは、寝ぼけてベットに親指を思いっきりぶっつけたあの痛さ。

……。

イテテテ…。なんか想像すると痛いですね(苦笑)
ガンバレ〜!イタイノイタイノトンデケー!
--------------
2010/2/12
--------------
外厩 宇治田原優駿Sに在厩。蹄の外傷は治療を続けて、ほぼ治まっていています。
そのため騎乗運動を再開しており、現在は周回コース1800〜2400mと坂路コースを併用しながら、ハロン25秒くらいのペースでゆっくり乗り始めています。
寒さの影響からか全体的に馬体が硬く感じられるますので、じっくりとほぐしてからペースを上げていくつもりです。
--------------
2010/2/3
--------------
外厩 左前脚の蹄冠部の外傷が治りきらず、まだスッキリしていません。
そのため無理をせず、2/2(火)に京都府の外厩・宇治田原優駿Sへ放牧に出しました。
それほど時間はかからないと思いますが、外厩で立て直します。
--------------
2010/1/28
--------------
栗東TC 1/28(木)の朝に歩様を確認しましたが問題ありません。
心配していた蹄部分も痛がっておらず、そのため乗り運動を再開し、これからペースアップしていけそうです。
--------------
2010/1/27
--------------
栗東TC 先週末に厩舎の馬房内で寝違いをして、左前脚の蹄冠部に外傷を負いました。
幸い大事には至っておらず、明日1/28(木)から騎乗運動を再開できる見込みです。
次走に関しては流動的ですが、地方競馬指定交流競走への出走も視野に入れます。
--------------
2010/1/20 栗東TC 馬は引き続き順調で、週末に追い切りを行います。
前走で優先出走権(前走5着以内)を得られなかったため、出走間隔を空ける必要があります。
馬の状態と出走間隔を見ながら、次走を検討していきます。
--------------
2010/1/13 栗東TC レース後変わりありません。
前走は砂を被るとハミを取らなくなって、力を出し切れませんでした。
飼い葉食いは良好ですし、続戦してレースに馴らしていきます。
--------------

2010年01月11日

ベルヴィクトワール、見せ場全くなし

果たしてどういう競馬をしてくれるのか、期待のあったベルヴィクトワールですが、1着にもういっこ余計な1がひっついた11着でデビュー戦を終えました。
掲示板ほどにはなんとかならんか…と思っていただけに、ちょっと残念な結果でした。

[LAP]
-----------------------
12.4-11.2-12.3-12.9-12.9-12.3-12.3
-----------------------
35.9-61.7-37.5
-----------------------

んー…ラップ”も”良くないですねェ。
テンはソコソコですが、中間緩んで、加速どころが終い2F目にきており、ためてためて抜ける脚だけの競馬ですね。
前にいけた馬のうち、末脚のある馬が抜けられる流れって感じです。最後までLAPも落ちていませんし、スピード優位の馬にとっては仕掛けどころの遅い楽で楽で仕方ないといった競馬でしょうね。

公式ではスタート五分となってますが、スタートはまともな馬とまともでない馬がばらけたスタートで新馬らしい酷いスタートでしたから、そのなかで普通より悪いスタートが目立たなかっただけで、悪いと思います。
その後、1F目のペースアップには全くついていけず、VTRでは途中で消えてしまうのですが、屋根も無理に追うわけでもなく、ずるずると馬なりで後退。
これも全くレースに参加したとは言い難く、ただ回ってきただけの芸というのがせいぜいでしょう。
3F目あたりからペースが落ち着き、ここで押し上げていった馬とあわせて上位8頭程度まではまともな競馬になっていましたが、そこから後ろにつけていた馬は競馬ができていないグループで、ベルヴィクはそこからさらに遅れたグループで内々を追走。
レースはそのまま前にいったスピード上位の馬のうち、コーナー回って立て直しての瞬発力の無い組で勝ち馬に置いていかれ、後続は直線半ばで息の持たなくなった馬から順に櫛の歯を引くように順番に脱落組が出ていって…といった寸法でした。
上位8頭はともかく、残りはねェ…その間だけで6馬身。
まー、ものの見事に最初から最後まで、褒められるところが何一つないという酷い競馬でした。
逆にこれだけ見せ場もなければ、力を出し切ったとも言い難く、半端な競馬をするよりも、もしかしたら期待できるのかもしれません。
直前の坂路が軽いことと、デビューまで長時間厩舎で引っ張ってしまったぶん、「使いつつ」とかいいながら、いきなり見捨てられて1戦放牧になってしまうかもしれないのは心配です。
とりあえず直前も坂路でしか追ってませんし、強めの本数も少ないので、もう一つ二つは当然使えるものと思ってますが…。
しかし、今日の中山の新馬戦などを見ていると、とりあえず、無事に回ってきてくれただけでも、まずは嬉しいものです。
秋山騎手曰く、気持ちの問題とのことですし、懸命さを感じないレースっぷりでしたのですが、調教での時計はソコソコ出ているので、これが全力とは思いたくないところです。
順調に回復してくれて、二戦目には、少しは見所ある競馬を見せて欲しいと思います。
もうちょっとガンバレ!

