blogram投票ボタン

2012年02月13日

ディアリオ引退につき

色々言い出せばキリがありませんが…、骨折して全治6ヶ月の診断が出ていたディアリオの引退が決まりました。
なんとか戻れるかと思っていたので、かなりショックでしたが…。

元々グラスさんのところで見たときから私が「ダート専門」と言い切っていたのは、一応理由があって。
相当肢元固いと思ってみていましたし、(ここで書くときは表現を上のように変えて当然かと。)芝を走ることになるとは全く考えていませんでした。
なので、どうしても初戦の芝が納得いかないところです。
無理な芝使いから肢元にガタがきて冬場の砂で骨折の流れな気がして、調教師の使い方に疑問符がつくんですが…。
それはまあ、言っても仕方のないことでもあります。
まあ、これについては、ここまで言い難いのであまり触れてきませんでしたが”「525万」募集は絶対に大損しない”という事実も考えてみれば、グラスの岡崎さんの温情かと思いますし、素直に受け入れるしかないかな…と思ってます。

もちろん維持費までは無理にせよ、競争能力喪失(扱いになるのかどうかはわかりませんけど、たぶんレース中の怪我が元で引退扱いにするとみて)の見舞金に牝馬の買取代金を足せば、おそらくこの仔の獲得賞金?は600万近くになります。
ざっくり計算すると、420万にたぶん120万くらいに、二度の出走手当60万で足せば600万ですから、馬代プラスになるんですよ。
このタイミングなら、ね…。

こういう計算がパッとできる自分も嫌ですが、マンゴの件も含め、私の持ち馬は予後不良やら競争能力喪失がやたら出ますから。自然と諳んじられるくらいにはなります。2世代で3頭。10年前の時は2/4頭と、かなりの高確率で遭遇しているものですから…。

「6ヶ月休養いれると、確実に会員さんの負担が増えるうえ、未勝利終了に間に合うかどうかもわからない…。」

直接聞いたわけではありませんけれども、おそらく悩まれたうえでのご決断だったと思います。
そう理解すれば、天を仰ぐほかありません。

2011年09月06日

ディアリオ、引き続き新記録

引き続き順調に乗られているディアリオ。
何が新記録かといいますと、ディアリオの更新の出だしが毎週毎週「引き続き」なんですが、4月20日付けの更新から、ずっと引き続いております。
様々なとか色々なコースでと、バリエーションがあるんですが、まぁ15-15を始めてからでも3ヶ月。
何が引き続いたのか、既にサッパリ覚えちゃいませんが、引き続いてからは5ヶ月です。
順調に乗れていて、何気に凄い記録ではないかと。

なかなか声がかかりませんが、馬房調整という感じでもないんですけどねえ…高柳瑞樹先生?
先週、2頭ばかり引き継いだ3歳未勝利馬が着外になってましたが、入れ替えあるんでしょうか。
実際、ソロソロ〜…と思っていた時期になったこともあるんですが、だんだんと焦れてきました。

-----------
●8/19
引き続き、BTCの屋外ダートコースや屋内坂路などで週1回は15-15を行っている。現在の馬体重は480s。全体的に筋肉が付いてきたことで、体つきがしっかりしてきた。特に胸が深くなってきたことが印象的だ。また、毛艶は良く、銭形模様が出ているように体調も上向き。今後も更なるレベルアップを目指し乗り込んでいく。
-----------
●9/5
引き続き、BTCの屋外ダートコースや屋内坂路などいろいろなコースを使い、週1回は15-15を行っている。長い時には屋外のダートコースで5ハロンから乗ることもあるが、最後までバテることなくしっかりとした脚取りで走っている。良い体力がついてきたようだ。今後もしっかり乗り込み、更なる体力の強化に努める。
-----------

