blogram投票ボタン

2011年12月13日

11・27決戦、勝者!ローレルクラシック!

10月頭の札幌芝2600mから、仕切りなおしで始動していたローレルクラシックでしたが、休養明けから3戦目。
11月27日の小倉2600mで、ついに待望の初勝利を挙げることができました!
タイトルはプロレス調に読み給えませ。

飯田先生のご努力、そして園田けいばの皆さんのご尽力の賜物の、ようやくの1勝。
待ちに待ったその瞬間は、コースレコードのおまけつき。
札幌でいいところなく、新潟でも変わり身はみられずと、一つの遠さを感じていただけに、この感動はひとしおでした。
レースの終わったあとは、しみじみと「よかったな〜」と、それしかでてきませんでしたが、ようやく時間がたってなんか話す余裕も出てきたか?といったところです。

その後も在厩で調整し、来週の名古屋日刊スポーツ杯を目標に調整が順調なようです。

再ファンドの際に、園田であれだけの勝ち方をして戻ってきた以上、既にローレルの馬、出資者の馬というだけでなく、園田の馬でもあるのだから、「通用しなかったからゴメンなさい」では済まないぞ…と、やきもきしながらクラシックを見ていましたが、見事な勝ちっぷりでした。

日刊スポーツ杯では、条件もあがって、メンバーは強くなることは必至。
ここが試金石と言われそうですが、とはいえ、このパターンは「返す刀でどこまで上にいけるか」のパターンだと。
競馬ファンとしての鼻がひくついています。
前走が比較的楽なメンバー構成でしたし、圧勝とはいえ通用するかは前走からは言い難いところですけれども、時計面での不安は無いですし、やってきた相手、ハンデ戦、8分の出来から上積みと、プラス材料もてんこもり。
勝ちあぐねていただけに、一つじゃ終わらせないと結果的になってくる可能性は十分だと、来週の1勝を心密かに見込んでいます。

そういえば、勝利騎手の中館ジョッキー。
あまりここでベタベタ賞賛したりはしていないのですが…というよりむしろ批判的に書いてきていますけれども…ローレルではレガリスでも年末の中京で1勝をあげて貰っていますし、プレシャスジェムズの初勝利も中館騎手の手によるもので、節目節目でオイシイレースで鞍上にいらっしゃるようなケースが多いようで。
うちの馬とはきっと「縁」があるのでしょうね。