-------------------------
2010/1/11 栗東TC
-------------------------
1/11(月)京都3R・新馬(ダート1400m・牝)戦に秋山騎手で出走・デビューし、馬体重は464kgでした。
レースではゲートをほぼ五分に出ていますが、ダッシュがつかず後方集団からの追走になりました。
3コーナーから徐々に差を詰めて、直線追い出していきましたが伸びを欠いて、最後は逃げ切った勝ち馬から2.8秒差(1:29.1)の11着同着で入線しています。
騎乗した秋山騎手は「スタートから自分で走ろうという気持ちがなくついていけませんでした。
道中もフワフワとしていて、まだまだ使いながら競馬を覚えていかないといけませんね。」とコメントしていました。
-------------------------

2010年01月10日

ベルヴィクトワール、メイクデビュー!

82053_00042989.jpg
明日の3R、ベルヴィクトワールが新馬に挑戦です。
23日に坂路53.1を掲示した時点でほぼ仕上がったとみてよいのでしょうが、わざわざ20日間も待って、直前は軽めの調整。
個人的には好きな調整パターンではないのですが、逆に、それだけテンションをあげずに、初戦から勝負にきてくれているのだろうとも思えるところで、中尾秀先生流の細やかな調整ではないかと、前向きに捉えています。

印はソコソコついて、◎1つ、○1つ、▲2つ、注1つ、△8つ。
評価的には4番手といったところです。
枠は7枠13番。
距離損はありますが、牝馬限定戦ですし、揉まれず位置を意志で選べる枠順だけに悪くはないでしょう。
鞍上は秋山騎手だけに、下手に内枠よりは、安心できる枠になりました。
ここなら力を出し切っての負けはあっても、脚を余して前詰まりましたにはならなそうな好枠です。
正直好きな騎手ではありませんが、ここはなんとか頑張ってください。ついでに応援してやります。
(ガンバレ秋山!)

調教は基本相手に追いかけさせるものが中心ですし、外目から前にとりついて、コーナーの反応と直線抜けてこれるかどうかといったあたりで勝負になりそうです。
パートナーだったナリタブルースターも今日中山でフェアリーSに挑戦。
さらに直前の調教パートナーのネオジェイズレーヌも先月新馬3着と、いずれも結果は上々。
ここはしっかり続いて欲しいものです。

相手ですが、嫌だなアと思うのが、古川吉ケイアイヒミコ。ナリタピュアー田中健。
おっと一頭。忘れちゃいけない。
非常に嫌なのが、マイルストーン浜中。
一本少ない急仕上げだけに、勝つときは圧倒されそうだけれども、そこはそれ。
ユニオン馬だけに、応援はするけども、”いつものように”ここは譲って貰いましょう。