2011年08月10日

ディアリオ、目標は秋

110809ディアリオ.jpg(8月)
110809ディアリオ2.jpg(8月)
こちらは、グラスTCで鍛えられているディアリオ。
特に大きな変化もなく、順調のようで何よりです。
変化といえば、以前、新しい手駒が何より欲しいハズと書いた高柳瑞樹調教師。
7月頭に交流除く初勝利をあげられましたが、420kg、2歳のアドマイヤムーン産駒のエクソプラネットでした。
残念ながら、初勝利をこの仔で…とはいきませんでしたが、でもまあ、状況に大差なし。
ダート中距離戦線の鞍が増える秋の後半に向けて、今はじっくりと乗り込んで欲しいものです。

------------
●7/5
引き続き、BTCの屋外ダートコースや屋内坂路など様々なコースを使い、週1回は15-15を行っている。ゲートは発馬練習を始めているが、機械式に扉をバンと開け、常歩で出るところまで無難にこなせるようになっている。中間に視察に来場された高柳調教師も状態の良さに満足されていた。なお、6月21日に第2回産地馬体検査を受検した。
------------
●7/20
引き続き、BTCの屋外ダートコースや屋内坂路などいろいろなコースを使い、週1回は15-15を行っている。中間には屋内坂路で終いを13秒ペースで乗っているが、無理のない動きで最後までしっかりとした脚色で駆け上がった。今後も速めの調教を定期的に行い、よりしっかりとした息をつくっていく。
------------
●8/5
引き続き、BTCの屋外ダートコースや屋内坂路などいろいろなコースを使い、週1回は15-15を乗っている。中間には高柳調教師が視察に来場。「今の暑い時期に美浦トレセンに入厩させることは馬への負担が大きいですから避けた方が良いでしょう。もうしばらくは北海道で乗り込み、移動は涼しくなる時期を見計らって検討しましょう」と話されていた。
------------

2011年07月02日

ディアリオ第二回産地馬体検査を受検

BTCで調教にいそしむディアリオですが、変らず順調に乗り込まれているようです。
浦河会場の特集記事にでも姿がないかと思いましたが…とりあえずギャロップはスルーのようで。
まァ…そりゃそうかもしれませんが…。
6月に入ってから、さらにペースアップを果たしており、いまのところ順調そのもの。
しばらくは適鞍がないので、いつごろ動き出すのかは読みにくいところですが、9月に照準あててくると思っているので、早ければ7月末には移動の声もかかってもおかしくないと思っています。

-------------
●5/20 引き続き、屋外のダートコースや屋内坂路で週1回は15-15を乗っている。また、中間にはグラス馬場でも調教を行ったが、ダートコースと同じように跳びの大きな素軽い走りを見せていた。今後は週1回の速めの調教では、更に時計を詰めたり、距離を長くしたりして負荷を強めていく。なお、本馬は2回目の産地馬体検査を受検する予定。
-------------
●6/6 引き続き、BTCの屋外のダートコースや屋内坂路などいろいろなコースを使い、週1回は15-15を行っている。また、前月末には半マイルからハロン13秒に近い時計で乗っているが、最後までしっかりとした脚取りで走っていた。また、ゲート練習も通過、扉を閉めての駐立まで無難にこなしている。特に問題はなさそうだ。なお、中間には高柳瑞樹調教師が視察に来場されている。
-------------
●6/20 引き続き、BTCの屋外ダートコースや屋内坂路など様々なコースを使い、週1回は15-15を乗っている。毛艶はピカピカで、乗り込みながら着実に体調が上向いている印象だ。今後も更に状態を良化させるとともに、ゲートも発馬練習へと進めていく予定。
-------------

2011年05月07日

ディアリオ、3F15秒を開始

こちらも非常に順調に進んでいるディアリオ嬢さん。
高柳先生がそろそろ顔を出すのではないかと期待したんですが、んー…出ませんね。
そのため始動時期がはっきりしませんが、きっちりコースで長めに3F15-15なら、調教メニュー自体は、相変わらず最も早い進捗といって差し支えないでしょうね。
いつでもいける!というグラスの岡崎さんの姿勢が見えるようです。