----------------------
2011年12月7日(水)
18日(日)小倉10R・名古屋日刊S杯・3歳以上1000万下(混・H)芝2600mに中舘英二で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されています。
飯田(雄)師「普段の調教の感じ、気合乗りなど良い頃に近付いていますし、ほど良い状態になって来ました。週末からペースを上げて行く予定にしています」
----------------------
2011年11月30日(水)
12月18日(日)小倉10R・名古屋日刊スポーツ杯・3歳以上1000万下(混・H)芝2600mに中舘英二で出走を予定しています。
レース後の上がりの状態は特に変わりないようです。
飯田(雄)師「元気一杯で、レコード駆けの反動はありませんね。これなら中2週で予定できるでしょう。レース前は8分程度の出来とみていましたから、まともなら昇級でも楽しみはあると思いますよ」
----------------------
2011年11月28日(月)
11月27日(日)小倉7R・3歳以上500万下・芝2600m・10頭立1枠1番に中舘英二57.0s・馬体重488s(+4)で出走し、タイム2分38秒1(R)で2着に5馬身差の優勝。
中舘騎手「舌がハミを越して走っていた影響もあるのか、最後はヨレましたが、乗りにくい訳ではなく、むしろ乗り易い馬です。馬も気分良く走っていたので、舌を縛ったり無理に矯正する必要もないのかもしれないですね。今日は良い時に乗せて貰いました」
飯田(雄)師「大変お待たせしましたので、結果が出せてホッとしています。だいぶ体調は戻ってきましたが、身体の張りなどは本当に良かった時には及ばないので、まだまだ復調途上です。それでいてレコードのオマケ付きですからね。少し肩の荷も降りましたので、今後はローテーションをキチンと守って、これまで以上に大事に使っていきます」  
----------------------
2011年11月24日(木)
27日(日)小倉7R(発走13:10)3歳以上500万下・芝2600m・10頭立に中舘英二57.0sで出走します。
20日・栗坂不1本・単走・助手・4F56.8-41.0-27.0-13.5(馬ナリ余力)
23日・栗坂良1本・助手・4F…-40.6-27.6-14.3(一杯追)
(2歳新馬・ヤマニンラピエール・叩一杯の0.2秒先着)
飯田(雄)師「当初の予定は来週でしたが、主要な外国人騎手は先約が決まっているようです。今週の小倉は頭数が少ないし、着権利持ちもいないので使うことにしました。毛艶は金色に近くなりつつあり、良い頃の雰囲気が出て来ました。後は筋肉の盛り上がりが出て来ると理想です」  
----------------------
2011年11月17日(木)
13日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.0-39.8-26.2-13.3(馬ナリ余力)
16日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.2-39.2-26.0-13.3(一杯追)
飯田(雄)師「時計を要する馬場状態の割には悪くない追い切りでしたし、やる毎に良化しています。先週も言ったように、できればトレセンでの調整期間を長く取りたいですし、阪神の開幕週にも番組があります。使えれば、外国人騎手を探して予定したいと思います」
----------------------
2011年11月16日(水)
12月3日(土)阪神7R・3歳以上500万下・芝2400mまたは小倉10R・彦島特別・3歳以上500万下(混)芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
16日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.2-39.2-26.0-13.3(馬ナリ余力)
----------------------
2011年11月10日(木)
9日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.2-39.9-26.2-13.4(一杯追)
飯田(雄)師「当初は中2週で新潟を考えていましたが、まだ毛艶が戻りきらないので、少しでも長く調整に当てたいし、左回りのコースもややモタれ気味で合わない感じも受けますから、小倉目標で進めさせて下さい」
----------------------
2011年11月9日(水)
27日(日)小倉6R・3歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
9日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.2-39.9-26.2-13.4(一杯追)
----------------------
2011年11月2日(水)
11月19日(土)新潟6R・3歳以上500万下(混)芝2400mに出走を予定しています。
レース後の上がりの状態に特に変わりないようです。
飯田(雄)師「いくら良化途上とは言え、あのメンバーであの競馬はだらしなかったですね。1番枠も災いしただろうけど、もっとしっかり走れるはずの馬です。中間の状態を見ながらですけど、次も新潟に行ってみたいと思います」
----------------------
2011年10月31日(月)
29日(土)新潟7R・3歳以上500万下・芝2000m・17頭立1枠1番に▲平野優54.0s・馬体重484s(-10)で出走し、タイム2分1秒3で1.2秒差の11着。
平野騎手「バラけにくい新潟の外回りコースで、多頭数の最内枠を引いていましたし、ある程度前の位置でとの指示もあったので、ゲートから積極的に出していきましたが、去年の福島で乗せて貰った時と比べると、行きっぷりがもう一つでした。どこかが悪いとか気にしている所があるのではないのですが、トモも少し緩い感じがしましたね。コース取りは出来ればもう少し外に出せれば良かったとは思いますが、見た目ほど内が荒れている訳でもありませんでした。ヨーイドン!の瞬発力勝負も向かなかったのかもしれませんが、本来はこんな馬ではないと思いますし、使いながら良くなって行くのでしょうから、もし新潟最終週の2400で使うようなら、是非また乗せて下さい」  
----------------------
2011年10月27日(木)
29日(土)新潟7R(発走13:10)3歳以上500万下・芝2000m・17頭立に▲平野優54.0sで出走します。
23日・栗坂稍1本・単走・助手・4F59.3-43.5-28.8-14.8(馬ナリ余力)
26日・栗坂良1本・助手・4F55.5-40.5-26.1-13.1(一杯追)
(2歳未勝利・サマーロータス・稍一杯の0.7秒先行0.2秒先着)
飯田(雄)師「メンバー的に特別よりは手薄なようだし、減量も活かせますからね。先週あたりから掛かり気味になるくらい気合が乗ってきていますし、昨年良かった頃の毛艶にも近づいてきましたよ」
----------------------
2011年10月26日(水)
29日(土)新潟7R・3歳以上500万下・芝2000m(フルゲート18頭・想定19頭中9番手タイ3頭同位)に▲平野優54.0sで出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
26日・栗坂良1本・助手・4F55.5-40.5-26.1-13.1(一杯追)
(2歳未勝利・サマーロータス・稍一杯の0.7秒先行0.2秒先着)
----------------------
2011年10月20日(木)
14日・栗B良・単走・助手・3F38.8-12.9(3分所・馬ナリ余力)
18日・栗坂良1本・単走・助手・4F62.0-44.9-29.9-15.1(馬ナリ余力)
19日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.2-40.3-26.9-13.9(馬ナリ余力)
飯田(雄)師「案外と回復も早く、活気が戻ってきましたね。来週の状態を見て使うかどうか決めようと思っています」
----------------------
2011年10月19日(水)
30日(日)新潟10R・雨飾山特別・3歳以上500万下(混)芝2400mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
19日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.2-40.3-26.9-13.9(馬ナリ余力)
----------------------
2011年10月13日(木)
12日・栗P良・単走・助手・5F64.3-49.6-36.6-13.2(5分所・馬ナリ余力)
13日・栗B良・単走・助手・1F13.3(馬ナリ余力)
飯田(雄)師「先週までは歩様に硬さが見られ、特に腰からトモにかけての筋肉が硬くなっていたので、電気針でほぐしながらケアしていました。硬さも和らぎ、今週から馬場に入れて乗り出しているので、これからでしょう」
----------------------
2011年10月12日(水)
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
12日・栗P良・単走・助手・5F64.3-49.6-36.6-13.2(5分所・馬ナリ余力)
----------------------
2011年10月5日(水)
レース後の上がりの状態に特に変わりないようで、栗東トレセンへ本日帰厩予定です。
飯田(雄)師「若干トモに疲れが出ているようですが、普通にレース後にある反動の範囲ですので問題ないと思います。あまりにダメージがあるようなら外で調整も考えていましたけど、在厩でレースに使っていけそうです。ひと叩きした次は状態は確実に良くなるでしょうし、使いつつ状態も上がってくるはずです」
----------------------
2011年10月3日(月)
1日(土)札幌6R・3歳以上500万下・芝2600m・14頭立4枠6番に上野翔57.0s・馬体重494s(+22)で出走し、タイム2分45秒6で0.9秒差の8着。
上野騎手「レース後の上がり運動でキャンターが出せないほど疲れていたし、なんとか出走出来るところまで持ってきた様な状態でしたから、この次からが勝負でしょう。道中は内側で囲まれたポジションにスッポリはまってしまったので、何もせずじっくり構えていました。外に出してから4コーナー手前で良い反応を見せてくれたので、外を廻して伸びると思った途端に、頭を上げてガフッという感じで息切れしてしまいました。今回は手前脚の方向に頭を傾けて走っていた様に、まだまだ身体のバランスも本物ではありませんでした」
飯田(雄)師「休み明けで仕上げに時間がかかりそうだったので、上野ジョッキーにお願いして専属で馬を作って貰いました。それでも小倉の時などの良い状態と比べると、まだ毛艶が良くないし仕上がり途上でしたね。ひと叩きした次は変わって来るでしょう」  
----------------------
2011年9月29日(木)
25日・札ダ良・上野・6F85.6-69.8-55.2-41.0-12.9(6分所・強目追)
(古1000万・ヒラボクビジン・馬ナリの内1.0秒先行0.2秒遅れ)
28日・札ダ良・上野・5F69.5-53.8-39.4-12.6(9分所・一杯追)
(2歳未勝利・ハヤブサ・強目の外0.5秒先行0.2秒遅れ)
飯田雄師「札幌入厩当初に比べれば、追う毎に良くはなっていますけど、まだズブい面が出ているし、重たい動きだから、叩いてからの方が良さそうですね。今週の追い切りは、内外と離れてしまい、ちゃんとした併せ馬にはならなかったようですけど、時計自体は悪くはありません。未勝利馬もいるわけだし、せめて格好はつけてもらいたい」
----------------------
2011年9月28日(水)
10月1日(土)札幌6R・3歳以上500万下・芝2600m(フルゲート14頭・想定13頭中5番手)に上野翔57.0sで出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
28日・札ダ良・上野・5F69.5-53.8-39.4-12.6(9分所・一杯追)
(2歳未勝利・ハヤブサ・強目の外0.5秒先行0.2秒遅れ)
----------------------
2011年9月22日(木)
19日・札ダ稍・単走・助手・5F69.4-54.4-40.2-12.9(8分所・一杯追)
21日・札ダ良・単走・上野・5F68.0-54.3-40.9-13.3(7分所・一杯追)
飯田(雄)師「馬場を考えて、全休明けでも水曜に追い切っておきました。本数を乗る毎に動きは良くなっています。今週末もやるか、来週1本で行くかはジョッキーと相談して調整したいと思います」
----------------------
2011年9月21日(水)
10月1日(土)札幌6R・3歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
21日・札ダ良・単走・上野・5F68.0-54.3-40.9-13.3(7分所・一杯追)
----------------------
2011年9月15日(木)
15日・札ダ良・単走・上野・5F67.6-53.1-39.7-12.9(7分所・一杯追)
飯田(雄)師「札幌で調教をつけている上野翔の話によると、まだ先週あたりの感じではフワフワとして気が入っていなかったのが、ようやく今週は自分からハミを取りながら走る気になってきたようです。ある程度体力も付けないと対応できる距離ではないので、しっかり作って行きたいと思います」
----------------------
2011年9月14日(水)
10月1日(土)札幌6R・3歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されています。
----------------------