人気のルナドリーム松山弘平が大外を引いたのは何かの天啓。
元来有利な減量騎手も込みの人気だろうが、そこは大外で相殺なら、あっさり消える可能性もなくはない。
同じく人気になりそうなハニーメロンチャンは、所詮は豊人気と考えれば、どうせ池添はこういうときは内でヘグるに違いなく、あらあら不思議。
勝てそうな馬がベルヴィク以外にいないじゃないですか!!
ガンバレ!ベルヴィク!母に続いて新馬勝ちだ!
---------------------
2010/1/7 栗東TC
---------------------
1/11(月)京都3R・新馬(ダート1400m・牝)戦に秋山騎手で出走・デビューが確定しています。
このレースは16頭立てになりました。
---------------------
2010/1/6 栗東TC
---------------------
1/11(月)京都・ダート1400m(牝)戦に秋山騎手で出走・デビューを予定していますが、フルゲート16頭のところ20頭が出走意思を示しており、僅かながら除外の可能性があります。
心配していた球節部の腫れも問題なく、1/6(水)は坂路コースで、半マイル55.4-39.9-25.8-12.9のタイムをマークし、テンを抑えましたが終いを強調する追い切りでした。
テンションを高くしないよう注意しており、母も京都コースで新馬勝ちしましたし、それに続きたいところです。
---------------------
2010/1/3 栗東TC
---------------------
1/11(月)京都・ダート1400m(牝)戦でのデビュー予定に変わりありません。
年末の追い切りでいい動きをみせたのですが、その後左前脚の球節を腫らしました。
すぐに治まって、1/3(日)も坂路コースで59.2-43.8-29.5-***の時計を出しています。
飼い葉食いは落ちていないものの、段々とうるさくなってきました。
2009/12/23 栗東TC
---------------------
この中間も順調で、本日12/23(水)は坂路コースで半マイル53.1-39.6-26.6-13.6のタイムをマークしました。
ひと追いごとに動きは良化しており、来年1/11(月)京都・ダート1400m(牝)戦でのデビューを目標に進めていきます。
鞍上は秋山騎手を予定しています。
---------------------
2009/12/16 栗東TC
---------------------
この中間も順調で、本日12/16(水)は坂路コースで半マイル54.7-40.3-26.6-***のタイムを併せ馬でマークしました。
年明けの1回京都開催でのデビューを目指して、追い切りを重ねていきます。
---------------------
2009/12/10 栗東TC
---------------------
12/10(木)は坂路コースで、半マイル56.9-41.4-26.7-13.1のタイムをマークしました。
---------------------
2009/12/9 栗東TC
---------------------
この中間も順調で、適度な落ち着きかあって良い状態です。
明日12/10(木)に速めを行う予定で、年明けのデビューを目指して進めていきます。
2009/12/2 栗東TC
---------------------
ゲート試験合格後も変わりなく、12/2(水)は坂路コースで、半マイル59.2-43.6-29.1-14.7のタイムをマークしました。
今後も追い切りを重ねてデビューを目指していきますが、まだどこでデビューさせるかは決めていません。
---------------------

2009年11月26日

ベルヴィクトワールもゲート合格

こちらも結構ゲートに梃子摺りましたが、なんとか合格できました!

入厩以来、なんかベルヴィクのトーンがあがってきませんが、今のところ大人しくしているようなので、なんとかこのままレースまでは大人しくしていてください(^^;
レースで大人しくしてても面白くないんで、いい意味での”大暴れ”を期待します。

-------------------
2009/11/25 栗東TC
-------------------
11/25(水)に2回目のゲート試験を受けて合格しました。
これからデビューに向けて時計を出していきます。
気性面で怪しいところを感じなくもないのですが、いまのところ大人しくしています。
-------------------
2009/11/19 栗東TC
-------------------
11/19(木)にゲート試験を受けましたが、出が悪く残念ながら不合格でした。
それでも入り・駐立には問題なく、合格レベルに近いため来週中に再チャレンジします。
-------------------
2009/11/18 栗東TC
-------------------
この中間もゲート練習中心の調整ですが、特に問題はみられません。
そのため、今週中にゲート試験を受ける予定です。
-------------------
2009/11/11 栗東TC
-------------------
この中間も順調で、坂路コース入りした後にゲート練習を並行しています。
性格面にも問題なく素直な馬ですので、早めにゲート試験を受けたい考えです。
-------------------
2009/11/4 栗東TC
-------------------
無事栗東TCへ入厩しており、本日11/4(水)は坂路コース1本を上がってからゲート練習を行いました。
特に問題はなさそうで、まずはゲート試験合格を目指していきます。
-------------------
2009/10/30 栗東TC
-------------------
10/30(金)栗東TC・中尾秀正厩舎に入厩しました。
長距離輸送のあとなので、週末は楽をさせて新しいトレセンの環境に慣らせます。
-------------------

2009/11/25
-------------------
助 手  栗東  E  稍  13.7 -13.1 -15.5     ゲート一杯 
-------------------
2009/11/22
-------------------
助 手  栗東  坂  良  1 回 -59.7 -44.6 -29.9 -14.8     強目に追う
-------------------
坂路のほうはまあ、ゲートと並行ですし、3F14秒で刻めれば悪くないと思うんですが。
ゲートは最後止めてるとはいえ、あまり良い時計とは?
なんか気持ち悪いコメントがいやだなぁ…。

2009年10月30日

ベルヴィクトワール、只今移動中!