たぶん電話一本。
「いける?」「いける!」で入厩しそうな気もするんで、油断はできないです。
グラスさんは新規開業厩舎にご祝儀代わりにクラブ馬を預託して、なんか先生と関係作るのにうまく利用してるんだとは思うんですが、なんの繋がりがあるのかはわかりませんけど、まあ、関東に入れるときは、たぶん毎度そんな感じに違いなく。
あまり心配もしてません。
いきなり地方交流で1勝あげたっきりの先生だけに、新しい手駒は喉から手が出るほど欲しいはず。
適当なところで呼んで下さるに違いないと思ってます。

----------
●4/20
引き続き、屋外のダートコースや屋内坂路で週1回は15-15を乗っている。屋外のダートコースでは半マイルから15-15を行っており、よりハードなメニューになっているが、運動後もケロッとしているように良い体力がついてきた。今後は更に15-15を長めに乗ったり、坂路芝馬場で調教を行ったりすることでより一層鍛えていく方針。
----------
●5/6
引き続き、屋外のダートコースや屋内坂路で週1回は15-15を乗っている。強い調教メニューを課しているが、へこたれることはなく、フットワークは実に軽快。また、体が一回り大きくなってきたことで、より体を使って大きなフォームで走れるようになってきた。5月の後半には坂路芝馬場で調教を行うことを検討している。
----------

2011年04月09日

マラヴィロッソディアリオ!

pegasus13_spring.jpg
以前、実は一番進捗が早いんじゃないか?と書いたディアリオですが、3月に入って、やはりかなり進んでいる雰囲気が漂ってきました。
週1回とはいえ、15-15を2ヶ月続けて乗れていますし、体力強化は順調に進んでいるようです。
ローレルで、この時期速めで坂路3本登る仔はそうそういないと、コンゴウエンジェル09のコメントで出ておりますが、ところがどっこい、ここに一頭BTCで3本乗ってる仔がいたりします。
走る速さはわかりませんが、体力面はバッチリなんでしょうね。
これからデビューへ向けてのツメの時期ですが、無事に乗り越えて欲しいものです。
-------------
●3/22
引き続き、BTCの屋内坂路で週1回15-15を行っている。また、3月中旬からは普段坂路を乗る本数を3本に増やしているが、楽々と駆け上がっており、全く苦にすることはない。4月からは屋外のダートコースでも速めの調教を行い、より負荷を掛けて、今以上の心肺機能の強化を図る。
-------------
●4/5
3月末からはBTCの滞在馬房へ移動。現在は屋外のダートコースや屋内坂路で週1回は15-15を乗っている。運動量はよりハードになっているが、応えた様子はない。一歩一歩、着実に体力強化が進んでいるようだ。今後は15-15の距離を延ばすなど、更に負荷を掛け、一層のレベルアップを図る。
-------------

2011年03月11日

2月のディアリオ、15-15を開始

非常に好調に進んでいるのが、ディアリオです。
このまま順調に乗り込んで欲しいものです。

-----------------------
●2/21
先週からBTCの屋内坂路で週1回15-15を乗り始めた。大きな跳びでゆったりと走れており、見た目以上に時計は速い。また、筋肉のラインがくっきりとしてきているように、より競走馬らしい体形に変わってきた印象だ。今後も週1回は速めの調教を行い、心肺機能の強化に努めていく予定。
-----------------------
●3/7
引き続き、BTCの屋内坂路で週1回15-15を行っている。普段のメニューは屋内ダートコースを乗ったあと、坂路を2本。この時期としてはハードだが、調教後もケロッとしているようにしっかりと体力はついている。馬体もふっくらしており、まだまだ余力充分のようだ。中旬からは、坂路を3本乗るなど更に運動量を増やしより一層の体力強化に努める。
-----------------------

2011年03月04日

馬名発表!ディアリオ

続いて、ペガサス13。
今月会報に特集されていたグラスTCさんとこのエイシンデイリー09です。
こちらはとても響きのよい命名がなされましたし、なんだか走りそうな名前だよ、とか思っていますが、一方では、ちょっと驚く馬名になりました。