2011年09月10日

クラシック帰厩、10月1日札幌芝2600へ

月末に札幌競馬場に入場したローレルクラシック。
まだまだ足慣らしの状態で15-15に毛が生えたくらいのところで調整していますが、目標レースに10月しょっぱなの2600mに定めて、一歩一歩進んでいます。
飯田先生のご指導の下、慎重に、万全の体勢で臨んでくれると思いますが、中央未勝利の身ながら、500万下では力量上位は明白なだけに、復帰戦から期待がかかります。
待たされましたが、今度こそ、先頭でゴールに入線するクラシックの勇姿が見たいものです。

-------------
2011年9月8日(木)
4日・札ダ不・単走・上野・4F60.0-44.3-14.3(7分所・馬ナリ余力)
7日・札ダ重・単走・上野・5F74.1-58.4-44.2-15.6(7分所・馬ナリ余力)
飯田(雄)師「札幌で数日乗って感触を確かめていますけど、来週使うには早すぎる状態ですね。最終週までにはしっかり仕上がるよう調整していきます」
-------------
2011年9月7日(水)
10月1日(土)札幌6R・3歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
帰厩後ここまで変わりなく調整されており、本日追い切られました。
7日・札ダ重・単走・上野・5F74.1-58.4-44.2-15.6(7分所・馬ナリ余力)
-------------
2011年8月31日(水)
本日の検疫を経て札幌競馬場の出張厩舎へ帰厩しています。
飯田(雄)師「これまでは北海道の検疫が非常に込み合っていたので半ば諦めていたのですが、ここへ来て状況が好転してくれたので、放牧当初の予定通りに札幌へ。牧場さんからは馬の調子も凄く良くなっていると聞いていますので、札幌最終週の長い所で使えたらと考えています」
-------------
2011年8月26日(金)
この中間は屋内ダートコース4800mを15-15の調教を行なっています。
協和牧場場長「良い状態になって来ました。先生に現況を伝えて、帰厩の時期を相談してみます」
-------------
2011年8月19日(金)
この中間は屋内ダートコース4800mを15-15の調教を行なっています。
協和牧場場長「息の入りも良くなってきたし、調子が上がってきましたね」
-------------

2011年08月11日

クラシック、そろそろ始動の気配


110705ローレルクラシック.jpg(7月)
6月の中央復帰戦の後、北海道は協和牧場さんに放牧に出ているクラシック。
夏の暑さによる調整失敗で、大きく減らしてしまった馬体重も回復。
じょじょに強い調教で乗り込みを続けており、先週からF16秒で乗り始めています。
お預けになったままの初勝利に向けて、万全の体勢を整えて欲しいものです。

さあ、忘れ物を取りにいくよ!

--------------
2011年8月5日(金)
この中間は屋内ダートコース3600mを16-16の調教を行なっています。
飯田(雄)師「今年は函館の出張馬房の閉鎖時期が例年より早いので、札幌の馬房調整が難しくなります。北海道開催の厩舎に戻せるかは判りませんが、まずは馬の状態を見ながらですね」
--------------
2011年7月29日(金)
引き続き屋内ダートコースでの3600mのキャンター調教を行なっています。
飯田(雄)師「北海道はやっぱり涼しいから、馬体の回復も早い様ですね。でもまだ目の周りが黒い様に、夏負けした跡が残っているので、様子を見ながら進めてもらいましょう」
--------------
2011年7月22日(金)
この中間は屋内ダートコースでの3600mのキャンター調教を行なっています。馬体重512kg  
--------------
2011年7月15日(金)
この中間は屋内ダートコースでの2400mのキャンター調教を行なっています。
協和牧場場長「身体の疲れも取れていますし、肩の出も徐々に良くなってきました。このまま順調に回復してくれれば、北海道開催中には厩舎に戻せると思います」
--------------
2011年7月8日(金)
引き続き屋内ダートコースでの軽い騎乗運動を行なっています。
協和牧場場長「こちらに到着した時は身体全体がスクミ気味だったけど、今は肩の出が少し悪い程度まで回復しているよ」
--------------
2011年7月1日(金)
この中間は屋内ダートコースでの軽い騎乗運動を行なっています。
協和牧場場長「脾腹がだいぶ薄くなって帰って来たけど、刈り取った青草をたくさん食べさせているし、食いは落ちていないから身体はすぐに戻って来ています」  
--------------
2011年6月24日(金)
新冠町の協和牧場トレーニングセンターに到着後は、ウォーキングマシン運動とパドック放牧を行なっています。
協和牧場場長「夏負けの影響でなっていた睾丸の腫れは、到着時よりも大分小さくなっていますよ。内地に比べると、こちらは随分涼しいからね」
--------------
2011年6月15日(水)
レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、栗東トレセンを本日出発し、新冠町の協和牧場に放牧へ出ました。
飯田(雄)師「涼しい北海道で過ごさせて、良い休養になればいいですね」
--------------

2011年06月12日

ローレルクラシック9着

ぬはははははー…。まーけーたー。
阪神競馬8R500万下2200m内に挑戦したローレルクラシックでしたが、残念ながら9着での入線となりました。
これで勝って降級の夢も潰えてしまいましたが、レースっぷり自体は、やはりここでも通用するだけのものは見せてくれていました。
終始内々、外に出すことができず、最後まで後方で我慢を強いられたわりには、6〜9着はほぼ差のない競馬になりましたし。
体重も減っていましたし、一息いれて、今度こそ捲土重来を願います。

しかし、悔しいなぁ…。
もう少し前で競馬できる馬だと思うんですが…。
木村健騎手、そろそろ出番ですよ。
ですよ〜。
クラシックに勝たせられるのは、貴方しかいませんってば。
あー…でも次札幌か…。札幌かー…。
長いトコ狙ってくるんでしょうね。

-----------------
11/06/12
9着
藤田騎手「ゴメン、脚を余してしまった。ちょっとトモの運びが気にはなったけど、こんなものだと思うし、直接的な敗因ではない。もう少しスタート後の行き脚があると、良いポジションから進められるんだけどね。でも今日は位置取りに尽きるよ」
飯田(雄)師「ずっと外に馬がいたし、直線では前が壁になって、回ってきただけになってしまいましたね。それでも体調が本物ではない中でソコソコやれたのは、やっぱり力がある証拠でしょう。この後は、地方を含めずっと使って来ていることでもありますし、暑い時期は苦手な兆候が出ていますから、北海道で一息入れて、順調なら札幌の後半あたりから始動できればと思っています」
-----------------

ガンバレガンバレガンバレ!