驚きの更新が社台でありました。
なんだか知りませんが、急遽ベルが栗東に向かっているようです。
ここ一月、なんだかんだとヤキモキしながら待っていた連絡でしたが、やっときました。
16日で14-14まで終いをあげているという話しでしたので、もうソロソロだろうとは思っていましたが。
本当にここまで順調で嬉しい限りです。
82053_00041299.jpg
写真も更新があったのですが、なんだかずいぶん…雰囲気変わったような気がします。
斜めに写真撮ってるんじゃないかと疑うほどです。
ガンバレの数ほど馬が強くなるなら、100万回でもいってやりますし、そんなことはないのでしょうが、それでもやはり、毎度応援。
栗東でもガンバレ〜!!
-----------------------------
2009/10/29 社台F
-----------------------------
この中間も順調に調教を消化しており、脚元・体調面にも問題ありません。
あとは栗東TCでデビューに向けて仕上げることになり、明日10/30(金)に入厩が決まりました。
馬は10/29(木)に社台Fを出発しています。
-----------------------------
2009/10/16 社台F
-----------------------------
この中間も順調で、常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを消化しています。
また直線コースでも1000mの距離を2本乗られており、週1回の速め調教はハロン14秒ペースに上げています。
体調面の問題もありませんので、このペースを維持していければ入厩に備えた移動も近いはずです。
現在の馬体重は480kgと変わりません。
-----------------------------
2009/10/2
-----------------------------
社台F この中間も順調で、常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを消化しています。
また、直線コースでも1000mの距離を2本乗られており、息遣いが良くなってきたのは心強い限りです。
このまま緩めることなく調整し、山元TC移動のタイミングを図っていきます。現在の馬体重は480kgです。
-----------------------------
2009/9/18
-----------------------------
社台F引き続き常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを乗り込まれています。
同時に直線コース(1000m)でも2本のキャンターを継続し、強め調教をおこなった後の歩様も問題ありません。
最近はリラックスして走ることを覚えたようで気性面での成長が感じられます。
この好調を維持しながら、山元TCへの移動を検討していきます。
現在の馬体重は472sです。
2009/9/4 社台F この中間も順調で、常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを消化しています。
また、直線コースでも1000mの距離を2本乗られており、週1度はハロン15秒ペースの強め調教も取り入れています。
調教での動きは力みもなく良い雰囲気で駆けています。
基礎体力もついてきた印象ですので、さらにピッチを上げていけそうです。
現在の馬体重は477kgと徐々に絞れてきました。
-----------------------------
あと。余談です。
照哉氏の今月のThroughbred誌の巻頭。
クラブのサービスとは何か、非常にわかり易く書いてありました。
けだし名文と思います。
走らなくてスイマセンと、ごめんなさいから始まったユニオンの10月の巻頭言も、うぬ、やるな!藤原氏と唸らせるものでしたが、馬が走ってるとこがいうのが憎いです。
あと、ローレルのも会報結構楽しい。
どっかの10月巻頭は、毎度外注然とした薄ら寒いコピーの羅列。
あれが人気あるんだね。キャロ会員には評判いいみたいだし。
あんな薄ら寒い商業丸出しのコピーワークのどこがいいのか?
でも、トキオリアリティ08が欲しくなってきてこまってます。

2009年09月28日

9月のベルヴィクトワール、もう少しあと少し

82053_00039651.jpg

2009/9/18 社台F
--------------------------
引き続き常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを乗り込まれています。
同時に直線コース(1000m)でも2本のキャンターを継続し、強め調教をおこなった後の歩様も問題ありません。
最近はリラックスして走ることを覚えたようで気性面での成長が感じられます。
この好調を維持しながら、山元TCへの移動を検討していきます。
現在の馬体重は472sです。
--------------------------
2009/9/4 社台F
--------------------------
この中間も順調で、常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを消化しています。
また、直線コースでも1000mの距離を2本乗られており、週1度はハロン15秒ペースの強め調教も取り入れています。
調教での動きは力みもなく良い雰囲気で駆けています。
基礎体力もついてきた印象ですので、さらにピッチを上げていけそうです。
現在の馬体重は477kgと徐々に絞れてきました。
--------------------------
ついに、山元移動予定が出ました。
元々秋の入急予定でしたが、全く持って予定通りに順調にここまできました。
あと少し、いま少し順調に、きたるべき日がきてくれることを祈ります。
ガンバレ!ベルヴィク!