ディアリオ

(西)日刊紙。日々話題になるように、母名より連想。


母名のエイシン「デイリー」からですよね。やっぱり。
ぶっちゃけ、父名はさっぱりわからないし、母名は冠ついてるし、拾える単語はデイリーだけですよね。
そうですね、日々話題になるような活躍をしてくれると嬉しいですねえ。
命名者の方、よい名をありがとうございました。
で、何が驚いたかといいますと、この場合、私もまともに拾えるのは「デイリー」しかないよなあ…とは当然思っています。
そのうえで、過去のグラスTCさんの牝馬の採用パターンは、常に母名一部取りであって、母名連想ではなかったんですね。
なので、使うのは「デイリー」そのものでなければ、グラスTCには採用されないはず!と決め打ったんですね。
そしたら、あれ?おかしいな?みたいな(笑)

そんな敗者の案はこちらです。
-------------------

[馬名1]ザジ
[綴り]Zazie
[言語]フランス語
[意味・由来
]父名ダージーをアラビア語読みするとダーではなく「ザージ」になり、その音より連想。
ラテン語に起源があり、意味は『自由闊達』。
女性名として使用される。
追ってくる牡馬どもに、悪態の一つでも投げながら逃走する闊達な活躍を期待して。
また2文字なら馬柱でも目が遠くても視認性が良く、印象に残ることから。

-------------------

[馬名2]デイリーミルク
[綴り]DailyMilk
[言語]英語
[意味・由来]
母名の一部デイリーより。
デイリーミルクはイギリスで一般に流通するミルクのことで、ミルク本来の風味を活かすため、低温殺菌が施されている。
濃厚でコクがあり、強い甘みがある味わいが特徴で、ミルクティー等での相性が良く、ミルクチョコレート等でも使用されている。
イギリスのチョコレートメーカー、キャドバリーのデイリーミルクシリーズは定番品でもある。
日々皆に親しまれる馬になることを願って。

-------------------

[馬名3]リトゥルギア
[綴り]liturgia
[言語]ギリシャ語
[意味・由来]
父名より連想。太秦(ダージー)はビザンティン帝国の中国での呼称。
また母名のデイリーより、帝国の国教、ギリシャ正教会の奉神礼を連想した。
リトゥルギアは、毎週日曜日・祭日に行われる。
正教会では祈祷は同時に歌であり、聖歌が唄われる。
また、クリスチャンが日常生活において、神の教えに従い行動する仕事であり務めであり、奉仕のことを指す。
勤勉で日々一生懸命な競争生活と神のご加護を願って。


-------------------
まあ、この仔の案は、正直ハマリました。
イマイチっすね〜。

デイリーしか単語が無い、デイリーを使うという縛りのマイルール。
そこに父も結局、意味も音もさっぱりわからない…。

由来で考えてく習性の人間に、いったいどーしろちゅんじゃと。
ザジというのは気に入ってるんですが、この間ユニオンのどっかの調教パートナーに「ニホンピロザジ」が登場してましたが、たぶん同じ「ザジ」ですよね。
リトゥルギアはもう少し練りこめば、再利用も聞く気がするんですがね〜。
サンデーサイレンス系がこれだけいるので、周辺の単語もよく馬名になってたりしてます。

2011年02月11日

1月のエイシンデイリー09、BTCでF17秒

一方、ご近所の浦河BTCへの通い調教が定番のグラスTCさんでは、エイシンデイリー09が頑張っています。
先日ボンヌマールで触れたとおり、直線ダートかウッドのコースで長めの距離を乗りつつ、かつ坂路F17秒。おそらく2本ってトコですから、実質アトムチェリー仔よりさらに一段階先な感じが…ていうか社台馬並の進捗な気もしないでもないです。
こんなドンドン進めて大丈夫なのかしら?と思わないでもないですが…。
私があまり良い良い言いすぎても、「どーせヒイキの牧場さんの馬だから」にしか見えないか…と思って、ここまであまりデレデレ褒めずにきてたりするんですが、このまま順調に進んでいけるようだと、自然期待感もあがってきます。

pegasus13_1102_1.jpg(1月)