日曜阪神競馬8R、芝2200mにクラシックが登場します。
本場だけに、それなりにメンバーはいますが、この仔とて実績ではもはや負けていません。
ここにきて鞍上は藤田騎手と、強化してきましたし、待ちに待った条件を選んでの出走です。
手元の新聞では、8日の時計は栗東Pで80.4―65.0-50.4-36.9-12.1と、3Fで36秒台をマーク。
クラシックとしては、体調だけでなく、坂の問題もありますし、なにより今の洋芝阪神もありますから、ここで全開とはいかなそうな気もしますが、調子としては、これでまだ上があるというのですから、ここは能力に期待したいところです。

相手は和田のキングウェールズ。
休み明けでも岩田康成のサンライズローマ。
ここ2頭はちょっと厄介な感じはしますが、とりあえずあとはどれもドッコイ。
となればクラシックにもチャンスは十分。
出戻り○地の星にって欲しいものです。

----------------
2011年6月9日(木)
12日(日)阪神8R(発走13:50)4歳以上500万下・芝2200m・15頭立に藤田伸二57.0sで出走します。
5日・栗坂良1本・単走・助手・4F57.2-41.1-26.8-13.3(馬ナリ余力)
8日・栗P良・単走・上野・6F79.8-64.3-50.3-37.2-12.1(8分所・一杯追)
佐々木助手「良い時と比べると毛艶、筋肉の張りともに、まだ上がある状態ですから、出来としては7〜8分程度でしょうか。ここのところ睾丸が腫れだしてもいるので、暑い時期が苦手なのかもしれません」
----------------
2011年6月8日(水)
12日(日)阪神8R・4歳以上500万下・芝2200m(フルゲート18頭・想定14頭中8番手)に藤田伸二で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
8日・栗P良・単走・上野・6F79.8-64.3-50.3-37.2-12.1(8分所・一杯追)
飯田(雄)師「坂路で瞬発力は鍛えられますが、時計が出ないのでポリで長めからサーッと行かせました。まだ体に余裕がある状態ですが、状態は上がって来ました」
----------------
2011年6月2日(木)
5月29日・栗坂不1本・単走・助手・4F58.9-43.3-28.8-14.4(強目追)
6月1日・栗坂稍1本・単走・助手・4F57.5-41.6-27.1-13.3(一杯追)
飯田(雄)師「雨の影響や入った時間帯が遅かった関係で、坂路の馬場コンディションが悪く、時計は目立つようなものではありませんでしたが、着実に状態は上向いています。失礼のないよう仕上げたいと思います」
----------------
2011年6月1日(水)
6月12日(日)阪神8R・4歳以上500万下・芝2200mに藤田伸二で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
6月1日・栗坂稍1本・単走・助手・4F57.5-41.6-27.1-13.3(一杯追)
----------------

2011年05月26日

クラシック6・12復帰戦へ

園田競馬から無事に栗東は飯田厩舎に戻ってきてくれたローレルクラシック。
見る限り、相変わらず坂路はさっぱり走らないようなところを見せていますが、復帰戦も具体的に決まってきました。
6・12阪神競馬場は芝2200m、屋根は藤田騎手とのこと。
本当に楽しみです。

--------------
2011年5月25日(水)
6月12日(日)阪神8R・4歳以上500万下・芝2200mに藤田伸二で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
5月25日・栗坂重1本・単走・助手・4F56.6-41.0-27.3-13.9(一杯追)
--------------
2011年5月19日(木)
19日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.4-40.5-26.6-13.6(一杯追)
--------------
2011年5月18日(水)
この中間も変わりなく調整されています。
飯田(雄)師「馬任せで進めていますので、復帰戦については今のところ決めていないのですが、夏番組になるまでには使うつもりでいます」
--------------
2011年5月12日(木)
本日のゲート試験を受検し、無事に合格しています。
12日・栗E不・上野・12.7-12.2-12.5-12.8(ゲート)
飯田(雄)師「今朝は上野を乗せて試験を受け、問題なく合格しました」
--------------
2011年5月11日(水)
再入厩後ここまで変わりなく調整されており、明日ゲート試験を受ける予定です。
佐々木助手「楽な競馬をしてきたからとは言っても、少なからずダメージを心配していたのですが、数日乗った感じではそんなことは気にしなくても良さそうなくらい問題ないですね。早めにゲート試験も受けておこうと思います」
--------------
2011年5月2日(月)
4月29日(金・祝)園田5R・C2・D1400m・9頭立2枠2番に木村健57.0s・馬体重494s(-6)で出走し、タイム1分30秒9で2着に5馬身差の優勝。
橋本師「レース中に右前を落鉄していましたが、今回も追い切りをつけた程度で楽な内容でした」
同馬は再ファンド条件を満たしましたので、園田競馬の登録を抹消し、5月7日(土)の検疫を経て栗東トレセン・飯田雄三厩舎へ再入厩する予定です。
--------------

2011年04月29日

クラシック園田で連勝

か〜ち〜ま〜し〜たッ!!
園田けいば5R、C2一組D1400mに挑戦したローレルクラシック。
スタートはひやりとさせられましたが、早めに仕掛けて外からまくりかけ、コーナー手前から外目を回り、直線半ばでは既に屋根の木村健騎手がアクションをやめて流すほどの余裕の勝利。
初戦に引き続き、圧倒的な強さを見せてくれました。
橋本師、及び厩舎の皆様、ご連絡をくださったボロ拾い人さん、おめでとうございます!
そして、ありがとうございます!