2009年08月23日

8月のベルヴィク、さーびすさーびす

82053_00038816.jpg
82053_00038662.jpg
あのー。
私、めんどくさがりなので、社台のHPの作り上、あまり他の馬のコメントとかしげしげと眺めないんですけど…。
社台っていつもこげにリップサービス満載なのかしら?なんですか、このベタボメモード?
正直なにか落とし穴が待ってそうで気持ちが悪いです。

血統的にはスタミナ・パワーに秀でた短距離の血筋。
矛盾してるようだが、そんなイメージで正解だと思うんだが…(w;;;
どう考えてもクラシックなんて望むべくもなく、なんとか芝でひとつ勝てるスピードがあれば、ダートでなら倍勝てる、1200なら芝ダ兼用、ただし砂のほうがホームの砂の女王。
それだけになにより無事に順調にいってくれればそれで十分。
そんな褒められると…こそばゆいもんの不安なもんの…。
カンベンしてください。
でも、ここ数ヶ月の横見をずっとならべてみていくと、トモの肉付きは別馬のように逞しくなってきてますし、順調にきてるのは確かみたいに見えます。
なんとかもう1ヶ月、何事もなく調整して、無事栗東の土を踏んでほしいものです。
-----------------------------
2009/8/21 社台F
-----------------------------
常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを乗り込まれています。
同時に直線コース(1000m)でも2本のキャンターを継続しており、先日はハロン15秒ペースの速めを行いましたが、息の乱れもなくゴールまでしっかりと駆け上がってきたのは特筆されます。
まだ動きには余裕がある感じですが、牝馬でもあり今後も緩急をつけた調教でじっくり仕上げていきます。
現在の馬体重は490kgです。
-----------------------------
2009/8/7 社台F
-----------------------------
引き続き常歩4000m、ダク1200mと周回コースで1200mの普通キャンターを乗った後に、直線コース(1000m)を毎日2本、元気に駆け上がっています。
週1度はハロン15秒ペースの速め調教も取り入れており、休みなくコンスタントに乗られていますが、疲れはありません。
調教負荷を上げていても、馬体重は489kgと成長を続けているのは頼もしい限りです。
ゲート練習も取り入れており、入厩を目指してさらなるレベルアップに努めます。
-----------------------------

ところで、コーちゃんとプランのレースですが、着順が着順なので、あまりまともに振り返りたくありませんので、こっちでちょっと触れてしまいにします。(おい)

プランソレイユのほうは、相変わらず地力で大きく劣るとは思えないものの、
1・ゲートの出悪し
2・コーナーの口向き悪し
という弱点が明確に。実際そのへん改善されるだけで、おそらく7、8着くらいの馬あたりとは遜色なく走れるはず。
実際坂路での時計もソコソコ走れているわけで、あんなに負けるのが地力とは思えない。
ただ、2戦目でまったく改善の兆しなし (T〜T
とりあえず平気で「敗因はわかりません」とか言っちゃう屋根のチェンジと、なんか深いブリンカーとか、ごっついものを期待します。
だめだと思うよ。いいかげんベテランなのに、そういうの。
わかんないならわかんないなりに何か言えってんだい。

コーちゃんのほうは、これはもう…ナニをどうフォローすればいいのか途方に暮れるくらいマズイ競馬。
せめて、芝のスタートだけでもまともに出てくれれば、芝に変わって…という屋根のフォローに頷くこともできるのだけど。
そこからもう遅れてるし…。その割りにしまいは離されてはいないけどね…、詰めてもいないけど。
タクミくんも草太郎ちゃんも、若い子は乗り馬に優しいねェ…。
次、走れるのかな…。
今週の水曜が怖いです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。