横見が久しぶりに更新されましたが、相変わらず首から背中が奇麗なラインで肢に伸びのある、い〜い感じの仔です。
乗り込みの順調さからか、首周りが幾分すっきりしたかしら?
このまま好調子を維持して欲しいです。
そういえばグラスTCさんのホームページに、12月のBTCデビュー時の様子がUPされています。
色々な褒め方はあるでしょうが、「とてもおりこう」には何気に参りました。
いや〜流石です。
ズバッと琴線を捉えてきますね…どのへんかというと、ひらがなの辺りが特に。

-------------------
●1/21
徐々に運動量を増やしており、週3回はBTCの屋内坂路でハロン21〜22秒のキャンターを2本、それ以外の日は屋内ダートコースまたは屋内直線ウッドチップで長めの距離を乗っている。跳びが大きくきれいな走りで、騎乗者からは
「自分で思っているよりも速い時計が出ている。時計の感覚が狂わされてしまう」との声が聞かれる。
このまましっかり乗り込み、速めの調教を行う態勢を整えていく。
-------------------
●2/7
BTCの屋内坂路での調教では、2本目をハロン17秒にペースを上げて乗る日を設けている。ペースアップにもしっかり対応。ハミを取って前向きな走りには、岡崎氏も
「跳びが大きく、しっかりとした走りを見せている。この様子なら早いうちに15-15を行うこともできそうです」と手応えを掴んでいるようだ。
また、1月下旬には兄タカノエイカンが新馬戦で2着と健闘。本馬も良い流れに続きたい。
-------------------

おや。なんと公式コメントでタカノエイカンが出てます。
いや〜、あの時はおかげさまでお世話になりました(^▽^;>
勝った時に書けばいいんじゃないかという気もしないでもないですけどね。
ラベル:ユニオン

2011年01月11日

新春のエイシンデイリー09、BTC疾走中

続きましてはエイシンデイリー09です。
例年どおり、グラスTCさんは始動が早いのですが、さらに輪をかけて乗り込みが進んでいるのは、それだけ頑強な体力を持っているのでしょう。
馬格のある馬ですし、見た目からも頷けるコメントですが、肢元に気をつけて、このまま順調に乗り込んでほしいものです。

しかし、乗り手のほうは、この時期の北海道で、ダクを踏み、2000m近く軽めキャンターを乗り、坂路2本で風を切るわけですが……

(ひゅるるるるぅぅ〜…)

うわー…考えただけで寒い。
いくら運動しているとはいえ、体の真ん中ばっかり熱くて、指先とか腕じゅうの感覚が消えてなくなりそう。

馬もですが、跨るほうも、体調管理にお気をつけて。

---------------------
●力強い脚取りでダクを踏んでいるように動きがしっかりしていること、また、無駄なことをしない大人びた気性をしていることから、充分、BTCでの調教を行うことができると判断。
予定より早く、11月末からはBTCに通って調教を開始した。段階的に運動量を上げ、現在は屋内ダートコースでハロン22〜23秒のキャンターを2400m乗っている。跳びの大きなキャンターで、落ち着きも充分。
「同世代の相手がいないため今は2歳馬と乗っていますが、調教を積んでいる2歳よりも良い動きをしています。しっかり乗り込んで早期デビューを目指していきたいですね」(岡崎氏)とすこぶる順調である。(12/20、現在)
---------------------
●1/6 12月下旬には、BTCの屋内ダートコースで軽めキャンターを1800〜2400m乗ったあと、屋内坂路をハロン21〜22秒で2本駆け上がった。
体の使い方が上手く、跳びの大きな走りで、「非常に体が柔らかい。乗っていてとても気持ちが良い」と騎乗者の評価は高い。
また、飼い喰いも良く、年末の計測で馬体重は470kg。馬体の成長も着実だ。なお、年末年始の3日間はひと息入れていたが、3日からは乗り運動を再開。徐々にペースを上げていき、1月末には速めの調教を行う意向。
---------------------
ラベル:ユニオン

2010年10月20日

10月のエイシンデイリー09、オオっ?変身?!