今日は、スタートが悪かったのですが、それもなんだかいつものクラシックらしさを感じる競馬。
前走よりも、余裕というか、気持ちのノリを感じたのは気のせいではないかと思います。

これですんなりと2勝をGet。
中央復帰条件は果たしました。
いつゴロ復帰となるのかは、クラブ発表を待たねばわかりませんが、再ファンド前の目標は「勝って降級して2連勝」。
園田で走ってきた以上は、やはり「中央の交流1日免許できた木村健で1勝、降級して2勝」が当面の目標でしょう!
これをきっかけに、木村健騎手中央参戦時の有力な一鞍候補、そして大目標は自らが指定競走に出走して木村健を呼ぶ!
…とかなると、鞍上も一気に安定強化が図れますし、最高なんですけどね〜。
妄想迅雷ですな〜。

決めろクラシック!

明日のそのだけいば5R、ローレルクラシックが「証」を入手すべく出走します。
1組にあがっていますが、同級C2での出走なら、相手も大幅強化とは言いがたく、前走の圧勝からみても、おそらくグリグリ人気になるであろうことは間違いないでしょう。

--------------
2011年4月27日(水)
4月29日(金・祝)園田5R(発走13:10)C2・D1400m・9頭立2枠2番に木村健57.0sで出走します。
橋本師「斤量が1s増えたくらいで、メンバー構成は前走と変わりません。競馬なので何があるか分かりませんから、気は抜けませんが、まあ軽く周ってくるだけなのでしょうね」
--------------

クラブ発表の橋本師のコメントも、強気が感じられます。
屋根は引き続き木村健騎手。
否が応でも期待があがります。
メンバーを見渡したところ、気になる馬が1頭。
母ビリーヴのカザンリクが相手にいます。
父Kingmanboに、母Believe、母父SS、煌く良血ですが、目下いまひとつ調子はあがってなさそうな競走成績。
それとユニオン縁のエスビービアンカの仔、ヱスビービンゴも登場と、個人的には注目の馬が多くいるレースになりました。

馬券的にはマサノジャッカル、マイネルポンポーサが気になるかな、ってとこでしょうか。

競馬はやってみないとわかりませんが、ここはすっきりと決めて欲しいものです。

2011年04月15日

クラシック完勝、一歩前進

ばんざーい!クラシックが初勝利をあげました。
まー、今日のクラシックは強かったですね。
前半は結構走りが硬いふうにも見えましたし、スタートは相変わらずあまり上手くなかったですが、ますます逞しくなっているクラシック。
でもストライドにも伸びがあり、元気な姿を見せてくれました。
後半は持ったままの大楽勝。つけた着差が10馬身。
お世話になっている橋本師、橋本忠男厩舎スタッフのみなさん、ボロ拾い人さん、それと鞍上の木村健ジョッキー。
皆さんありがとうございます。
おかげでクラシックは悲願の初勝利の日を迎えることができました。

ちょっと園田競馬の出走ルールや格付け基準がわからないので、次がどうなるのか読みづらいのですが、地元の金沢のような番組編成であれば、1開催で1走はなるたけ所属馬が走れるようなふうに組んでいきます。
なので、ちょうど来週から2回園田に切り替わるので、早ければ来週の出走。もしくは中1週で再来週の出走といったところかな?と。
園田のポイント制というのに馴染みがないので、次の条件もわかりませんけど、普通は開催単位かシーズン単位くらいで、稼いだ賞金や着順に応じて格付けタイミングがくるので、おそらく開催単位でやらない限りはランクは変らないC2と踏みますし、あがってもC1ですからね。
C1までなら、よほどメンバー揃わない限り、勝ち負けは必至でいけるはず…とは思うんですが、まあ、ルールがよくわからないってのは読みがきかなくて困ります。

あまりに強い勝ち方だったので、つい今日は先のことを妄想してしまいますが、このまま木村健騎手でもう一つ勝利して、その後、JRA復帰初戦を木村健騎手のJRA遠征タイミングに合わせて復帰。
園田コンビでJRA1勝を…なんて。
そんなふうになってくれると、園田に移籍した甲斐もあったと思えますし、そうなることを願っています。

-------------
2011年4月14日(木)
14日(木)園田4R・C2・D1400m・10頭立8枠9番に木村健56.0s・馬体重500s(+18)で出走し、タイム1分30秒9で2着に10馬身差の優勝。
木村騎手「ずっと舌がハミを越していたし、全然集中して走っていなかったけど、ここではモノが違いました」
橋本師「クラシックにしてみれば、調教代わりみたいな感じなんだろうね。レースから上がって来てもケロっとしているよ」
-------------

調教代わりですか。えっと、1400m1分30秒9でしたっけ、時計。
90.9で7F。F15秒でいって、終い3F13-13-13で、99秒。
いやー、そりゃ好時計な気がしますが(笑)

でも、最大級の賛辞ですね。
クラシック、次も順調に、期待に応えてくれることを願います。

2011年04月14日

クラシック、園田デビュー戦はいかに?!

110306クラシック.jpg(3/6・小倉)
明日の園田けいば4R、ダート1400m(C2)に、再ファンドで地方に移籍しているローレルクラシックがいよいよ登場します。
そのだでのクラシックの様子などを伺うと、どうやら大事にしていただいているようですし、クラシックの調子もよいようです。
明日はいい競馬を期待しています。

クラブコメントでもフォローされていますが、そのだ現地紙の競馬キンキによると、3日の調教では、4F51.0―37.3―25.3 一杯(エルウェーオージャ内同入)との時計を出しており、その後は11日に馬なりで一本調整してレースに臨むようです。
調教パートナーのエルウェーオージャは、先週の菊水賞で3着した同厩馬。
兵庫ジュニアグランプリに駒を進めて3着同着。
全日本3歳優駿にも出走した実績馬です。(コスモバルクの甥らしい)
クラブ発表の橋本忠男調教師「…菊水賞(兵庫3冠競走)に出走させる馬と併せたのですが、持ったままで子供扱いしていました。降りてきた吉村も『ケタが違う。楽勝でしょう』と言っていましたよ」 のコメントは、この時の調教を指してのことでしょう。
C2のこのメンバーなら力上位は明らかといった雰囲気で、外枠を引いたのも、テンに後手を引いても外外から無理やり進出をかけていっても負かしきる競馬の選択肢があるぶん、好走はカタイといった印象に拍車をかけます。
勝ち味に遅いクラシックだけに、大捲くりになると終いがちょっと不安だったりもしますが、そこは鞍上の木村健騎手なら、上手く操ってくださるに違いないと、信じて吉報を待ちたいと思います。
明日は、厩舎カラーの赤備えでの出陣とのこと。
ぜひ園田にクラシックの武威を轟かせて欲しいものです。

相手は7枠7番クリーンエメラルドがちょっと怖い感じ。
C1で結果は出ませんでしたが、馬体重減から立ち直りつつある雰囲気の馬柱。
あとは内のサクラローレル産駒のメルシーローレル。真面目にローレル馬券でメルシーなワンツー狙いアリかな、と。
あとは人気の隣なら、大外は重専門の430kgの牝馬なら、よほどクラシックが全馬掃除しない限り用無しとみて、逆の8番のバトルダーウィン。
念のためならシルヴァーボーラー。裏表無しでってトコでしょうかね?

それと。もう一つ。今回園田に移籍したことで、密かに伝統のアレがよみがえりました。


父スペシャルウィーク
ローレルクラシック
キョウワホウセキ     浅川吉男
シンボリルドルフ 新冠 協和牧場

うわー、なんか何気に嬉しいとかも〜…とか思っているのは、私だけじゃないと思います。(…けっして多くはないでしょうけど。)
中央にいたら、この並びは見れなかったわけで、真面目にクラブ名より格段に似合ってますよ(苦笑)

兄アサカゲイルやキョウワスプレンダ以来、中央では見ることの出来なくなったこの並び順。
キョウワホウセキの横に浅川氏の名前の並びが、久しぶりに実現しました。
中央に戻ってきたら、クラシックにも偉大な兄に劣らない活躍を改めて期待しています。
がんばれ!クラシック!

----------------
2011年4月13日(水)
14日(木)園田4R(発走12:20)C2・D1400m・10頭立8枠9番に木村健56.0sで出走します。
橋本師「先週の除外で今週は優先権がありましたから、思い通りの調整でレースに臨めます。力は上だと思っていますし、まあ大丈夫でしょう」
----------------
2011年4月5日(火)
4月7日(木)園田競馬・C2・D1400mに木村健で出走を予定していましたが、抽選の結果、除外となりました。
橋本氏「除外されてしまったので、来週へスライドします。日曜日に行った追い切りでは所属の吉村を乗せて、菊水賞(兵庫3冠競走)に出走させる馬と併せたのですが、持ったままで子供扱いしていました。降りてきた吉村も『ケタが違う。楽勝でしょう』と言っていましたよ」
----------------
2011年3月25日(金)
園田競馬場へ移動後も変わりなく調整されています。
橋本師「変化した環境に戸惑うこともなく、順調に調整できています。今のところ4月5日(火)〜7日(木)の開催を目標にしており、騎手はリーディングの木村健に声を掛けましたよ。このあとは追い切りを2本程度やる予定にしています。飛びがきれいな馬なので、園田のコースに直ぐに対応できるかどう分かりませんが、実力的には問題ないと思いますし、結果が出るよう精一杯がんばります」
----------------

2011年03月07日

クラシック、出遅れのバラード

日曜小倉競馬7R、勝利目前と思われたクラシックでしたが、あえなく8着に沈みました。
しかし、今日の競馬で、ダート自体はこなせると目処がたったと思います。

[LAP]
7.1 - 11.6 - 12.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 12.4

雨のなか、息がしっかり入って後半4F目から12秒台を4つ刻んで、最後のオチも少なければ、まず前残りラップですが、勝ったのが逃げ馬、先行グループで2、3、4着。
これでスタートに大きく出遅れて、後方2番手の追走。
この時点で今日は勝てません。
全てはだざ〜い騎手改めだざ〜〜い騎手のスタートで終わってました。
だざ〜〜い騎手ってば、なんで毎回勝負駆けの馬で、普通に乗れば勝てるところをカッコつけて負けさせた挙句、リベンジの機会を2枠3番から出遅れるんすかね?
この時期の小倉だと、よい騎手の1人のはずなんですが、それだけにたぶん前世のロマンか呪いかなにか知りませんが、運とか相性とかの問題で、徹底的にデビルなんでしょう。きっと。
おかげさまで…次で勝ってくれる予定でお名前に音引きつけたんですが、当面音引き2つ、つけっぱなしになってしまいました。

どーしてくれんだ、だざ〜〜い!

(ネタのはずが、消えないぞ…)

さて。敗れたクラシック。公式には出ていませんが、どうやら園田に一度出向いて、再ファンドの予定とのこと。
でも、今日の競馬ができるなら、地方の砂でも十分やれると思います。
悲願の勝利までもう一歩です。

今週は、ハンプトンコートが出遅れ、ローズアダージョが出遅れ、ローレルアリエスが行き脚つかず、トドメにローレルクラシックが出遅れと、先行が身上のハズのうちの騎兵隊にしては、珍しく後方からの競馬ばかりになってしまいました。
みんな自分の競馬ができなかったワリには、よく頑張ってくれました。
全頭、無事に次のレースに向かえることを祈ります。

------------------
8着
太宰騎手「ダートの走り自体は問題ないのですが、ずっと長いところを使ってきている馬なので、ペースに対応しきれませんでした」
飯田(雄)師「体調は万全でしたが、イライラした感じで精神的にはキツい所が出ています。今日の着順も着順ですので、ここで一旦リセットする意味でも地方に出してあげて、体制を建て直す方向で進めましょう」
------------------

2011年03月06日

クラシック、ダート戦へ

本日の小倉競馬7R、ローレルクラシックがようやく隙間に入り込みました。
枠もなかなかの好枠、メンバーも今までに比べれば格段にやりやすいのですが…ダート1700です。

このパターン、ぶっちぎりで勝つか、すっとぶか、はっきり出るパターンですよね。
勿論、私に選択肢はないので、今回は4馬身以上開けて勝つほうに全部です。
この中間、「最強の未勝利馬」とか、スタッフさんがたから、ありがたくもありがたくもないペットネームをつけられてしまいましたが、とっととそんなタイトルは返上して欲しいものです。