ふと見たら、ユニオンの1歳馬が更新されてました。
ユニオン出資の本番、秋のDVD撮影からのショットのようですが、エイシンデイリー09。
グラス産なので変化の大きさは予期していたとはいえ、ものごっつ成長っぷりで驚きました。
この出来なら、価格考えればソコソコ売れてきてもおかしくないんじゃないでしょうか?
秋のDVDが楽しみです。

------------------
【マイホース11月号 ペガサスフォトレポート】
馴致を行っている。夏に青草をしっかり食べたことで、春とは見違えるほど良化。
首差しや腹回りに幅が出て、馬体に実が入ってきた印象だ。
また、顔付きからも分かるように大人びた雰囲気になっている。
年内は常歩をじっくり乗り、年明けからダクを始める予定。 体高 162cm 胸囲 cm 管囲 21.0cm
------------------

pegasus13_dvd_3.jpg
pegasus13_dvd.jpg

春から非常に体高があって骨組が大きく、変化の大きさは十分予期させる馬でしたが、ここにきて手肢の長さに負けぬミスプロの肉が育ってきたようで、見栄えが変わってきました。
バランスのよさも健在ですし、綺麗な背中から腰へのラインといい、立派な腹まわりも春の時点の良さはスポイルされることなく、大きく立派に育ってくれました。
しかし、まさかここまで良く見せるようになるとは…。
驚きの体高162cmは、募集馬中でも1、2を争うタッパでしょう。
なんで胸囲が入ってないのか謎ですが…、ユニオンさんのことなので、深い意味はないんじゃないかと思いますが?

しかし、それにしてもやはり「父ダージー」の破壊力は怖すぎます。
ここまで目論んだイメージそのままの変化できていますが、にも関わらず、ちっとも走ってくれそうな安心感を感じません。
出資者の贔屓目を抜いても、いい馬になったと思うんですが、それでも人に薦められませんな(苦笑)
まさに道楽の極北といった風情です。
ダージーって、実はかなりカッコいい形してるのは確かなんですが、ちぃとも走ってないもんなぁ。
ラベル:ユニオン

2010年09月25日

エイシンデイリー09、逞しく

pegasus13_1008.jpg

山ん中で修行中のwエイシンデイリー09も、ひと夏越えて、だいぶ見栄えのする馬体に成長してきました。
秋を迎えるころには、春とは別馬の姿を見せてくれるに違いないと、期待しています。
そういえば、他のユニオン勢で、秋の姿が楽しみなのは、ひそかにP6、P16、P18、P20あたりと、私の場合、関東に寄っています。
西の気になる仔らは、春から出資レベルは十二分にあると踏めるだけの好馬体なので、逆に秋は予想を超えるほどにはなってこないだろうなと踏んでます。
そのぶん、このあたりは、ぐらっとくるかもしれない…と恐れているといったとこでして。

---------------------
●1〜2月は控えていたが、グラストレーニングセンターで当歳時から夜間放牧を行っている。
冬の凍てつくような寒さ、この夏の異常ともいえる猛暑で体の芯から鍛えられ、春先とは別馬のように感じるほど成長。
このところグングン馬体に実が入っている印象で、腹回りはどっしりし、トモは丸みを帯びてきた。
それにともない後躯の蹴りが一段と力強くなった印象だ。
岡崎氏は「首からトモに掛けてのラインがきれいなまま、良い成長を見せている
放牧地での走りっぷりは本物だと感じさせる内容」と、自信を深めている。
なお、9月中頃からは馴致を開始。競走馬としての第一歩を歩み始めた。 (9/20、現在) 
---------------------
エイシンデイリー09に関しては、春の時点から、勝算があるとしたら、クビから背、トモにかけてのラインが綺麗という点(だけ)だと思って出資していますので、グッドバランスを維持して一回り逞しくなってくれているのは頼もしい限りです。
しかし、この仔、売れてないんだろうなぁ…。
どれくらい売れてるんでしょか?
ユニオンの会員さんには、結構、こういういかがわしい血統が好きな人がいると思うんですけどね?
525万シリーズは、口数埋めておいて会員に損は絶対ないんですけどね…。

2010年07月24日

エイシンデイリー09、出資しました

もう1頭、春早々に出資を決めたのがエイシンデイリー09。
1年空きましたが、再びグラスTCの馬を選びました。
[募集時]
エイシンデイリー09.jpg
[6月末見学時]
100624・エイシンデイリー09・1.jpg
馬体的には、意外と私には悪いと思うところがありません。
先日グラスTC産では、07産最大の期待馬だったオペラオーカンが勝ちあがりました。
上のクラスでも堅実に走るだけの力のある仔だと思いますし、出資しませんでしたが、ユニオンに出していただいた08産トップモーストもここまで順調にきています。
ビクトリアクロスは残念な結果でしたが、前肢がおかしくなるまでは十分楽しめる結果を残していましたし、グラスTCさんが毎年楽しみな仔を出してくださっているのには変わりなく、今年のエイシンデイリー09もなかなか楽しみな好馬体だと思います。
この時期、貧相に見えるのはいつものことですし、秋にはぐっと変わってきますし、翌春にはさらに変わってくることでしょう。
肢に伸びが感じられ、コンパクトにまとまった体。綺麗な首から背中にかけてのライン、バランス良くついた筋肉。
馬格も意外とありますし、ぱっと見て、多くの一口さんが、私同様に、馬の身体だけ見てるぶんには、意外と悪くない印象は持たれると思います。
少なくとも、「悪くない」馬だと思います。

正直、父ダージーを見た瞬間に、「これは流石にパス」と思ったのですが(苦笑)
調べてみると、血統面でもなかなか面白い仔です。
父ダージーは、近年最強の呼び声高い兄の全弟…「父Dubai Millennium(偽)」と、とは散々言ってきていますので、それはちょっと置いておいて。
母エイシンデイリーは、ウインク2勝、南関東でほぼ完璧な戦績を残したゴールドフジ、ミスプロとの間にマジックカイマナと、グラスTCに移ってから、産駒の好成績が続いていますが、マジックカイマナ以外は全てNorthern Dancerのクロスが中心に座るかたちです。
そしてマジックカイマナの初仔に選んだのがSS系ニューイングランドで、やはり同じような位置にNorthern Dancerのクロスが入ります。
移動前の仔には、あまり無いパターンで、明らかに配合パターンが変わっているのですが、このNorthern Dancerが中心に座ることで、浮き立ってくるのは、母方のNijinskyではないでしょうか。
血統表中、はっきりと出てくるのは、Native DancerやNorthern Dancerが表、裏で細かく細かく支えてくるのが、アメリカ伝統の快速Black Toney×Teddyという図式で、そこはかとなく、血統表全体でNijinskyを臭わせています。
Blue Larkspur、Sir Gallahad=Bull Dogの流れや、Black Servant〜Black Toneyが、そこたらじゅうに散らばっていて、それぞれ5%くらいある勢いです。
これをHaloとかRobertで次の代でまとめると、なにやら凄く走りそうなイメージですが、この仔の場合はMr.Prospector×Northern Dancerでまとめつつ、それがRaise a NativeとTeddyといったアグネスデジタル的な相性のよさと、Nijinsky的なNorthern DancerをBlack Toney×Teddyで支えるといったイメージではないでしょうか。
米系のスピード配合という印象で血統表のまとまりが良い印象です。
砂適性めちゃくちゃ高いと思うんですけどね〜。

なにげに、この仔が繁殖入りした後、メイショウボーラーとか、ゴールドアリュールでもついた日にはかなり燃える気がしますが…まあ、それはそれとして。
活躍するイメージは、ぜったいダートだと思いますし、先行して勝ちきれないイメージも否めないところですが、むしろそのぶんいいダート馬になるんじゃないかと思います。頑張って欲しいものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。