-------------------
2011年3月3日(木)
6日(日)小倉7R(発走13:10)4歳以上500万下・D1700m・16頭立に太宰啓介57.0sで出走します。
2日・栗坂不1本・単走・助手・4F55.3-40.9-27.3-14.0(一杯追)
飯田(雄)師「投票ギリギリまで様子を見ましたが、芝の2600mには入らないのでダートに入れました。適鞍とは言えませんが、来週以降も芝中距離の出走は無理そうな状況ですし、使わない事にはチャンスもありませんからね」
-------------------
2011年3月2日(水)
5日(土)小倉9R・4歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定18頭中17番手タイ2頭同位)に太宰啓介で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
2日・栗坂不1本・単走・助手・4F55.3-40.9-27.3-14.0(一杯追)
-------------------
2011年2月24日(木)
20日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.8-40.8-26.8-13.3(馬ナリ余力)
23日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.5-40.2-25.8-12.8(一杯追)
飯田(雄)師「今週も出られなかったので来週にスライドしますが、こんな状況でも状態面は心配ありません」
-------------------
2011年2月23日(水)
27日(日)小倉10R・呼子特別・4歳以上500万下(混)芝2600m(フルゲート16頭・想定17頭中16番手タイ2頭同位)に北村友一で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
23日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.5-40.2-25.8-12.8(一杯追)
-------------------
2011年2月17日(木)
13日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.3-40.0-26.1-13.2(馬ナリ余力)
16日・栗坂重・単走・助手・4F55.7-40.9-27.2-13.9(馬ナリ余力)
飯田(雄)師「なかなか思うように使えませんが、厩舎の皆が『最強の未勝利馬』として接しています」
-------------------
2011年2月16日(水)
27日(日)小倉10R・呼子特別・4歳以上500万下(混)芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
16日・栗坂重・単走・助手・4F55.7-40.9-27.2-13.9(馬ナリ余力)
-------------------
2011年2月10日(木)
9日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.0-40.5-26.4-13.2(強目追)
飯田(雄)師は「投票時間ギリギリまで状況を見ていましたが、ダートも含めて結局どこも無理でした。次の小倉に向かいます」
佐々木助手「ステイヤータイプの馬なので、基本坂路での時計は出ないですね。それに背腰にはまだ芯が入っていないので、その強化のためにも坂路調教は有効だと思っています。また前肢もあまり格好が良いとは言えないので、そのリスク回避にも良いでしょう。これまでの相手関係から、少なくとも準オープンまでの実力はあると見ていいと思いますよ。だから何とか早い段階で1つ勝っておきたいです」
-------------------
2011年2月9日(水)
12日(土)小倉7R・4歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定16頭中15番手タイ)に太宰啓介56.0sで出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
9日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.0-40.5-26.4-13.2(強目追)
飯田(雄)師「引き続き状態面は変わりありません。あくまでも本線は芝2600mですが、今週出られないと2回小倉開催は2月26日から。また1週目は2600の番組が特別戦ですから、未勝利馬は出られない公算が高いので、今週は芝が駄目でもダート戦に枠があるのであれば、投票しようと思っています」
-------------------
2011年2月2日(水)
2月12日(土)小倉7R・4歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
レース後の上がりの状態に特に変わりないようです。
飯田(雄)師「レース後も異常はないようです。レースは流れがあるので難しいですが、太宰君は小倉にいるジョッキーの中では良い乗り役と思って起用したので、もう少しどうにか上手く乗れなかったかなとは思います」
-------------------

2011年01月30日

クラシック雪の小倉を切り裂く末脚!でも3着

小倉競馬7R、500万下芝2600mに挑戦したローレルクラシックですが、僅かに及ばずハナクビの3着に敗れました。

道中はスムースに追走し、無駄に脚を使うことも無く、後半満を辞して押し上げましたが、
最終コーナーの立ち上がりで外からきた1人気テイオーストームに蓋をされ、勝ち馬が通り過ぎるのを待って外に持ち出すことに。
最後は際どく追い上げましたが、致命的な差はいかんともしがたく…

-------------------
ローレルクラシック
3着
太宰騎手「勝たないといけない馬ですし、最後は凄い脚を使ってくれましたが、3コーナーで勝った馬に内に押し込まれて、直線で行き場をなくしてしまいました」
飯田(雄)師「この後も小倉開催が続きますから、同じ条件で何とか1回は使えると思います。次こそ決めて欲しいです」
佐々木助手「まだ幼さを残している馬なので、間隔は開きましたが、それがマイナスにはなっていないはずです。早めに抜け出して差される分には仕方ないし、普通に回ってくれば、まず負けないと思っていたのですがね」
-------------------

佐々木調教助手のコメントに全く同感です。
普通に回ってきてくれれば勝てていたと思います。
道中いい感じだっただけに、外に出すタイミングが遅れたのが悔やまれます。
最後凄い脚を使って喜ぶ出資者は、たぶんこの馬にはいませんよ…太宰騎手。

今日から「だざ〜い」と、恥ずかしい音引をいれて読んでやるからなっ!

2011年01月28日

入ったクラシック!

今日ほど16:00に固唾を飲んでいた日が、かつてあったでしょうか?
30日小倉競馬7R、ローレルクラシックは予定でギリギリ出走可能。蓋をあければ13頭立てと、手ごろな頭数に収まり、無事出走を果たします。
出走メンバーを見渡す限り、強そうなのが何頭かおり、頭数は少ないですが、なかなか癖のある面子が揃っているようで、油断なりません。

-----------------------
[出馬表]
エーシンアガペー勝浦正樹
エイシンブイダンス古川吉洋
オールターゲット川須栄彦
ゴールドスパークル中舘英二
シゲルタカカゲ松山弘平
シャイニングデイ西村太一
スペースシャトル田辺裕信
テーオーストーム藤岡康太
ビレッジブライト西田雄一郎
マグニフィセント上村洋行
マッキースチール野元昭嘉
ローレルクラシック太宰啓介
-----------------------
テーオーストームは1000万2着がある実力馬なうえ、久々は息が持たず6着だが、勝ち鞍のある距離に叩いて参戦
なんと嫌すぎる存在。
オールターゲットもクラス2着の実績ありで、何が嫌ってサンデーR馬…。前走は厳しい流れで捲くり不発。
展開不向きと、いつ走ってもおかしくない状態が嫌すぎる。
テラノパンサー、クラシック同様未勝利だが、このクラスでも通用する。佐賀の名手、全国リーディングの山口勲が嫌過ぎる…。
騎手が走るのなら1着間違いなし。軽視禁物。
実績的におっかないのは、近走問わずまずは実績上位の2勝馬。エイシンブイダンス…これがなんとハンプトンコートのお兄さん。
はっきりいって非常に嫌。近走一息とはいえ、距離延長、一つ叩いての小倉参戦のDiD産駒。これがまず嫌すぎる…。

ざっくり見てこの4頭はかなり怖い。
それに加えて、屋根が中舘さんだからどうせ2着以下に違いないと勝手に決め付けているものの、社台のゴールドスパークルもいるしなぁ…。
テイオーストーム、ゴールドスパークル、クラシックあたりで人気を分け合いそうだ。

まあ、出てくるもんは仕方が無い。
今はタダ一言。


頼んだ太宰!


-------------------
2011年1月27日(木)
30日(日)小倉8R(発走13:10)4歳以上500万下・芝2600m・13頭立に太宰啓介56.0sで出走します。
23日・栗坂良1本・単走・助手・4F57.1-41.0-26.4-13.1(馬ナリ余力)
26日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.7-40.1-26.6-13.3(末強目追)
飯田(雄)師「祈る気持ちで確定を待っていましたので、まずは出られて良かったです。中間の動きについても、いつもの感じで状態面に不安は感じませんので、あとは結果を出すだけです」
-------------------
2011年1月26日(水)
30日(日)小倉8R・4歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定16頭中15番手)に太宰啓介で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
26日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.7-40.1-26.6-13.3(末強目追)
-------------------
2011年1月20日(木)
16日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.4-43.2-27.5-13.2(馬ナリ余力)
19日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.6-40.7-26.9-13.4(一杯追)
飯田(雄)師「今週は開幕週ということもあって入れませんでした(非当選馬1頭・非抽選馬2頭)。たぶん来週のほうが頭数は落ち着くと思うので、芝2600mを本線にしたいと思いますけど、また頭数が多く出走が厳しいようであれば、ダートを含めたレースも選択肢に入れなければいけませんね」
-------------------
2011年1月19日(水)
23日(日)小倉8R・4歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定19頭中19番手)に☆松山弘平で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
19日・栗坂良1本・単走・助手・5F55.6-40.7-26.9-13.4(一杯追う) 
-------------------
2011年1月13日(木)
13日・栗坂重1本・単走・助手・4F56.8-41.7-27.5-13.6(一杯追)
佐々木助手「前走からちょうど中休みにもなって、程好いリフレッシュができていると思います。元々馬に能力があったからこそですけれど、会員さんなどオーナーサイドの熱い思いが伝わって、未勝利でも今携わっていられることに感謝しています」
-------------------

2011年01月08日

新春のローレルクラシック、今年は必勝!

101204ーレルクラシック.jpg
昨年は未勝利のまま、惜しい競馬を続けることになったクラシック。
今年は1月後半の小倉で勝負をかけます。
3場開催ですし、どこかに出番もあると思いますが、希望したレースに出れるかどうかは微妙です。
そんななかで、じっくり構えて調整されていますが、それがはからずも…

・栗東長期滞在、坂路で乗り込みつつ
・一戦一戦が勝負駆け

の状況になっており、馬の成長という点では、実に頼もしい限りです。
出てくるたびに逞しくなってくれるんじゃないか?また馬が変るんじゃないか?と、春からそんな期待をしています。
私は今年、御神籤で大吉ひいたので、きっとうまくいくんじゃないかと都合よく考えています。
去年はさぼって引かなかったので、ツキがいまひとつだったに違いなく。
今年はしっかりいただいてきました。
だからがんばれ、クラシック。

--------------------
2011年1月6(木)
1月4日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.9-42.5-27.7-13.4(馬ナリ余力)
飯田(雄)師「中間は15-15程度の調整で、状態を維持できています。小倉の一週目は頭数が多くなるとは思うのですが、準備は整えておきます」
--------------------
2011年1月5(水)
11月23日・小倉8R・4歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、昨日追い切られました。
1月4日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.9-42.5-27.7-13.4(馬ナリ余力)
--------------------
2010年12月29(水)
1月23日(日)小倉競8R・4歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
12月26日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.2-43.5-27.8-13.3(末強目追)
12月29日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.5-43.7-27.7-12.9(馬ナリ余力)
飯田(雄)師「結局年内にもう1回は使えませんでしたけど、年明けから小倉開催がありますし、賞金面で辛い立場は変わりませんが、未勝利馬でも実績を残しましたからね。このまま在厩させて、状態を整えて次の小倉を目指したいと思います。今週も程よい気合乗りを保てていますよ」
佐々木助手「小倉まで少し時間があって、しかもいつ使えるか分からない状況とはいえ、身体を緩めるわけには行きませんからね。具合はずっと良いですから、すぐにでもレースに使いたいくらいです」
--------------------
2010年12月22(水)
26日(日)小倉6R・3歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定24頭中23番手タイ)に松山弘平で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
19日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.8-41.7-26.6-12.9(馬ナリ余力)
22日・栗坂不1本・単走・助手・4F56.5-41.1-26.9-13.2(末強目追)
佐々木助手「使い減りはまったくなく、むしろ調子は良くなってきている感じです。筋肉の張りや毛艶などはこの時期にしてはあり得ない程だし、いつまでも触っていたいくらい気持ち良いですよ。前走は取りこぼしてしまったけど、松山に次の週に2600m特別を勝った馬と比べてどうだと聞いたら、『ローレルの方が全然強いです』と言っていましたよ。普段は気の弱い面がまだあるけど、競馬ではその辺が出ないのが良いところです」
--------------------
2010年12月16日(木)
12日・栗坂良1本・単走・助手・4F63.1-44.6-27.9-13.0(馬ナリ余力)
15日・栗坂重1本・単走・助手・4F57.7-42.2-27.4-13.3(一杯追)
飯田(雄)師「ジョッキーも2回はあんなヘマをしないでしょうし、想定メンバー的には本命にもなりそうでしたが、未勝利馬同士で抽選になり、除外されてしまいました。状態面はキープできていますし、1週伸びれば更に馬が良くなりそうな感じですから、来週の2600mで今度こその気持ちです」
--------------------
2010年12月15(水)
18日(土)小倉7R・3歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定12頭中10番手タイ)に☆松山弘平で出走を予定しています。
この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
15日・栗坂重1本・単走・助手・4F57.7-42.2-27.4-13.3(一杯追)
--------------------
2010年12月8日(水)
18日(土)小倉7R・3歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
レース後の上がりの状態に特に変わりないようです。
飯田(雄)師「本当はせめて中2週くらいは空けてあげたいけど、結果を出さなければいけない状況ですからね。今回も上がりの状態面に異常はないし、馬も頑張ってくれています」
--------------------
2010年12月6日(月)
4日(土)小倉6R・3歳以上500万下・芝2600m・14頭立7枠11番に☆松山弘平54.0s・馬体重478s(+4)で出走し、タイム2分40秒5でハナ差の2着。
松山騎手「前半は良い位置に付けられていたのですが、だんだんポジションを悪くして、ゴチャついて行くところがなくなってしまいました。それでも直線は伸びてくれて、勝った!と思ったのですけど…。もう少し上手く乗ることが出来たなら結果が出たのに、本当にすいません」
--------------------

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。